看護の現場ですぐに役立つ 術前・術後ケアの基本

概 要

新人看護師にとって術前・術後の看護は非常に神経を使います。迅速に適切な看護をするには、患者のどこを見て、何を記録するのか、準備するもの、患者の既往や術後の合併症リスクなどの観察ポイントを事前にまとめなければなりません。本書は、新人看護師向けに術前・術後看護における必須の基礎知識と、効率よく必要な情報を収集し、アセスメントする技能が身につくスキルアップノートです。患者さんが安心できる看護師になれます!

著者 大口祐矢
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-4836-9
発売日 2016/11/29
判型 B5
ページ数 136
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

chapter1 術前から術当日の準備

術前オリエンテーション

術前検査とその見方

●column 術前検査は絶対に必要なの?

中止する薬

●column 注意したいサプリ

●column 降圧薬の種類と作用の仕方

術前訓練

術前処置

当日の申し送り

chapter2 麻酔の基本

麻酔の目的

麻酔の方法と種類

麻酔の副作用・合併症

chapter3 帰室準備

術後のベッドと部屋の準備

●column 術後ベッドに枕はいらないの?

●column インフォームド・コンセントとインフォームド・アセント

chapter4 術直後の観察ポイント

手術侵襲

麻酔の覚醒

●column グラスゴー・コーマ・スケール(GCS)って?

バイタルサイン

呼吸状態

●column 異常呼吸にはどんなものがある?

創部

疼痛状況

●column 痛みの評価

ドレーン

排尿

●column サードスペースって何?

輸液

●column 1分間の滴下数の計算方法

シバリングとショック

chapter5 ハイリスク患者

高血圧

●column 高血圧ってどんな状態?

糖尿病

●column 浸透圧利尿って?

肥満

●column 肥満だと術後合併症になりやすい?

喫煙

●column 手術患者と禁煙

高齢者

●column 終末期医療のあり方

●column エホバの証人と倫理

chapter6 術後合併症

術後出血

●column 輸血製剤の適応

呼吸器合併症

縫合不全

●column 縫合糸の分類

●column 創傷の治癒過程

術後せん妄

術後感染症

●column 手術部位感染の分類

●column 全身性炎症反応症候群:SIRS(サーズ)

●column 多臓器不全症候群とは?

術後疼痛

術後イレウス(術後腸管麻痺)

●column イレウスといえば金属音?

深部静脈血栓症

●column 足背動脈の触知は不要?

appendix 資料

呼吸機能のアセスメント

循環機能のアセスメント

栄養・代謝機能のアセスメント

排泄のアセスメント

術後合併症が出現しやすい時期

PR

秀和システム