あなたの1日を1時間増やす! 魔法のExcelショートカットキー

概 要

Excelショートカットキーは、手間がかかる操作を瞬時に終わらせる「魔法のような機能」です。しかし、複数のキーの組み合わせを暗記するのは大変でした。本書では「組み合わせを覚えなくてもよい記憶法」や「頭文字、イメージイラスト、エピソード連想で忘れにくい工夫」でひとつひとつのショートカットキーを丁寧に解説。意外と簡単に覚えられるため、仕事を早く終わらせて、あなたの自由な時間を増やすことができます。

著者 大村あつし
価格 本体1000円(税別)
ISBN 978-4-7980-4643-3
発売日 2016/5/2
判型 四六
ページ数 168
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

準備編

1章 ショートカットキーは、抜群のストレス解消テクニック

01 Excelでマウスを使うのは、ガラケーで文字入力するのと同じ

●直感的な操作が便利だとは限らない

02 ショートカットキーをマスターするメリットはストレスの軽減

●「作業効率」と「楽しみ」を同時にアップする

03 本書では、[Esc]キーもショートカットキー

●ショートカットキーとは「便利なキー」のことである

04 本書ならショートカットキーが必ず覚えられる理由(1)

●基本となるキーごとに章分けしている

05 本書ならショートカットキーが必ず覚えられる理由(2)

●頭文字、イメージ、そしてエピソード連想で覚える

06 本書では「基本となるキー」は省略して表記する

●「基本となるキー」ごとにまとめて覚えよう

初級編

2章 王道は[Ctrt]キーとの組み合わせ

01 とにもかくにも「上書き保存」があなたのピンチを救う!

●作業中のファイルを上書き保存する

02 キング・オブ・ショートカットキー

●選択されたデータをコピー&ペーストする

●選択されたデータを切り取り&ペーストする

03 「汚職事件」が「お食事券」!? 誤変換を直す

●確定した文字列を確定前に戻す

04 [Enter]キーで、選択範囲にデータを一括入力

●一括でデータを入力する

05 入力後、1番目にやる作業はセルの書式設定

●[セルの書式設定]ダイアログボックスを表示する

●Excelスキルをさらに向上させるテクニック

06 「Down」と「Right」で上のセルと左のセルをコピー

●あるセルを1つ下のセルにコピーする

●あるセルを1つ右のセルにコピーする

07 元の図形を「Double」にする

●図形をコピーする

08 表の先頭・末尾でも瞬時に移動

●データ範囲の先頭行、末尾行、先頭列、末尾列に移動する

09 セルA1は「愛しき我が家」

●セルA1に戻る

10 「All」ですべて選択

●入力範囲全体を選択する

●ワークシート全体を選択する

11 検索は、文字通り「Find」

●[検索と置換]ダイアログボックスの[検索]タブを表示する

12 置換は、エッチ!?

●[検索と置換]ダイアログボックスの[置換]タブを表示する

13 セル・行・列を[-]で削除(引き算)する

●セル・行・列を削除する

●[削除]ダイアログボックスを表示する

14 日付は[;]キー、時刻は[:]キー

●現在の日付と時刻を入力する

15 XYZ。もうあとがない!戻るしかない!

●直前の操作もしくはコマンドを元に戻す

16 ワークシートというページは 「Up」と「Down」でめくる

●左/右方向にワークシートを表示する

中級編

3章 [Ctrl]+[Shift]の組み合わせで大幅効率UP!

01 配列数式(グループ数式)でさらに実力アップ!

●配列数式(グループ数式)を入力する

02 選択範囲を方向キーで広げる

●データが入力された行や列全体を選択する

03 セル・行・列を[+]で挿入(足し算)する

●セル・行・列を挿入する

04 いい(1)桁作ろう、桁区切り

●数字を3桁区切りにする

4章 [Alt]キーの組み合わせはこれだけで十分

01 アクセスキーで、入力効率をますますアップ!

●ダイアログボックスの設定をキーボードで行う

●決定ボタンは[Enter]キーを押すだけで良い

●取り消しボタンは[Esc]キーを押すだけで良い

02 [Enter]キーを使えば、セル内で改行できる

●セル内で改行する

03 データ範囲を一発で合計する(オートSUMのショートカットキー)

●データ範囲を合計する

●ステータスバーでも合計を確認できる

04 [F4]キーで、ブックが死ぬ(Fookが4ぬ)

●ブックを閉じる

上級編

5章 ファンクションキーも覚えておこう

01 ソフトを買ったら、「1」番最初に見るのは「ヘルプ」

●Excelのヘルプを表示する

02 数式バーよ、さようなら。[F2]キーでセル内を編集する

●数式バーを使わずに、セルの文字を直接編集する

03 数式バーよ、こんにちは。[F4]キーで数式の$マークを切り替える

●「割合」を求めるための数式テクニック

Column

●「貼り付け」と一緒に覚えておきたい「形式を選択して貼り付け」

●漢字変換の際にぜひとも知っておきたい[Tab]キー

●[セルの書式設定]ダイアログボックスの代わりに使うショートカットキー

●セルに分数を入力する

●ワイルドカード文字(*)を検索する

●置換コマンドは、意外に高度な機能?

●置換コマンドでスペースを削除する

●置換コマンドで、セル内改行をなくす

●やり直し

●ライター泣かせの行・列の非表示と再表示

●無意味なアクセスキーを無効にする=セルに「/」と入力する

●[F4]キーで直前の操作を繰り返す

PR

秀和システム