現場で使えるMayaスクリプティング

概 要

Mayaは、映画やゲーム、CMなどで使用されている3DCG制作用ソフトフェアです。Mayaを学び、さらにスキルアップするには作業を自動化するスクリプトの学習が欠かせません。本書は、プログラミング未経験者向けに、CGクリエイターの作業を自動化するスクリプトの基礎知識と書き方を37の具体例を示しながらわかりやすく解説した入門書です。また、ノードの操作やシェイプの追加など、特定の機能だけ学ぶという使い方もできます。

著者 岸本ひろゆき
価格 本体3700円(税別)
ISBN 978-4-7980-4742-3
発売日 2017/2/10
判型 B5変
ページ数 664
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 Quick Start

1-1 最短ルートでのMaya自動化

1-2 MELからの書き換えで学ぶPython入門

1-3 学習の手がかり

Chapter 2 実践

2-1 PyMELを使う

2-2 同じ種類のノードを一括選択

2-3 不明なノードを強制削除

2-4 親階層、子階層の取得

2-5 オブジェクトをランダムに配置する

2-6 選択オブジェクトのチャンネルをつなぐ

2-7 シーンを開き直す

2-8 現在開いているシーンの置き場所をエクスプローラで開く

2-9 シーンが落ちた時のtmp置き場を開く

2-10 テクスチャを全てリロードする

2-11 リファレンスのネームスペースとファイルパスを収集する

2-12 リファレンスエディタで選択中のリファレンスを開く

2-13 ファイル名(パス)からアセットやシークエンス番号、ショット番号を取得する

2-14 Pivot移動

2-15 Pivotを別のオブジェクトに合わせる

2-16 さまざまなカーブを描いてみる

2-17 ジョイントにシェイプを追加

2-18 サークルをシェイプとして追加

2-19 ツイストジョイントの追加

2-20 バーテクスひとつひとつにクラスタを仕込む

2-21 複数オブジェクトにスムースをかけ、分割数をコントローラで一括制御できるようにする

2-22 UVポイント2点がV軸に沿うようにUVシェルを回転させる

2-23 トランスファーアトリビュートの複数対応

2-24 コントローラの上下にグループノードを配置

2-25 グループ以下を、グループ名+連番 にリネームする

2-26 ひとつのフォリクルに複数のヘアシステムを一括アサイン

2-27 マテリアル作成とテクスチャアサイン

2-28 関数実行時に値を入力したい(でもUI考えるのは面倒!)

2-29 Maya標準のメニューに項目を追加する

2-30 ウィンドウ作り STEP1

2-31 ウィンドウ作り STEP2 ?さまざまなコントロールを使う?

2-32 ビューポートの背景カラーを変更する

2-33 スクリプトを止められるように準備する

2-34 スクリプトエディタの「Clear Input」ボタンを無効にする

2-35 ツールボックスのMaya Iconに手を加えてみる

2-36 whatIsの使い勝手を改善する

2-37 Maya内外の情報の取得方法

2-38 Maya起動時にスクリプトを実行する

2-39 スクリプトを共有したい

Appendix スクリプト・リファレンス

A-1 スクリプトを書く際のルール

A-2 変数とデータ型

A-3 各種制御フローと関数

A-4 よく使うコマンド、関数、モジュール

A-5 スクリプトエディタ

A-6 Maya ドキュメント

PR

秀和システム