2級建築士 学科試験 要点チェック 2017年版

概 要

2級建築士は合格率30%前後の難関資格です。合格のためには過去問の攻略が欠かせませんが、覚えるべきポイントの把握も容易ではありません。本書は、追い込みの時期に繰り返し取り組めるよう要点をわかりやすくまとめた、2級建築士学科試験の対策テキストです。重要語句が赤文字になっているので、赤シートを使えば穴埋め問題にもなります。合格には不可欠な「一見正しいけれど間違っている」引っ掛け問題への対策も万全です!

著者 山野大星、廣瀬幸男、長島茂、上田耕作、久本晴一郎
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4850-5
発売日 2016/12/6
判型 A5
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

2級建築士試験のしくみ

2級建築士試験に合格するには

受験案内

学科試験出題傾向

建築系資格試験概要

■計画

・計画原論(建築環境工学)

屋外気候

空気環境・室内気候

湿り空気線図

換気・通風

伝熱

結露

断熱性・気密性

熱貫流率

熱損失・熱損失係数

日照・日射・採光

光と色彩

環境工学融合

用語と単位

・建築設備

空気調和設備

換気設備

給水・給湯設備

排水・衛生設備

電気・照明設備

防災・消防設備

環境・省エネ計画

設備融合

用語

・建築史

日本建築史

西洋建築史

近代建築史

建築計画各論

独立住宅

集合住宅

高齢者などに配慮した一戸建住宅の計画

事務所ビル

商業建築

文化施設

医療・福祉施設

図書館・教育施設など

建築物の各部の寸法および床面積

窓または扉など・屋根・住宅の生産方式

高齢者や身体障がい者などに配慮した建築物

まちづくり・住宅地の計画

■法規

用語の定義

建築手続

確認申請

面積・高さ等の算定

一般構造

採光

構造強度

構造計算

内装制限

避難施設等

防火区画

防火地域・準防火地域

用途地域

敷地等と道路

容積率

建ぺい率

高さ制限

日影制限

耐火・防火

雑則・その他の規定

建築士法

長期優良住宅法

バリアフリー法

耐震改修促進法

住宅品質確保法

関係法令融合

■構造

単位・用語

力の計算とつりあい

反力

応力

トラス

・断面の性質

断面2次モーメント

断面1次モーメント

断面係数

応力度

座屈

その他

・荷重・外力

積載荷重および積雪荷重

風圧力

風圧力の計算

地震力

・構造計画

構造設計

耐震診断・耐震補強

地盤・基礎

・木造・材料

木材

木質系材料

・木造・構造

耐力壁

構造設計

床組

小屋組

和室

階段

その他の部位

接合

枠組壁工法

・鉄筋コンクリート造・材料

コンクリート

セメント

調合表

圧縮強度試験

・鉄筋コンクリート造・構造

構造一般

各部の設計

帯筋比の計算

・壁構造

壁式鉄筋コンクリート造

補強コンクリートブロック造

・鉄骨造・材料

鋼材

鋼材の引張試験

・鉄骨造・構造

部材の設計

溶接接合

ボルト接合

建築材料

■施工

請負契約

仕様書

工程管理

工程表

施工計画

管理計画

作業主任者の選任

廃棄物の処理

工事監理業務

仮設工事

地盤調査

杭工事

土・地業工事

基礎工事

鉄筋工事

型枠工事

コンクリート工事

鉄骨工事

補強コンクリートブロック造工事

木工事

防水工事

屋根工事

左官工事

タイル・石工事

塗装工事

建具工事

ガラス工事

内装工事

設備工事

断熱工事

改修工事

測量

施工機械および器具

建築積算

建築士(建築設計)適性診断

PR

秀和システム