新わかりやすいJava はじめてのプログラミング

概 要

Javaは世界的にとても人気のあるプログラム言語です。初心者がJavaプログラミングを学ぶとき、文法を学ぶのはもちろんですが、プログラムを自分でたくさん書くことが上達のコツです。本書は、はじめてJavaプログラミングを学ぶ人のために開発環境のインストールから、プログラムの基礎を体験学習式にわかりやすく丁寧に解説しました。全部で172本の練習問題があり、次々にプログラムを作成していくことで、基礎が自然に身につきます。

著者 川場隆
価格 本体2400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4695-2
発売日 2016/6/13
判型 B5変
ページ数 320
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 道具を用意しよう

1.1 Java言語について

1.2 JDKをダウンロードする

1.3 JDKをインストールする

1.4 Eclipseをインストールする

●Eclipseをダウンロードする

●Eclipseを解凍する

●Eclipseをすぐに起動できるようにする

1.5 Eclipseのかんたん設定

Chapter 2 はじめてのプログラム

2.1 プロジェクトとパッケージを作る

2.2 プログラムの大枠を自動生成する

2.3 プログラムを完成させる

2.4 コンパイルエラーの見方と注意点

2.5 プログラムを実行する

●メニューを使って実行する方法

●プログラム実行の仕組み

2.6 通過テスト

Chapter 3 プログラムの成り立ち

3.1 クラスとメソッド

3.2 コメント文

3.3 リテラルとは

●いろいろなデータ

●データ型

●整数

●浮動小数点数

3.4 変数とは

3.5 変数の作り方

3.6 通過テスト

Chapter 4 変数の使い方

4.1 変数の使い方

●byteとshortは?

●変数を変数に代入するときも、型を合わせる

4.2 いろいろな変数宣言

●変数の値を表示する

●宣言しただけの変数は空

●[準備]Inputクラスを使えるようにしよう

4.3 キーボードをタイプして変数に値を入れる

●import文の自動入力

●入力操作の実行

●getInt()メソッド

●いろいろな型のデータを入力する

4.4 変数を使って計算する

4.5 自動型変換の規則

●自動型変換の規則

●式の中での自動型変換

4.6 通過テスト

Chapter 5 わかりやすく表示する方法

5.1 System.out.printlnで式の値を表示する

5.2 わかりやすく表示する

●数値を連結して文字列にする

●キーボード入力のガイド表示をわかりやすくする

5.3 System.out.printで横に並べて表示する

●エスケープ文字

5.4 System.out.printfで小数点以下を丸める

●書式文字列

●わかりやすい表示にする

●複数の変数を表示する

5.5 通過テスト

Chapter 6 基本的な演算子とメソッドの使い方

6.1 Java言語の演算子

●剰余(モジュロ)演算子(%)

●インクリメント演算子(++)

●デクリメント演算子(--)

●前置と後置

●複合代入演算子(+=)

●演算子の優先順位

6.2 クラスメソッドとは

●平方根を計算するMath.sqrt()

6.3 Mathクラスのクラスメソッド

●引数の自動型変換

6.4 インスタンスメソッドとは

●変数を通してインスタンスメソッドを使う

6.5 Stringクラスのインスタンスメソッド

6.6 通過テスト

Chapter 7 日付・時刻とファイルの操作

7.1 日付オブジェクトを作る

●特定の日付を生成する

●APIのまとめ

7.2 日付オブジェクトから値を取り出す

●日本語の曜日名を取得する方法

7.3 日付の計算と比較

●日付の計算

●日付の比較

7.4 時刻を扱う

●日付と時刻

7.5 テキストファイルに書き出す

●テキストファイルへの出力

●TextWriterクラスのAPI

7.6 テキストファイルから読み込む

●TextReaderクラスのAPI

7.7 通過テスト

Chapter 8 くり返しのパターン

8.1 配列とは

●配列を作成して配列要素を表示する

8.2 for文 ― 回数を指定するくり返し

8.3 カウンタ変数とfor文の仕組み

●for文の仕組み

8.4 for文で配列要素を表示する

●length変数

8.5 for文で配列の合計を計算する

8.6 通過テスト

Chapter 9 条件によって処理を変える

9.1 「もしも~だったら」という処理

9.2 true/false を返すメソッドを条件に使う

●文字列の比較

●日付・時刻の比較

9.3 いろいろな条件を組み合わせる

●演算子の優先順位

9.4 処理を3つ以上に分ける

●elseの省略

9.5 たくさんの処理の中から選択する

9.6 通過テスト

Chapter 10 回数のわからないくり返しのパターン

10.1 回数のわからないくり返しとは

●入力の規定値

●while文のSPD

10.2 nullでない間くり返す

10.3 テキストファイルからの入力

10.4 CSVファイルを処理する

10.5 回数を指定しないfor文

10.6 くり返しの中止

●くり返しのスキップ

10.7 通過テスト

Chapter 11 クラスメソッドの作り方と使い方

11.1 クラスメソッドを作って利用する

●クラスメソッドを利用する

●import文について

11.2 引数のあるメソッドを作る

11.3 値(戻り値)を返すメソッドを作る

●可変長引数とは

11.4 小さなメソッドに処理を分ける

●処理をわける目安

11.5 通過テスト

練習問題解答

練習問題の解答

●2章 解答

●3章 解答

●4章 解答

●5章 解答

●6章 解答

●7章 解答

●8章 解答

●9章 解答

●10章 解答

●11章 解答

巻末資料

1 演算子一覧表

2 API一覧表

●1.Java標準クラス

●2. Libパッケージのクラス

3 ダウンロード・動画の視聴

PR

秀和システム