初対面の相手でも不安ゼロ! の会話術

概 要

人と話すのが苦手で緊張してしまう。特に、初対面の人との会話では体が震えるほど……。そんな悩みを克服するのに必要なことは、まず自分を信じること。本書は、プロインタビュアーとして活躍してきた著者が、1万人との会話から見つけた、初対面の相手でも不安ゼロになる会話術を解説します。自分の思い込みを外すなど簡単な積み重ねからはじめて、会話を続けるコツ、感謝される聞き方など実践的な会話術のノウハウが身につきます。

著者 佐藤智子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4819-2
発売日 2017/3/10
判型 四六
ページ数 244
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 初対面の相手と会話する時に感じる不安とその対処法

初対面の相手と会話するのが苦手という人に、まずお伝えしたいこと

苦手な人が感じる不安・ 相手に自分が見下されていないか不安

苦手な人が感じる不安・ 相手に自分が失礼なことをしていないか不安

苦手な人が感じる不安・ 相手を怒らせていないかどうか不安

苦手な人が感じる不安・ 相手にうまく聞けているか不安

苦手な人が感じる不安・ 相手が愚問と感じることを言っていないか不安

苦手な人が感じる不安・ 相手の時間をムダに使わせてしまっているのではないかという不安

苦手な人が感じる不安・ 相手に「面倒くさいな」と思わせているのではないかという不安

苦手な人が感じる不安・ 相手にいい気分、いいイメージで会話を終わらせられているか不安

第2章 不安を抱えていると会話は続かない

会話は相手に興味を持つことから始めれば大丈夫

人は安心できる人に話します

相手を理解しようとする気持ちは伝わります

人は好意的に接してくれる人には好意的に接します

自分が心を開けば、相手も心を開きます

「お会いするのを楽しみにしてきました」の一言が相手の心をつかみます

第3章 実は「初対面の相手」との会話は楽しい

相手を観察して打ちやすいボールを投げてあげよう

「なかなか答えてくれない人」にはイエス・ノー質問が効果的

着地点を決めていれば、言葉が出てきます

初対面は「新しい自分」になれるチャンス

「新しい自分」を発見し、演じて楽しもう

大丈夫、相手を怒らせても関係がよくなることもあります

第4章 会話はリアクション! いい反応ができれば会話も弾む

人の話の中に、自分の知りたい情報が埋もれています

聞いてほしいことは、相手が自ら発信しています

情報バンパイアになっていませんか?

相手の言いたいことを代弁すると喜ばれます

話を聞くことは共感することです

相手を話す気にさせていますか?

話す前に、観察して情報をつかもう

会話はエネルギー交換です

その人らしさを知るための「最短質問」があります

いいところ探しをするクセをつけましょう

意外に知らないリアクションの大切さ

誰でも、その人特有のキーワードを持っています

相手の気持ちに寄り添えていますか?

怪しまれる聞き方をしていませんか?

聞き出そうとすると、かえって失敗します!

あなたしだいで、相手は「今の自分の状態」に気づけます

相手を沈黙させてしまう質問があるのです

第5章 実践!「初対面の相手でも不安ゼロ」の会話術

「聞き出す」から「引き出す」へ

会話をして、相手が一番喜ぶことは何でしょうか?

反応、返答でキャラクターがわかります

相手から感謝される聞き方があります

新しい出会いで「新しい自分」に気づけます

どんな話でもムダな話はありません

インタビューは、なぜ効果的なのでしょうか?

いつでもできるインタビュートレーニングで口慣らしをしましょう

相手は鏡。自分の気持ちが伝わってしまうのです

相手から情報をもらうだけではダメなのです

会話がうまくいっても二度と会ってもらえない落とし穴があります

短い時間でも、その人がわかる「いい質問」

臨機応変に、その人に合わせた質問をするコツ

疑問をそのまま聞くのはNGです

聞く内容が毎回定番になっていませんか?

相手が話の内容を変えた時、どうすればいいでしょうか?

説明が長い時、相手はこう思っています

PR

秀和システム