職場の理不尽に怒らず おだやかに働く技術

概 要

怒鳴り散らす上司、無能な上司、言うことがコロコロ変わる上司、批判ばかりする同僚、無神経な同僚、愚痴っぽい同僚。仕事は多く、人事は不平等、頑張っているのに結果が出ない……。職場でムカッとすること、多くありませんか。本書は、職場での怒りの感情をコントーロールし、前向きなパワーに変える42のテクニックを、東証1部上場の金融グループの社長だった著者が解説します。特製「動画解説! 怒りチェック&解消シート」付き。

著者 横山信治
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4775-1
発売日 2016/9/21
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

怒りチェック&解消シートの使い方

第1章 腹が立ったら、最初にやる10の習慣

01 「怒りの正体」を探してみる

▼考え方の相違によって怒りが生まれる

02 相手に「期待しすぎない」ように気をつける

▼怒りは期待を裏切られた時に起こる

03 「当たり前」を疑ってみる

▼怒るのは、思い込みの枠の中から外を眺めているから

04 怒りを感じたら、「一次感情」が何かを探してみよう

▼怒りと距離を置き、思考をコントロールする

05 「怒りのエネルギー」を活用しよう

▼怒りは、前向きな活動のエネルギー

06 怒りの原因を「他人のせい」にしない

▼怒りの二次災害を回避する

07 特定の人への怒りを緩和するには、自分の「劣等感」を受け入れる

▼「自分は正しい」は、劣等感の裏返し

08 怒りの「シグナル」に敏感になろう

▼怒りは、失敗を防ぎ、コミュニケーションを円滑にする

09 真実がわからずに「不安な時」は、直接確認してみよう

▼自分勝手な思い込みが、真実を見えなくする

10 「怒りの感情を緩和する」と覚悟を決めよう

▼怒りは、放置すると増幅する

第1章のポイント

第2章 怒りをコントロールする10の技術

01 不愉快だと思ったことでも、まずは「そのまま」受け入れよう

▼いったん受け入れることで、少し気持ちが落ち着く

02 「イラッ!」としたら、深呼吸をしよう

▼新しい感情に意識を向かわせる

03 長引く怒りは、その体験から得た「プラス面」を紙に書き出してみよう

▼つらい経験でも、ポジティブに捉える

04 人に何かをしてあげた時、自分から「見返り」を期待しない

▼期待通りの返答や行動がないと、人は怒りを抱きやすい

05 あらかじめ、「自分が期待すること」を公表しておこう

▼「わざわざ言わなくても、相手はわかってくれる」は誤解のもと

06 「理性のない人」の批判は気にしない

▼自分を批判するに値する人物かどうかを見極める

07 「いつも怒っている人」は受け流そう

▼承認欲求が満たされていない人への対処法

08 自分にとって「大切な事項」は、我慢せずに意見を伝えておこう

▼怒りを溜め込むと、いつか暴発する

09 特定の人に対する怒りは、「許す」ことで軽減できる

▼架空の手紙を書いたり、プラスの言葉を口にしたりする

10 相手の意見を受け止めれば、「相手の反応」が変わる

▼パターンを変える

第2章のポイント

第3章 職場でイライラしない8つの技術

01 上司が怒り出したら、冷静に心の中で「実況中継」してみよう

▼第三者になって観察することで、適度な距離感を保てる

02 理不尽な命令でも、「将来の夢のための修行」だと思えば辛抱できる

▼辛抱しても、我慢はしない

03 細かいことに口を出す上司に当たったら、あなたが活躍できる「チャンス」

▼細かく指示を出す上司は、自分に自信がない

04 責任逃れする上司には「事実」を報告するが、「反論」はしない

▼伝えるべきことは伝えて、後は時期を待つ

05 言うことがコロコロ変わる上司には、とりあえず「YES」と答える

▼まず「YES」と言っておき、後で状況を相談しながら進める

06 無神経な人には怒るのではなく、「きちんと言葉で」説明する

▼迷惑している理由を客観的に伝えた方が理解を得やすい

07 同僚や部下の愚痴にイライラしたら、あえて話を「最後まで」黙って聞く

▼ひたすら聞き役に回ることで、人間関係が良くなる

08 「不公平な人事」に腹が立っても、今できることに全力を尽くそう

▼他人との比較が怒りの感情を生む

第3章のポイント

第4章 怒りを仕事に活かす7つの技術

01 理不尽な要求には、「抑えた怒り」を見せる

▼怒りで交渉を有利にする

02 仕事に「緊張感」を持たせるには、あえて怒りが生まれる環境にする

▼怒りでチームをまとめる

03 仕事で成功するために、怒りを「自分のエネルギー」に変える

▼怒りを成功への起爆剤にする

04 マンネリを打ち破るためには、「競争心」を煽る

▼怒りの感情は、人間を創造的にする

05 リスクを恐れずに行動するには、「怒りの感情」を誘発する

▼怒りはリスクにチャレンジする原動力

06 怒りは、「今のやり方では上手くいかない」という情報を教えてくれる

▼怒りの感情は大切な情報

07 目上の人や上司に怒る時は、「不快感の通告」を行う

▼仕事に役立つ正しい怒り方

第4章のポイント

第5章 どうしても我慢できない怒りを静める7つのトレーニング

01 怒りは、自分にとって「必要な感情」であることを再認識する

▼怒りの感情に善悪はない

02 怒っている自分を「もう一人の自分」から客観的に眺める

▼遠離法と離心法

03 平常時と同じように、「ゆっくり深く」呼吸する

▼怒りを静める呼吸法 その一

04 リラックスするために、「瞑想」で呼吸を整える

▼怒りを静める呼吸法 その二

05 静かに自分の「心の中」を見つめる

▼怒りを静める「内観」を習慣にする

06 意図的に「笑う」ことで、心も明るく前向きになれる

▼笑顔は緊張をほぐし、リラックスさせる

07 怒らない体質を作るには、少しだけ「他人が喜ぶ行動」を取る

▼自分のために、ほかの人の喜ぶことをする

第5章のポイント

PR

秀和システム