図解入門 現場で役立つ板金加工の基本と実技

概 要

普段なにげなく使っているパソコンも車も家電製品もすべて板金加工によって作られています。本書は、板金加工に関する専門的な知識と現場における板金加工技術を豊富な図表やイラストをつかってわかりやすく解説した入門書です。材料のせん断から曲げ、整形まで、金属加工の王道を現場感覚で公開します! すでに生産現場で活躍しているテクニシャンや、これから技能士資格の取得をめざしている方々の手引きとしておすすめします。

著者 小渡邦昭
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4635-8
発売日 2016/3/28
判型 A5
ページ数 284
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 板金加工の基礎

1-1 板金加工とは

1-2 板金加工「3つの要素」

1-3 金型とは

1-4 板金加工の機械

1-5 板金加工の材料

1-6 板金加工で働く力

1-7 プレス加工との違い

コラム 隣の技術領域にも興味を

コラム 「幅狭い材料曲げ・針金切断」はご注意

コラム 意外に多いローカル用語

コラム ベテランの知恵

Chapter2 板金加工の特徴

2-1 板金加工の得意技

2-2 アイデア次第で拡大する「汎用性」

2-3 薄板に対応した接合加工

2-4 板金加工の種類

2-5 技能検定における板金加工の区分

2-6 板金加工製品の機能

2-7 基本的な板金加工の工程

コラム 要素ともう1つ

コラム 幾何公差とは

Chapter3 板金図面の読み方、書き方

3-1 図面の基本的な表し方

3-2 図面で使われる線種

3-3 板金展開の表し方

3-4 板金展開(機械板金)の表し方

3-5 箱物展開の表し方

コラム 板厚の表現方法

Chapter4 板金に使用される材料

4-1 材料の変形

4-2 板金材料の製造工程 <圧延>

4-3 板金に利用される材料の寸法

4-4 板金材料の寸法特性

4-5 鋼板の材料特性

4-6 ステンレス鋼の材料特性

4-7 銅・銅合金の材料特性

4-8 アルミニウム(合金)の材料特性

コラム 板金機械の用途でなく動きを

Chapter5 せん断加工の実際

5-1 せん断加工とは

5-2 せん断現象の基本

5-3 シャーリングで切断を観察

5-4 加工に誤差は当たり前

5-5 タレットパンチプレスでせん断を観察

5-6 せん断形状とクリアランス

5-7 せん断の加工限界

コラム 簡易記号で見やすい板金図面

Chapter6 曲げ加工の実際

6-1 曲げ加工とは

6-2 曲げ加工の基本原理

6-3 曲げ加工の種類

6-4 曲げ加工の原理と原則

6-5 曲げ加工のポイント(トラブル対策に向けて)

6-6 曲げ加工のポイント

コラム スプリングゴーとは

Chapter7 成形加工の実際

7-1 成形加工とは

7-2 絞り成形加工の実際

7-3 張り出し成形加工の実際

7-4 フランジ成形加工の実際

コラム 言葉で考える板金加工

コラム 「公差」と「バラツキ」

Chapter8 プレス加工機械の特性

8-1 プレス加工に使われる機械

8-2 プレス機械の動力源

8-3 クランクプレスの構造

8-4 クランクプレスの3要素

8-5 サーボプレスの仕組み

コラム 材料記号の読み方

Chapter9 板金加工機械の特性

9-1 板金加工に使われる機械の特性

9-2 「せん断」する機械

9-3 動力シャー(シャーリング)の仕組みと特性

9-4 タレットパンチプレスの仕組みと特性

9-5 レーザ加工機の仕組みと特性

9-6 折曲げ機(曲げる機械)の仕組みと特性

コラム 金型のない曲げ加工

コラム 交差の配分

Chapter10 板金プレス金型の動きと機能

10-1 汎用性せん断金型とは

10-2 タレットパンチプレスのせん断金型

10-3 せん断金型のトラブルと対策

10-4 曲げ金型の形状

10-5 金型の耐圧によるトラブル

10-6 独自の金型形状

10-7 金型の再生研磨

10-8 成形金型の動き

10-9 金属プレス金型の役割

10-10 プレス金型の機能

10-11 金型の構造

コラム 使える「テコの原理」

コラム スクラップにも注目

コラム ハイテン材とは

コラム 金型の動きにも工夫が

コラム 技術は身近に

PR

秀和システム