気持ちいい高校数学

概 要

なんだかよく分からなくてモヤモヤしたものが、あるときスッキリ理解できると「わかった!」という爽快感に変わります。この「わかった!」を数学の問題で繰り返していくと、数学が大好きになれます。本書は、数学の公式の意味や、覚えづらい用語の意味をじっくり説明した高校数学のテキストです。あなたも、今までなんとなく暗記していた数式の意味をしっかり理解して「わかった!」の気持ちよさを味わい、数学を好きになりましょう!

著者 小島淳子
価格 本体2200円(税別)
ISBN 978-4-7980-4586-3
発売日 2016/3/17
判型 A5
ページ数 480
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 数と式

1-1 数の分類

1-2 指数法則

1-3 展開

1-4 因数分解

1-5 整式の割り算

1-6 絶対値

1-7 平方根

1-8 分母の有理化

1-9 複素数

1-10 素因数分解

第2章 集合

2-1 集合

2-2 集合の交わりと結び

2-3 全体集合と補集合

2-4 ド・モルガンの法則

2-5 集合の要素の個数

2-6 命題の真偽

2-7 条件と真理集合

2-8 必要条件・十分条件

2-9 逆・裏・対偶

2-10 背理法

第3章 2次関数

3-1 関数

3-2 2次関数のグラフ(1)

3-3 グラフの平行移動

3-4 2次関数のグラフ(2)

3-5 平方完成

3-6 2次関数のグラフ(3)

3-7 2次関数のグラフ(4)

3-8 2次関数の決定

3-9 2次関数の増減

3-10 2次関数の最大値・最小値

第4章 方程式・不等式

4-1 2次方程式を解く(因数分解)

4-2 高次方程式を解く

4-3 2次方程式を解く(解の公式)

4-4 判別式と実数解の個数

4-5 2次方程式の解と係数の関係

4-6 2次方程式の実数解

4-7 2次関数のグラフとx軸との共有点の個数

4-8 2次不等式を解く(1)

4-9 2次不等式を解く(2)

4-10 2次不等式を解く(3)

第5章 図形と方程式

5-1 座標平面と2点間の距離

5-2 線分の内分点・外分点

5-3 直線の方程式(1)

5-4 直線の方程式(2)

5-5 2直線の平行条件・垂直条件

5-6 点と直線の距離

5-7 円の方程式

5-8 円と直線の関係

5-9 軌跡

5-10 不等式の表す領域

第6章 ベクトル

6-1 ベクトル

6-2 ベクトルの和と差

6-3 ベクトルの実数倍と平行条件

6-4 ベクトルの成分表示

6-5 ベクトルの内積

6-6 ベクトルのなす角

6-7 位置ベクトル

6-8 分点の位置ベクトル

6-9 直線のベクトル方程式

6-10 空間ベクトル

第7章 指数・対数

7-1 指数関数とそのグラフ

7-2 指数の大小関係

7-3 指数方程式・指数不等式

7-4 対数

7-5 対数の性質

7-6 底の変換

7-7 逆関数

7-8 対数関数とそのグラフ

7-9 対数の大小関係

7-10 常用対数

第8章 三角関数

8-1 三角比

8-2 特別角の三角比

8-3 三角比の相互関係

8-4 正弦定理

8-5 余弦定理

8-6 三角形の面積

8-7 一般角と弧度法

8-8 三角関数

8-9 三角関数の周期性と対称性

8-10 三角関数のグラフ

第9章 数列

9-1 等差数列

9-2 等差数列の和

9-3 等比数列

9-4 等比数列の和

9-5 複利計算

9-6 数列と関数の関係

9-7 シグマ

9-8 階差数列

9-9 漸化式

9-10 数学的帰納法

第10章 微分積分

10-1 関数の極限

10-2 平均変化率

10-3 微分係数

10-4 導関数

10-5 基本的な関数の導関数

10-6 接線の方程式

10-7 関数の増減

10-8 不定積分

10-9 定積分

10-10 面積

第11章 確率統計

11-1 場合の数

11-2 順列

11-3 重複順列・円順列

11-4 組合せ

11-5 確率

11-6 余事象の確率

11-7 独立な試行の確率

11-8 期待値

11-9 データの分析と代表値

11-10 標準偏差と偏差値

PR

秀和システム