ポケット図解 経営学がよーくわかる本

概 要

経営学は範囲が広く、専門用語も多いなど初心者にはハードルが高く感じられます。たしかに経営学はカンタンではありませんが、一から十まで理解するのではなく、必要なところをツマミ食いするだけでも実用には十分です。本書は、経営学をこれからはじめる方に「一冊目に読んでほしい」入門書です。忙しい方でもサクッと読めるよう、電車で読めるコンパクトサイズで、専門用語はできるだけ使わず、重要ポイントに絞って解説しています。

著者 土方千代子、西川昌祐、小川亮
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4612-9
発売日 2016/3/17
判型 四六
ページ数 198
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 経営学って何のための学問なの?

1-1 そもそも経営学ってどんな内容なの?

■経営学とは

■様々な事例から得た教訓や考え方

1-2 経営学は身近な学問って本当なの?

■経営学は身近な学問?

■経営学では仕事で活用可能な様式が満載!

第2章 経営戦略ってどんな戦略なの?

2-1 そもそも経営戦略って何なの?

■経営戦略とは

■「企業に関わる人」のために

2-2 経営戦略の種類はたくさんある

■経営戦略の種類

■企業戦略

■事業戦略

■機能別戦略

2-3 経営理念から全ての戦略が始まる!

■経営理念とは

■中小企業にも必要な経営理念

2-4 顧客に選ばれないと売上げは伸びない

■顧客価値とは

■自社のコア・コンピタンスを顧客価値に活かす

2-5 2つの環境分析で課題を明らかにする

■2つの環境分析

■外部環境分析

■内部環境分析

2-6 経営戦略から経営計画へ

■経営戦略の決定

■経営戦略から具体的な実行計画へ

■中長期経営計画と年度経営計画

2-7 経営戦略が計画通りかをチェックする

■経営戦略の実行

■経営計画の運用方法

2-8 経営戦略を振り返り、新たな経営戦略へ

■経営戦略の結果を振り返る

■分析の結果を活かす

■成功・失敗事例も活かせる

第3章 企業って何のことを指すの?

3-1 そもそも企業って何なの?

■私たちの生活を支える企業

■企業の活動

3-2 企業には様々な種類がある

■企業の形態

■「有限責任」と「無限責任」

3-3 大きな企業は一般の人から資金を集める

■大きな企業の特徴

■中小企業の特徴

3-4 株式会社は従業員のものではないの?

■「従業員主権」と「株主主権」

■不正な経営がされないようにチェックする

3-5 他国と異なる日本企業独自のシステム

■日本独自の人事制度

■メインバンク制度

3-6 企業の存在目的を明らかにする

■企業の存在目的

■お客さん、株主、従業員にとっての価値を提供する

3-7 企業は様々な活動を行っている

■直接売上につながる活動

■売上につながる活動を支援する活動

3-8 企業の中の組織って何のこと?

■組織とは

■企業の中の組織

第4章 中小企業の経営戦略ってどういうものなの?

4-1 中小企業と大企業の経営戦略は違うの?

■「ヒト、モノ、カネ」が少ないことを前提に決める

■「お客さんが誰なのか」から決める

4-2 中小企業の経営戦略の特徴は?

■少ない経営資源を効果的に活用する

■お客さんのニーズに応えつつ自社の強みを活かす

4-3 中小企業は色々な支援を受けることができる

■中小企業が受けられる支援策はたくさんある

■身近な相談窓口を利用する

4-4 経営戦略はどうやって決めるの?

■経営戦略を決める方法

■全従業員が参加することで戦略内容が浸透

4-5 外部の専門家はどんな場面で活用するの?

■外部の専門家を活用する

■専門家は企業と一緒に考え実行する

4-6 経営戦略の実行状況を確認する

■関係者が集まって戦略の実行状況を確認する

■経営者が一緒に確認し方向性を判断する

4-7 新分野に挑戦する中小企業の実例

■新商品を開発し新しいお客さんに販売する

■経営者が「あきらめない思い」を持ち続ける

第5章 マーケティングって何をやるの?

5-1 そもそもマーケティングって何なの?

■売れる仕組みを作る

■誰が今のお客さんなのかを知る

5-2 お客さんのニーズを理解する

■お客さんの声の重要性

■お客さんの声を集める方法

5-3 「お客さんはどんな人なのか」を想定する

■お客さんの人物像を明らかにする

■お客さんを想定してニーズを確かめる

5-4 お客さんをグループで分けてサービスを変える

■お客さんのニーズ別にグループ化する

■グループ別に商品やサービスを変える

5-5 お客さんに買ってもらえる商品にするには?

■自社商品の特長を打ち出す

■お客さんの購入目的に応える

5-6 売れる価格を設定するには?

■3つの条件を満たす価格とは

■お客さんが積極的に買う価格を知る

5-7 マーケティングの4P

■自社商品やサービスの売り方は4Pで決める

■売れ続けるように見直す

5-8 ビッグデータを活用して売上を上げる

■ビッグデータの活用方法

■新たなお客さん候補と商品広告の変化

第6章 生産管理って何をどう管理するの?

6-1 そもそも生産管理って何なの?

■QCDとは

■生産性とは

6-2 生産のやり方は色々ある

■受注してから作るか、受注する前に作るか

■マクドナルドの事例

6-3 計画を立ててから生産しないとダメ

■販売予測と生産計画

■受注生産における生産計画

6-4 予定どおりに生産するためには?

■3つの管理活動

■管理活動の結果を、次の生産計画に反映させる

6-5 不良品を出さないようにするには?

■不良品を出さない

■より厳格に品質を管理する

6-6 必要なものを必要なときに必要な量だけ生産する

■「ジャストインタイム」とは

■「カンバン方式」とは

6-7 地球の環境を守るために

■地球の環境を守るために

■廃棄物とリサイクル

第7章 会計って何をやるの?

7-1 そもそも会計って何なの?

■お金の出入りを全て記録する

■資金の調達と返済も管理する

7-2 会計の目的と基本ルール

■社外向け決算書は基本ルールで作成する

■会計期間終了後の2ヶ月以内に結果を税務署へ報告

7-3 会計の主要な3つの計算書

■貸借対照表、損益計算書、キャッシュフロー計算書

■発生主義と実現主義を使い分ける

7-4 経営判断するための会計

■目標と実績を比較し期末までの見込みを作成する

■商品毎の費用を把握する

7-5 経営に必要な資金を調達する

■資金調達の計画書を作成する

■株式を発行して資金を調達する

7-6 企業グループの会計

■親会社と子会社

■企業グループのメリットとデメリット

7-7 企業価値や株価が注目されるのはなぜ?

■企業価値とは

■株価から企業価値を知る

第8章 人事・労務って何をするの?

8-1 そもそも人事労務って何なの?

■経営戦略の実現に向けた「ヒト」の活用

■「ヒト」を活用するための様々な工夫

8-2 「人」をマネジメントする

■「ルール通りの運用」だけではダメ

■経営戦略を実現するための人材マネジメント

8-3 人事制度で待遇を見える化する

■「人が活きる」人事制度

■人事制度の見える化

8-4 従業員の貢献を評価する評価制度

■評価制度の目的とは

■何を評価するか=企業が従業員に期待すること

8-5 人材育成で従業員の能力を高める

■人材育成は従業員の活躍をイメージすること

■企業によって求める能力が変わる

8-6 働きやすい環境を作る

■働きやすい環境とは

■働きやすい環境の具体例

8-7 様々な人材を積極的に活用する

■なぜダイバーシティなのか

■ダイバーシティにも課題がある

第9章 ロジスティックスってどういう意味なの?

9-1 そもそもロジスティックスって何なの?

■ロジスティックスとは

■ロジスティックスの歴史

9-2 物流には色々な種類がある

■物流とは

■物流の6種類の活動

9-3 物流現場を効率化する方法

■5S活動に取り組む

■情報システムを利用する

9-4 在庫を減らしつつ、品切れしないようにする

■在庫削減と品切れ防止の両立

■企業間を情報でつなぐ取り組み

9-5 物流コストを削減するための方法

■物流業務の効率を上げコスト削減する

■共同配送の仕組み

9-6 物流の信頼性を高める取り組み

■輸送中の荷物を追跡する

■商品の物流経路全体の履歴を追跡する

9-7 ロジスティックスで地球の環境を守る

■地球温暖化や大気汚染への対応

■地球の環境を守るための取り組み

第10章 ICTの活用って何をするの?

10-1 そもそもICTって何なの?

■ICTとは

■企業におけるICTの変化

10-2 ICTで不得意を得意に変える

■不得意を得意に変える?

■ICTで聞こえてきた顧客の声

10-3 ICTで災害のリスクを回避する

■地震や災害情報をいち早くキャッチ

■事業継続の救世主=クラウド

10-4 SNSでマーケティングが変わる

■企業のイメージを作り上げる

■特に市場調査で威力が発揮されるSNS

10-5 自社のノウハウをビジネスにしたAmazon

■自社ノウハウにひと手間加え付加価値を提供

■他者にとっては物凄く価値がある

10-6 マーケもロジスティックスもリードする

セブンイレブン

■いつ誰にどんな商品が売れるのかを分析

■特定地域に集中した出店で効率化

10-7 電子マネーで他社のノウハウを協同利用

■色んなお店でお得な買い物ができる電子マネー

■購買行動に関するノウハウを電子マネーで協同利用

第11章 経営課題ってどんな課題なの?

11-1 そもそも経営課題って何なの?

■経営課題とは

■経営課題の優先順位を付ける

11-2 強い会社にするためのM&A

■M&Aとは

■M&Aのメリット

11-3 世界を相手にビジネスを行う

■グローバリゼーションとは

■異文化経営とは

11-4 企業の「社会的責任」への対応

■重要性が増している社会的責任(CSR)

■CSR活動への評価

11-5 環境に優しい経営

■環境への配慮は企業の社会的責任

■環境ビジネスによる「資源循環型社会」

第12章 マネジメントって何をするの?

12-1 そもそもマネジメントって何なの?

■マネジメントとは

■マネージャーの役割

12-2 経営戦略のマネジメント

■経営戦略をマネジメントする

■マネジメントに必要なリーダーシップ

12-3 組織をマネジメントして着実に成果を上げる

■組織行動のマネジメントとは

■長期的な視点で将来の能力を考える

12-4 マネジメントを行うために必要なスキル

■マネジメントに必要な論理的思考力

■マネジメントに必要なコミュニケーションスキル

12-5 イノベーション活動のマネジメント

■企業に求められるイノベーション

■イノベーション活動のリーダーシップ

PR

秀和システム