図解入門 よくわかる最新 熱処理技術の基本と仕組み[第3版]

概 要

金属の資質を引き出し、製品の安全・信頼性を支える熱処理技術は、技術立国日本のものづくりに欠かせない技術です。しかし、熱処理技術は材料、熱処理方法、要求強度など様々な要因が絡み合っており、複雑かつ難解な技術でもあります。本書は、複雑な熱処理技術をできるだけわかりやすく解説した入門書です。鉄鋼の性質から、さまざまな手法、表面硬化、改質処理、品質試験、トラブル例、非鉄材料、今後の課題まで説明しました。

著者 山方三郎
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-4648-8
発売日 2016/5/2
判型 A5
ページ数 240
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter1 熱処理の世界

1 熱処理とは

2 生活と熱処理技術の関わり

3 鉄器から高機能部品へ-熱処理の発達

4 熱処理技術が生きる例-工具鋼、自動車部品

コラム 見学記-黎明期からの製鉄法「たたら製鉄」

Chapter2 鉄鋼はどんな特性を持っているか

5 鉄の特性は?

6 鉄、鋼、鋳鉄の違いは何か

7 鋼の主役、炭素の役割

8 合金とは

9 鉄鋼材料の変態とは

10 鉄‐炭素(Fe-C)系平衡状態図とは(1)

11 鉄‐炭素(Fe-C)系平衡状態図とは(2)

12 鉄鋼組織はどのようにして見るの?

13 熱処理で得られる組織名と特性(1)

14 熱処理で得られる組織名と特性(2)

15 等温変態線図(TTT線図)とは

16 連続冷却変態線図(CCT線図)とは

17 合金元素の分類とその作用

コラム 「超高純度鉄」を浸炭や窒化してみたい

Chapter3 熱処理の手法と仕組み

18 熱処理作業の流れ

19 熱処理の中心的な設備、加熱装置

20 熱処理で重要な温度管理

21 熱処理で用いられるガスの種類

22 雰囲気ガス発生装置

23 焼なましとは

24 焼なまし(1)-完全焼なまし

25 焼なまし(2)-等温焼なまし

26 焼なまし(3)-球状化焼なまし

27 焼なまし(4)-応力除去焼なまし

28 焼ならしとその目的

29 焼ならし-普通焼ならし

30 焼入れとその目的

31 焼入れ用冷却剤の種類

32 焼入性とは

33 焼戻しとその目的

34 焼戻脆性

35 固溶化熱処理

36 時効処理

37 残留オーステナイトとサブゼロ処理

コラム 中国の熱処理事情

Chapter4 熱処理をする鉄鋼、非鉄材料

38 鉄はどのように作られるか

39 鉄鋼材料の呼び名の体系は?

40 機械構造用炭素鋼とその熱処理

41 多用される機械構造用合金鋼とその熱処理

42 特性を高めた特殊鋼・工具鋼とその熱処理(1)-工具用

43 特性を高めた特殊鋼・工具鋼とその熱処理(2)-金型用

44 耐食性の高いステンレス鋼とその熱処理

45 高速・高精度化を担う軸受鋼とその熱処理

46 強度・寿命が肝心なばね鋼とその熱処理

47 鋳鋼とその熱処理

48 鋳鉄とその熱処理

49 アルミニウム合金とその熱処理

50 銅合金とその熱処理

コラム 〝さびない鉄柱〟インドのアショカピラー

Chapter5 表面硬化、改質処理

51 表面硬化処理の分類

52 浸炭技術の移り変わり

53 目的に応じた雰囲気制御

54 COガスによる浸炭原理

55 ガス浸炭処理法

56 真空浸炭(減圧浸炭)処理法

57 プラズマ浸炭処理法

58 浸炭窒化処理法

59 窒化処理法の種類

60 ガス窒化処理法

61 塩浴軟窒化処理法

62 ガス軟窒化処理法

63 プラズマ窒化処理法

64 そのほかの窒化処理法

65 高周波焼入法

66 炎焼入法

67 表面改質法の種類

68 物理蒸着法(PVD)

69 化学蒸着法-(1)熱CVD

70 化学蒸着法-(2)プラズマCVD

コラム 熱処理設備の保守・点検

Chapter6 熱処理の品質試験とトラブル

71 品質試験とは

72 硬さ試験とは

73 材料の強度を調べる

74 非破壊試験とは

75 変形測定とは

76 熱処理トラブルの種類

77 トラブル例(1)-脱炭

78 トラブル例(2)-焼割れ

79 トラブル例(3)-焼入変形

80 トラブル例(4)-粒界酸化

81 トラブル例(5)-研削割れ(研磨割れ)

コラム 国家資格「金属熱処理技能士」

Chapter7 これからの熱処理技術

82 熱処理の省エネルギー対策

83 〝焼入ひずみゼロ〟は可能か

84 究極の低摩擦摩耗皮膜、DLC

85 コンピュータを駆使した全自動熱処理

86 熱処理の抱えている課題

コラム 熱処理技術伝承へのスクラム

Chapter8 熱処理 Q&A

Q&A

コラム 熱処理と音

巻末資料

熱処理用語集

PR

秀和システム