図解入門業界研究 最新人材ビジネスの動向とカラクリがよーくわかる本[第2版]

概 要

人材ビジネスの基本原則は、企業・個人(在職者、離職者、求職者)・人材ビジネス業者の三者すべてがWin-Winの関係になることです。そのためにも企業と個人を引き合わせる人材ビジネス業者の質が問われます。本書は、激変する人材ビジネス業界の現状を体系的に解説した業界入門書です。業界全体を俯瞰し、学生・シニア世代・企業のそれぞれが人材ビジネスを活用する上で知っておきたい知識や業界の最新情報を網羅的に解説しています。

著者 土岐優美
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4590-0
発売日 2016/2/18
判型 A5
ページ数 240
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 人材ビジネス業界を俯瞰する

1-1 人材ビジネスとは

1-2 企業側と個人側(依頼者、費用負担者、受益者)

1-3 再就職支援サービスのシステム

1-4 再就職支援サービスの概要

1-5 再就職支援サービスの部門

1-6 サービス内容別再就職支援会社のタイプ

1-7 企業形態別再就職支援会社のタイプ

1-8 依頼する企業側のメリット

1-9 雇用調整対象者のメリット

1-10 再就職先企業のメリット

1-11 人材紹介のシステム

1-12 人材紹介の概要

1-13 人材紹介のタイプ

1-14 求人企業のメリット

1-15 求職者のメリット

1-16 人材派遣のシステム

1-17 人材派遣のスタイル

1-18 禁じられている派遣形態

1-19 人材派遣会社の部門

1-20 人材派遣会社のタイプ

1-21 派遣先企業のメリット

1-22 派遣スタッフのメリット

1-23 紹介予定派遣

1-24 請負のシステム

1-25 受託範囲別請負事業者のタイプ

1-26 事業者形態別請負事業者のタイプ

1-27 就業状態別請負事業者のタイプ

1-28 請負活用のメリット

1-29 労働者供給事業の原則禁止

1-30 人材育成・キャリア形成支援サービス

1-31 コンサルティングサービスとは

1-32 人材情報サービスとは

1-33 人材ビジネスとキャリア・カウンセリング

1-34 人材ビジネスとカウンセリング

1-35 人材ビジネスとコーチング

1-36 行政や公立機関から受注する人材ビジネス

コラム 業界人に聞く!(人材紹介)

第2章 就業までの人材ビジネス(キャリア教育と進路選択支援)

2-1 新卒者と人材ビジネス

2-2 キャリア教育とキャリアセンター(進路指導部)

2-3 自己理解と人材ビジネス

2-4 就職セミナーとキャリア・カウンセリング

2-5 新卒派遣と既卒者・第二新卒支援

2-6 若年者の就職支援と人材ビジネス

2-7 大学生を対象とする就職サイト

2-8 既卒者、フリーター対象の情報サービス

コラム 業界人に聞く!(再就職支援)

第3章 採用と就業後の人材ビジネス(雇用と就業支援)

3-1 様々な雇用契約

3-2 形態に沿った人材ビジネス

3-3 採用と就業を支援する(人材紹介)

3-4 他の人材ビジネスとの関係(人材紹介)

3-5 再就職支援サービスの活用

3-6 派遣できる業務

3-7 派遣できない業務

3-8 人材派遣を活用できる期間

3-9 派遣スタッフの雇用の安定を図る

3-10 間接雇用から直接雇用へ

3-11 請負の活用

3-12 採用コンサルティングと採用代行

3-13 求人情報サービス

3-14 内定者研修と新入社員研修

3-15 新入社員研修後の社員研修

3-16 キャリア形成につながる研修

3-17 人事コンサルティングの意義と選択

3-18 人事コンサルティングの内容と流れ

3-19 人事制度設計支援と実務支援

3-20 雇用調整に関わる人材ビジネス

3-21 雇用調整プロジェクトと再就職支援

3-22 雇用確保措置と高年社員の雇用

3-23 就業環境改善につながる両立支援

3-24 両立支援に関わる人材ビジネス

3-25 労働者のメンタルヘルスケア

3-26 メンタルヘルスケアを支援する

コラム 業界人に聞く!(人材派遣)

第4章 退職後の人材ビジネス(退職者の活用と労働者のセカンドキャリア)

4-1 シニアの時代

4-2 セカンドキャリアを設計する

4-3 派遣される、人材ビジネスを行う

4-4 独立開業要件の検討

4-5 SOHOスタイル

4-6 NPO法人を創る

4-7 ICとして活動する

4-8 支援する側と支援される側

コラム セカンドキャリアはSOHOのIC

第5章 人材ビジネスの現状分析と展望

5-1 ワンストップサービスと事業範囲

5-2 グローバル化と業容拡大

5-3 公的事業の受託

5-4 アウトソーシングと地方

5-5 医療関係業務

5-6 技術者、専門家の就業支援と新分野

5-7 採用担当者支援

5-8 ASPサービス

5-9 再就職支援・人材紹介事業の組織

5-10 人材派遣・四大人材サービスの組織

5-11 業種別の人材ビジネス関連団体

5-12 人材ビジネス事業者支援の組織

5-13 雇用、就業の問題に対応する

5-14 早期離職を防ぎ、就業継続を支援

5-15 ダイバーシティマネジメント

5-16 ワーク・ライフ・バランス

5-17 信頼に基づく関係者の利害の一致

5-18 重要なのは理想的な組織

5-19 共通原則のもと、可能性を広げる

コラム 非正規と正規の間

資料編

データで見る人材ビジネス

人材ビジネス基本用語

PR

秀和システム