自然会話ロボットを作ろう! Raspberry PiとArduinoで作る人工知能

概 要

AIブームをきっかけとして、多くのITベンダから音声認識や自然会話など人工知能のクラウドサービスが提供されるようになりました。さらに、若年層向け教育用Raspberry Piコンピュータボードと組み合わせれば初心者でも低予算で人工知能を体験できます。本書は、手頃な予算で人口知能自然会話コミュニケーションロボットを体験する入門書です。Raspberry Piに人工知能を組み込み、さらにArduinoを使って身振りも付けてみましょう!

著者 鄭立
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-4863-5
発売日 2016/12/17
判型 B5変
ページ数 240
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 00 イントロダクション

00-01 人工知能

00-01-01 人工知能とは

00-01-02 人工知能クラウドサービス

00-02 人工知能自然会話

00-02-01 音声入力

00-02-02 音声認識

00-02-03 自然会話

00-02-04 音声合成

00-02-05 Raspberry Piで人工知能会話の実現

00-03 コミュニケーションロボット

00-03-01 産業用ロボットと非産業用ロボット

00-04 マイコンボード

00-04-01 Raspberry PiとArduino

Chapter 01 Raspberry Piを使い始めよう

01-01 Raspberry Piボード

01-01-01 本章の学習で必要なもの

01-01-02 Raspberry Pi 2とRaspberry Pi 3

01-01-03 Raspberry Pi 3ボード

01-02 動作環境

01-02-01 開発中のRaspberry Piの保護

01-02-02 USB-AC電源アダプタ

01-02-03 microSDカード

01-02-04 ディスプレイとHDMIケーブル

01-02-05 キーボードとマウス

01-02-06 無線LAN環境

01-03 OSをインストールする

01-03-01 OSセットアップのダウンロード

01-03-02 セットアップファイルをmicroSDカードに書き込み

01-03-03 周辺機器をつなげる

01-03-04 Raspbian(OS)のインストール

01-03-05 LXTerminalターミナル

01-03-06 無線LANに接続

01-03-07 日本語フォント

01-03-08 日本語入力

01-03-09 システムアップデート

01-03-10 タイムゾーンの設定

01-04 Raspberry Piを使う

01-04-01 タスクバー

01-04-02 シャットダウン

01-04-03 サンプルファイルをRaspberry Piにコピー

01-04-04 Raspberry Piのファイルをパソコンにコピー

01-04-05 バックアップ

01-04-06 イメージ復元

01-05 プログラム言語と開発

01-05-01 Python言語

01-05-02 開発環境Python IDLE

Chapter 02 ラズパイで人工知能会話を実現しよう

02-01 音声入力

02-01-01 本章で必要なもの

02-01-02 USBマイクロホンの認識

02-01-03 サンプリングレート

02-01-04 音声データフォーマット

02-01-05 音声入力コマンド

02-01-06 音声処理ライブラリsoxのインストール

02-01-07 音声入出力のカード番号

02-01-08 音声入力のカード番号の確認

02-01-09 再生のカード番号の確認

02-01-10 音声入力音量の設定

02-01-11 再生音量の設定

02-01-12 音声出力先の設定

02-01-13 再生音声の確認

02-01-14 音声入力のテスト

02-01-15 音声入力データの再生

02-01-16 音声入力テストのPythonプログラム

02-01-17 音声入力test-listen.pyの実行

02-02 音声認識

02-02-01 クラウドサービスの使用

02-02-02 Google APIキーの取得

02-02-03 Google Speech APIの利用

02-02-04 JSONデータフォーマット

02-02-05 音声認識テストのPythonプログラム

02-02-06 音声認識プログラム「test-recognize.py」の実行

02-03 雑談会話

02-03-01 docomo APIキーの取得

02-03-02 docomo雑談会話APIの利用

02-03-03 雑談会話テストのPythonプログラム

02-03-04 雑談会話「test-dialogue.py」の実行

02-04 音声合成

02-04-01 Open JTalkで日本語音声を合成

02-04-02 Open JTalkのインストール

02-04-03 Open JTalkの使い方

02-04-04 音声合成テストのPythonプログラム

02-04-05 音声合成「test-speak.py」の実行

02-05 ラズパイでの人工知能会話

02-05-01 必要なライブラリと設定の確認

02-05-02 人工知能会話のPythonプログラム

02-05-03 人工知能会話プログラム「ai-dialogue.py」の実行

Chapter 03 自作の自然会話ロボットを作ろう

03-01 Arduinoを使う

03-01-01 Arduino Unoボード

03-01-02 Arduinoの開発環境

03-01-03 Arduinoのスケッチ

03-02 ロボットの器官を作ろう

03-02-01 ロボット関節-サーボモータ

03-02-02 ロボットの目-LED

03-02-03 ロボットの口-スピーカ

03-02-04 ロボットの耳-マイクロホン

03-02-05 ロボットのボディ

03-03 ロボットのインタフェース

03-03-01 シリアル通信の設定

03-03-02 シリアル通信のテスト

03-03-03 インタフェース回路

03-04 ロボットを動かす

03-04-01 ロボットの音声制御

03-04-02 Raspberry Piのプログラム

03-04-03 ロボットを組み立てる

03-04-04 ロボットを動かしてみる

Chapter 04 Rapiroで自然会話ロボットを作ろう

04-01 二足人型ロボットRapiro

04-01-01 本章の学習で必要なもの

04-01-02 Rapiroとは

04-01-03 Rapiroがどのように動くか

04-01-04 Rapiroの制御基板

04-01-05 ロボット制御スケッチ

04-02 Rapiroの組み立てと調整

04-02-01 ロボットの組み立て

04-02-02 初期姿勢調整

04-03 人工知能会話Rapiroを作る

04-03-01 スピーカとアンプ回路

04-03-02 人工知能会話Rapiroの組み立て

04-03-03 人工知能会話Rapiroと会話しよう

PR

秀和システム