実践版 30日で人を「育てる」技術

概 要

「真剣に仕事を教えているのに、やる気になってくれない」「仕事のミスを指摘しても、一向に改善されない」これは部下の指導で誰もが直面する悩みです。ところが、あなたの教え方を少し変えるだけでこの悩みは解決します! 本書は、水泳の北島康介選手など一流のアスリートを育成したメソッドを応用し、知識ゼロ・やる気ゼロの社員をたった30日で即戦力に育てる実践的なワークを解説します。部下を教えるのが楽しくなります!

著者 西尾英樹
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4704-1
発売日 2016/6/29
判型 四六
ページ数 334
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 新人・部下が育たない7つの理由

理由1 これができれば「一人前」の定義はどこにある?

理由2 教わりたい順 ≠教えたい順の壁がやる気をダメにする

理由3 マニュアルだけでは人は育たない

理由4 「教え過ぎ」は自己満足で終わってしまう

理由5 教えたつもりの落とし穴

理由6 今ドキ社員の主張を理解していますか?

理由7 必要ないことは、あえて捨てる勇気を持とう

「教える」「育てる」でガラリと変わる3つのポイント

タイプ別部下への「接し方」、「叱り方」、「褒め方」

第2章 実践30日プログラム

STEP1 頭と心の準備運動

1日目 育成の目標を決める

2日目 PDCAをスケジューリングする

3日目 実践してからの課題をピックアップ分析

4日目 覚えることを「作業」と「知識」に大きく分ける

5日目 「知識」を5つに分解する

6日目 現状スキルを診断してみよう

7日目 「やるべきこと」を仮決めする

8日目 出来るイメージをつけて、先に伸ばすポイントを決める

9日目 To-Do計画書を作成する

10日目 「やるべきこと」を20日間に分散する

11日目 OJT/Off-JTに仕分けする

12日目 教え過ぎや無駄をなくす

第3章 実践30日プログラム

STEP2 実践スキルを身に付ける

13日目 理解度チェックで自発性を育てる

14日目 メモのムダを考える

15日目 確認シートで【報・連・相】の基準を見える化する

16日目 説明力を育てる【報・連・相】の法則

17日目 質問力を鍛える

18日目 問題点を分解して考える

19日目 なぜなぜ分析で改善策をあぶり出す

20日目 優先順位を決めて3つずつ改善する

21日目 仕事の時間管理を強化する

22日目 行動を分解してチェック項目を洗い出す

23日目 質問する前に調べるクセをつける

第4章 実践30日プログラム

STEP3 やる気を引き出す評価シート

24日目 成長が体感できる業務日報を作成

25日目 仲間からのエールで承認要求を満たす

26日目 実践からの「見極めチェック」診断

27日目 壁にぶち当たった場合の対策を考える

28日目 新たな目標を設定する

29日目 ポテンシャル分析をしてみよう

30日目 スキルを階層化し、次の育成を設定する

第5章 30日ワークでここが変化する!

ステップ方式でクリアしていくことで、本人のやる気が芽生える

「個人主義」から「職場主義 ? 企業主義」へと意識がシフトする

「教わる」?「自分で考える」人へと成長する

育てることで実は自分も成長できる

PR

秀和システム