フルオートでしか洗濯できない人の男の家事

概 要

家事も仕事もこなせる一人前の男になりたい! それなのに、掃除、洗濯、買い物、と手を出しただけ妻とモメる。いったい俺の何が悪いんだ? そんな男性のために、『理系の料理』の著者が、フローチャート、チェックリスト、マトリクス図など、経営工学で使われる分析手法をフル活用。男が知らない家事のツボを面白マジメに解き明かします。妻に「今日の晩ごはんどうする?」と聞かれ、答えに困った男性のバイブルになるでしょう。
【Kindle無料お試し版】も同時リリース!

著者 五藤隆介
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4692-1
発売日 2016/6/29
判型 四六
ページ数 224
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

■01 洗濯道具はどこに置かれているか?

□洗濯機

□洗剤

□柔軟剤

□給水ホース

□ハンガー

□角ハンガー(ピンチ)

□洗濯ネット

□洗濯バサミ

□洗濯カゴ

■02 洗濯機を使いこなしているか?

□自動設定機能任せか

□洗う回数を変更しているか

□すすぎの回数を変更しているか

□注水量を変更しているか

■03 いつ洗濯しているか?

□平日か休日か

□朝か夜か

□毎日か数日おきか

■04 天気予報を気にかけているか?

□1日の天候変化を気にしているか

□花粉、黄砂、PM2.5などの飛散情報を気にしているか

■05 干す場所はどこか? またその理由は?

□主に干す場所

□肌着類を干す場所

□陰干し用の場所

□雨天の場合の場所

□乾燥機を使っているか

■06 クリーニングに出している衣類は何か?

□ウール

□スーツ(儀礼用)

□ダウン類

□コート類

□シルク類

□麻類

□大物(シーツ、タオルケット、絨毯)

■07 衣類以外に毎日洗っているものは何か? 洗い方は?

□バスタオル

□ハンドタオル

□ハンカチ

□食器用布巾

□スポンジ類

□寝具類

□雑巾類

■08 定期的に洗うものは何か? その頻度は? 洗い方は?

□タオル類

□足ふきマット

□寝具類

□絨毯類

■09 洗濯の前に、ポケットの中身を確認しているか?

□注意すべきもの

□注意すべき場所

■10 何を洗い分けているか?

□白いものと色もの(色移りに対する配慮)

□汚れがひどいものとそうでないもの(汚れ移りに対する配慮)

□下着類(衛生面への配慮)

□糸くずが出やすいものとそうでないもの(絡まり、汚れに対する配慮)

■11 洗濯ネットを使っているか?

□目の大きさが異なる複数のネットを使い分けている

□サイズが異なる複数の洗濯ネットを使い分けている

□その他の基準で複数の洗濯ネットを使い分けている

■12 衣類によって特別な前処理を行っているか?

□ファスナーを締める

□汚れている面を外側に返す

□つけ置きする

□手洗いする

□洗濯ネットに入れる

■13 風呂の残り湯を使っているか? その目的は?

□節水のため

□水温が高く、汚れ落ちがよくなるため

■14 洗濯物を洗濯機に入れる順番を意識しているか?

□かさばるもの→普通のもの→ネットに入れたもの

■15 一度に洗う洗濯物の量や注水量にこだわりはあるか?

□キロ数を意識しているか?

□ギリギリまで洗濯物を詰め込む

□洗濯槽の8割程度まで洗濯物を入れる

□洗濯槽の6~7割程度まで洗濯物を入れる

□洗濯槽の5割程度まで洗濯物を入れる

□注水量を標準設定から変えているか?

■16 洗濯マークの通りに洗濯をしているか?

□洗い方を規定する表示(水温の上限、洗濯ネットの使用推奨、手洗い推奨、水洗い不可)を気にしている

□塩素漂白の可否を規定する表示を気にしている

■17 おしゃれ着用洗剤などを使っているか? その理由は?

□色合いやスタイルを保つ成分などが入っている

□色落ちや型くずれを意識している

□中性洗剤で、ウールやシルクなどの繊維を傷めずに洗える

□蛍光剤が入っていないので、生成りや淡色衣類にも安心して使える

■18 柔軟剤を使用しているか? 理由は何か?

□衣類を柔らかく洗い上げる

□香りづけ(防臭・消臭する)

□静電気を防止する

□洗濯じわを軽減する

□洗濯時の絡みを軽減する

□部屋干しなどで起こる菌の増殖を抑える(抗菌)

■19 洗濯完了のアラームが鳴ったら、どうしているか?

□即座に次の工程に着手

□30分程度放置

□1時間以上放置

■20 アラームが鳴った後に何をしているか? その理由は?

□乾燥機にかけている

□洗濯物のシワを伸ばしている

□洗濯カゴに移す順番にこだわっている

□洗濯ネットから出してから洗濯カゴに入れている

□洗濯機のフタを開けている・閉めている

□給水ホースを片付けている

■21 干す前にしていることはあるか?

□物干し竿や手すりを雑巾掛けする

□手すり・屋根にシートを敷く

■22 角ハンガーには何を、どのように干しているか?

□小物

□大物

□上下の向き

□表か裏か

□単独か束ねてか

■23 ハンガーには何を、どのように干しているか?

□衣類へのハンガーの入れ方・外し方(裾から入れると首回りが伸びにくい)

□いろいろなサイズのハンガーを使い分けているか?(子供用の衣類に大きなハンガーを通すと伸びてしまう)

□機能ハンガーを使っているか?(洗濯バサミつき、風飛び防止機能つき)

■24 日向・日陰・室内に何を干しているか? その理由は何か?

□室内(見られたくない、外気にさらしたくない、屋外に適切な場所がない)

□日陰(色落ち、日焼け、速乾性)

□日向(殺菌、乾きづらい)

■25 洗濯バサミをどのように使っているか?

□洗濯物を止める

□ハンガーを風で飛ばないように固定する

□複数の洗濯物を束ねる

■26 M字干し、蛇腹干ししているアイテムは何か?

□M字干し

□蛇腹干し

■27 ニット干し専用アイテムを使っているか?

□型崩れに気を遣っているか

□干し方はどうしているか

■考察 実際に観察してみると分かること

○気分よく毎日をすごせるなら、家事くらい喜んで手伝うよ

●第1章 「男の家事」が揉めるワケ

○夫婦間で「当たり前」がちがう

○妻の分かって欲しいという気持ちが強すぎる

○夫が家事を「流れ」で理解できていない

○そもそも家事として意識していない仕事がある

○ある家事の負担感は人によってちがう

○真剣に話し合う時間が足りていない

●第2章 「男の家事」が揉めるワケを解決する

○お願い事がうまくいかないのは当たり前

○分かって欲しいと思ったら要注意「一緒にやろう」と伝える

○最初の一歩は観察から―家事観察リスト

○見えない家事を洗い出す―家事認識シート

○家事の負担感を見える化する―家事マトリクス

○コミュニケーションの時間をとる―作戦会議タイム

●第3章 家事への挑戦を阻む問題に対処する

○俺にはできない家事をどうするのか問題

○わからないことはすべて文書化する

○家事マニュアルもデジタル化

●第4章 作戦会議タイムのすゝめ

○夫婦って圧倒的に他人

○作戦会議タイムでやること(1) やりたいこと相談したいことを話す

○作戦会議タイムの効能(1) 夫婦の会話の質が高まる

○作戦会議タイムの大原則 未熟なのは人ではなくてルール

○作戦会議タイムの効能(2) 仕事にも役立つ「作戦会議ログ作成術」

○作戦会議タイムでやること(2) 現状を報告する

●第5章 家事シェア生活を充実させる工夫

○五藤家の家事シェアツール

○妻にモノを減らしてもらうゾ作戦

○料理という難関を突破すると世界が開ける

○やらなくてもいいことリストを作る

●第6章 家事シェアをして気がついたこと

○シェアという言葉を考える

○ビジョン共有とコミュニケーションが大事

○目的はパートナーの笑顔

●第7章 老舗文具メーカーも家事を科学する

○理系の料理と家事シェアノート

○家事を見える化する家事シェアノート

○家事シェアノートのこだわり(1) 言葉選びと記入例

○家事シェアノートのこだわり(2) 女性のニーズに応えるスケジュール欄

○家事観察チェックリスト

PR

秀和システム