最強のビジネスは「インド式」に学べ!

概 要

日本はバブル崩壊後、失われた20年と呼ばれる経済停滞が続いています。逆に、インドでは経済発展が続き、世界のCEO、超一流のビジネスパーソンを輩出し、2022年には中国を抜いて世界一になるといわれています。本書は、日本在住のインド人コンサルタントが、世界でグローバルに活躍するインド式のビジネス手法やその根底に流れる考え方を徹底分析しました。インド式ビジネスのエッセンスを学び、グローバルエリートになりましょう!

著者 サンジーヴ・スィンハ
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4741-6
発売日 2016/8/19
判型 四六
ページ数 192
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに―― 日本と日本人が好き。だからこそ学んでほしい「インド式」ビジネス手法

第1章 世界のCEO、リーダーを輩出!日本にはない「すごいインド」の秘密

世界で最も貧しい国の一つから、グローバル企業のCEOやリーダーが続々と誕生

最高ランクのリーダーシップを持つといわれるインド人経営者たちの資質

優れたインド理系大学生の「英語力」と「数学力」に注目!

「モノ」が動く中国、「情報」が動くインドとの大きな違い

IT産業が「汚職」「賄賂」を払拭し、インド人に「プライド」をもたらした

若くて有能な労働力が急増!「IT大国」の基盤をつくった

最高峰の大学「IIT=インド工科大学」の卒業生が世界へ

「IIT」には、インド全土から階級の区別なく優秀な人材が集まる理由があった

実用的な英語のコミュニケーション能力を持つこと

インド人はテレビでも映画でも、英語をダイレクトに習得している

子どものころから数学を重視! インド人は誰でも二ケタの九九ができる!?

「個の力を最大限に活かす」インドの個人主義の長所と短所

ビジネス社会ではカースト制は徐々に薄れ、能力が優先して評価の対象に

第2章 日本的思考では考えられない!インド人独自の「ジュガール」の教え

世界の経営者が注目!「ジュガール」がイノベーションを生んだ

「ジュガール」は子どものころから身に付けた、ピンチをやりくりする知恵

「臨機応変」それとも「その場しのぎ」? 日本人に足りないアクシデントの対応力

ジュガールが生みだしたインドの製品① 約25万円で買える乗用車「タタ・ナノ」

ジュガールが生みだしたインドの製品② 電気不要の冷蔵庫「ミティクール」

ジュガールが生みだしたインドの製品③ 世界最安値、タブレット端末「アーカッシュ」

「モノがない」逆境のなかでこそ、ジュガール思考が発明を生む

ハーバード大学が、経営理論としての「ジュガール」を研究

日本のビジネスマンに学んでほしい!「ジュガール」6つの原則

第3章 人生とビジネスを変える!インド哲学「カルマ」から始まる発想法

「カルマの哲学」とは、失敗を恐れずチャレンジすること

「インド式」10の力で100のビジネスを行う方法とは?

絶対に「できない」とは言わない、インド人の仕事やりくり術

感情的に判断せず、「理系脳」で論理的に解決する

常にビジネスのタネをまき、チャンスに備えるのが「インド式」

「自分はなぜ、この給与なのか」を日本人はもっと考えるべき

複数のタスクをこなせば、さらに人脈ネットワークが広がる

英語は「間違ってもいい!」という、リスクを取って学ぶことが大切

「会社のブランド」よりも「自分のブランド」を猛烈にアピールしよう!

「木を見ずに森を見る」―― 小さなことは気にせず、仕事は全体像を把握する

議論して自分をアピールすることは、自分を強く見せること

第4章 意思決定スピードが違う!結果を求める「インド式」交渉・プレゼン術

自分の言い分を曲げない強さと、相手をうまく説得する力

「決してあきらめない」自信に満ちた姿勢が、相手にプレッシャーを与える

ビジネスチャンスは、意思決定のスピードを最優先する

インドの会議ではその議題の関係者だけが、入れ替わりながら決定していく

「借りる側」と「貸す側」は対等以上!タフネゴシエーションを見習おう

価格交渉では、希望の金額を自分から提示しないこと

負けを認めない!チームではなく個人の業績をアピールすることも必要

最終的にビジネスの成否を左右する「契約締結」に細心の注意

モチベーションを上げるために、成功報酬、インセンティブの導入を

第5章 謝らないで、説明する!「インド式」コミュニケーションの極意

グローバルビジネスの現場では、日本人も無口ではいられない!

メールより電話をフル活用! ビジネスはスピードと熱意が決め手

意思決定者・キーマンを見極めて、アプローチすることが早道

依頼に応えれば人脈が広がる! だから依頼は決して断らない

「絶対に謝らない」「言い訳からわかり合う」のがビジネスの世界的スタンダード

日本人は「異文化交流」と「議論」の必要性をもっと認識すべき!

激しい議論のあとはお互いに耳を傾け、必ずすり合わせして結論へ

同い年、同じ専門の人間とは群れないチーム作りが肝心

ランチミーティングや自宅での食事に積極的に誘い、誘われよう!

最高のビジネスパートナーになるには、家族づきあいも大切に

第6章 ヨガ・瞑想で強くなれる!「インド式」ストレスに負けない習慣

ビジネスリーダーになるためには、心身のバランスを保つこと

精神的な強さをもたらす自分の「哲学」を身に付けることから始めよう!

成果をもたらす「思考法」を学び、自信をもって行動する

世界のCEOも実践! ヨガ・瞑想でストレスマネージメント

「インド式」健康コンディショニングでメンタルを強く!

おわりに――「インド式」+「日本式」ですべてがもっとうまくいく

PR

秀和システム