図解入門ビジネス 最新契約書の見方・作り方がよーくわかる本

概 要

契約書は、ビジネスに欠かせない重要な書類です。しかし、契約書を自分で書こうとすると、何をどう書けばいいのかわからない方も多いのではないしょうか。本書は、法律知識のない方向けに契約書の基礎知識から紛争の対処まで、契約で失敗しないための知識と交渉のコツを解説した入門書です。売買契約書のチェックポイントや契約全般でチェックすべき条項など、すぐに役立つ知識が満載です。巻末には各種契約書のサンプル付き。

著者 髙野浩樹
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4781-2
発売日 2016/9/28
判型 A5
ページ数 200
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 契約の基本知識

1-1 契約とは?

1-2 なぜ契約書を作成するのか?

コラム 契約と約束の違い

1-3 契約自由の原則と例外

1-4 契約締結の際の心構え

1-5 契約書の基本構成

1-6 記名(署名)・押印のしかた

1-7 契約書の訂正・契約内容の変更のしかた

1-8 注意するべき契約の概念・表現

コラム 手付とは

第2章 契約書で注意するべき条項

2-1 契約書の検討の基本

2-2 契約期間・履行期限

2-3 期限の利益喪失条項

コラム 期限の利益喪失条項からわかること

2-4 契約解除に関する条項

2-5 任意解約条項

2-6 損害賠償に関する条項

2-7 表明保証条項・完全合意条項

2-8 裁判管轄条項

2-9 後文と契約日付け

コラム 誠実協議条項は法的意味があるか?

第3章 契約の基本「売買契約」について知ろう

3-1 売買契約とは?

3-2 売買契約書のポイント

コラム 取り込み詐欺に注意

3-3 目的物の特定・代金に関する条項

3-4 納入・検収に関する条項

3-5 所有権移転に関する条項

3-6 危険負担に関する条項

3-7 目的物の不具合に関する条項

3-8 製品事故・クレーム対応に関する条項

コラム 売買代金の債権回収において知っておくべきこと

第4章 仕事の依頼「請負契約」「業務委託契約」について知ろう

4-1 請負・業務委託契約とは?

4-2 請負契約・業務委託契約のポイント

4-3 発注・委託内容を定める条項

4-4 下請負・再委託に関する条項

4-5 担保責任に関する条項

4-6 知的財産権に関する条項

コラム 第三者の知的財産権を侵害しないことの保証のリスク

第5章 お金の貸し借り「貸金契約」について知ろう

5-1 貸金契約とは?

5-2 貸金契約書のポイント

5-3 保証人の設定

5-4 公正証書のメリット

5-5 債務弁済契約・準消費貸借契約

第6章 契約のトラブルが生じたときは?

6-1 トラブルへの初期対応

6-2 内容証明

6-3 支払督促

6-4 訴訟

6-5 和解による解決

コラム 和解をすることは不合理か?

6-6 和解契約で留意するべき事項

6-7 訴訟に付随する手続(保全処分・強制執行)

第7章 契約書を検討する際の視点

7-1 イメージの重要性

7-2 契約において留意するべき事項

コラム 契約書の用語の解釈が争われた事件

第8章 民法改正で契約のここが変わる!

8-1 債権法改正について

8-2 保証人制度の変更

8-3 売買契約に関する改正① 買主の救済手段の強化

8-4 売買契約に関する改正② 危険負担制度の変更

8-5 請負契約に関する改正

8-6 貸金契約に関する改正

8-7 法定利率の変更

8-8 時効制度① 消滅時効

8-9 時効制度② 時効の完成をストップする制度

巻末資料 書式サンプル集

取引基本契約書

売買契約書

業務委託契約書

工事請負契約書

貸金契約および連帯保証契約書

債務承認弁済契約書

準消費貸借契約書

内容証明

訴状ひな型

和解契約書

PR

秀和システム