会社のマニュアルには絶対書いていない 相続コンサルのコツがよーくわかる本

概 要

相続コンサルタントの成約率をあげるコツをご存知ですか? それは「誰に対する提案なのか」「なぜ、あなたから買ってくれるのか」「いつまでに買う必要があるのか」の3つを常に意識することです。本書は、生命保険・不動産・銀行・証券の営業マンを対象とした相続コンサルタント営業のコツを解説したガイドブックです。保険料贈与、自宅活用、持株会社、信託など、あなたの成約率がグッと高まる営業トークができるようになります!

著者 青木寿幸
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4683-9
発売日 2016/7/4
判型 A5
ページ数 248
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序章 お客さまとの話の糸口になるノウハウ

0-1 親族全員にメリットがある税金の話から、提案する

0-2 妻の預金は夫の財産となるので、贈与を、提案する

0-3 贈与税には時効がないからこそ、贈与を使った対策を、提案する

0-4 贈与税の税率が、低い人への贈与を、提案する

0-5 相続税がかからない財産を作ることを、提案する

0-6 海外に財産を移してから、贈与する方法を、提案する

0-7 相続税を一緒に計算して、節税対策を、提案する

0-8 遺言書は、相続人も巻き込んで作ることを、提案する

0-9 名義だけを変えたいときには、信託を、提案する

0-10 信託と遺言書を合わせることで、完璧に、提案する

0-11 借金の相続で争わないように、事前に、提案する

0-12 遺留分を請求されないための対策を、提案する

第1章 自宅を所有するお客さまへの提案

1-1 広い自宅の土地は分筆するように、提案する

1-2 子供が自宅を相続して、妻に売却すると、提案する

1-3 二世帯住宅や別棟を建てると、得をすると、提案する

1-4 5階建て自社ビルの最上階に住むことを、提案する

1-5 店舗併用住宅の事業は、続けることを、提案する

1-6 自宅の固定資産税が安くなる方法を、提案する

1-7 自宅は妻のあと、甥に相続させることを、提案する

1-8 自宅を相続した子供を、保険金の受取人に、提案する

1-9 自宅の一部だけでも、売却することを、提案する

1-10 相続放棄するなら、生命保険の加入を、提案する

第2章 自宅以外の土地を所有するお客さまへの提案

2-1 新しくアパートを建てることを、提案する

2-2 アパートの固定資産税を下げる方法を、提案する

2-3 不動産は買い換えの目的を知ってから、提案する

2-4 土地は手放さずに、不動産の組み替えを、提案する

2-5 土地の評価が上がる前に、贈与することを、提案する

2-6 上手に、共有持ち分を1人に集める方法を、提案する

2-7 生前に、借地権や底地を整理する方法を、提案する

2-8 家賃保証で、土地の評価が下がることを、提案する

2-9 アパートを修繕してから、贈与することを、提案する

2-10 郊外の土地でも、有効活用できる方法を、提案する

第3章 現預金が多いお客さまへの提案

3-1 贈与しても、贈与税がかからない方法を、提案する

3-2 贈与税と相続税の合計が、最小になるように、提案する

3-3 信託で、定期的に贈与できることを、提案する

3-4 生命保険の契約者を子供にすることを、提案する

3-5 一度に多額の贈与をしても、損はしないと、提案する

3-6 解約返戻金が低い生命保険をあえて、提案する

3-7 死亡保険金を信託しておくメリットを、提案する

3-8 マンションを買って、贈与するメリットを、提案する

3-9 投資信託の元本だけを、贈与する方法を、提案する

3-10 上場株式が値上がりしたら、贈与することを、提案する

第4章 不動産収入の大きいお客さまへの提案

4-1 利益が一定額を超えたら、会社の設立を、提案する

4-2 新しい建物は、父親の名義で建てることを、提案する

4-3 古くなった建物は、会社へ売却することを、提案する

4-4 生命保険料は経費になるが、同時に解約時のことも、提案する

4-5 生命保険の契約者を、会社から個人に切り替えると、提案する

4-6 父親の会社への貸付金を、消す方法を、提案する

第5章 同族会社を経営するお客さまへの提案

5-1 種類株式で、議決権を守れることを、提案する

5-2 生命保険で自社株式の評価を下げることを、提案する

5-3 分散した株式を、買い取ることを、提案する

5-4 持株会社が、不動産へ投資する理由を、提案する

5-5 子供に新株予約権を発行することを、提案する

5-6 会社の事業を2つに分割することを、提案する

5-7 一般社団法人を作って、相続に備えることを、提案する

PR

秀和システム