頑張らなくとも一日3200万円売れました。

概 要

営業とは「がんばって売ること」だと思っていませんか? 実は、その思い込みこそ、あなたの営業が失敗する原因だったのです。本書は、40歳・パート・未経験にもかかわらず営業職に飛び込み、たった一日で3200万円の売上を達成した著者による、誰にでもできて面白いほどモノが売れる「こころの営業」の解説書です。コミュニケーションが苦手な人でも、考え方をほんの少し切り替えるだけで、面白いほどモノが売れるようになります!

著者 坂本玖実子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4821-5
発売日 2016/10/28
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

プロローグ 強く願えば、必ずかなう!

第1章 食べるために始めた飛び込み営業で得たヒント

●カッコがいいから、で選んでしまった仕事

●いまも昔も煙たがられた化粧品の訪問販売

●誰でもマザー・テレサの境地に近づける

●ほんの少しのイメージングでここまで変わる

●ノルマにとらわれない営業を目指す

●よりスムーズにお役に立てる人に会う方法

●自分自身が幸せになれる仕事に就くには

第2章 パートのおばさん、頑張らないで奇跡を起こす

●応募資格はなくとも入社する方法

●入社三日で売上げ150万を計上した理由

●資格はときに「武器」になる

●ご購入されないお客様にも味わっていただくものとは?

●入社初年度で2000万円売った理由

●頑張らなくても「売上げ目標」は達成できる

●「買ってください」と言わない

●お客様を見た目で判断していませんか?

●「ご予算」を勝手に決めない

●「買うつもりはない」お客様に3200万円ご購入いただく

●なぜ3200万円という売上げが達成できたのか?

第3章 パートのおばさん、気づいたら管理職になる

●あまりに大きな状況の変化に戸惑ったら

●「センスの磨き方」ってどこで学ぶ?

●1800人の人材育成はどうやればできる?

●上司に提案を却下されてしまったなら

第4章 気の小さいセールスパーソンのための「こころの営業」とは

●売れる人になるための第一条件とは?

●苦手なお客様はどう思うべき?

●お客様の信頼度がすぐに上がる方法とは?

●お客様は「欲しいモノ」をわかっていない

●潜在ニーズをつきとめる「聞く力」

●「お客様が思いつかない商品」を勧める理由

●わずかな気配りがもたらすもの

●お客様が提案を受け入れてくださる会話術

●知らずにお客様を否定してしまったらどうする?

●「提案力」を磨くためにできること

●売上げに直結しない提案は必要?

●「そっとしておく」ときと「背中を押す」とき

●「男性」と「女性」、それぞれのお客様への対応は?

●どうすればいい? 人気商品を嫌うお客様

第5章 どうしても売れないときの「こころのリカバリー術」

●いま売れないのは、一体どうして?

●うまくいかないことが続いたときは……

●クレームのお客様はどう対応すればいい?

●嫌なタイプは、なぜ現れるのか?

●嫌なことに効く魔法の言葉

●「こころ」が変われば、何が変化する?

第6章 一流の人に学んだ「やさしさ」というセールスマインド

●大塚家具トップ営業に学ぶセールス術

●本当に売れる人は、競争しない

●つねに基本は「利他のこころ」

●「感謝の気持ち」は必ずつながり合う

●ブレイクの瞬間はいつやって来る?

PR

秀和システム