Pythonプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本

概 要

PythonはDjangoを始めとしたWebアプリケーションフレームワークが充実しており、非常に使い勝手のよいプログラミング言語です。本書は、Pythonをはじめて学ぶ方向けに、Pythonの基礎からWebアプリの開発、人工知能の一種であるディープラーニングの実装までを楽しくわかりやすく解説します。基本的な文法からブラウザ上で動くブラックジャックゲームの作成、さらに作成したゲームを人工知能にプレイさせる方法まで学べます。

著者 Shannon Lab株式会社
価格 本体2700円(税別)
ISBN 978-4-7980-4868-0
発売日 2016/12/22
判型 B5変
ページ数 352
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Pythonの基礎を習得しよう

1-1 Pythonに親しもう

●Pythonってなんだ?

・コードが見やすい

・豊富なライブラリが使える

・すぐに実行できる軽量言語

1-2 はじめの一歩、簡単なコードを実行しよう

●インタプリターに直接入力してみよう

1-3 数値計算をしてみよう

●基本的な演算

●変数を利用した計算

●加算代入で変数の値を増やす

1-4 文字列と入出力関数を使ってみよう

●ブラックジャックゲームでも使用するprint関数とinput関数

●文字列を記述して変数に代入する

●文字列を+で連結する

●print関数を使って画面にメッセージを出力しよう

●input関数を使ってキーボードから文字列を読み込もう

●数値と文字列の四則演算はエラーになる

●文字列に数値を埋め込む

●raw文字列とは?

●メソッドと関数の違い

●条件式で値を比較する

・比較演算子

・論理演算子

1-5 コードをファイルに書いてみよう

●プログラミングするための準備

●準備1 文字コードを指定しよう

●準備2 インデントを半角スペース4つに統一しよう

●注意1 タブ文字と半角スペースを混ぜてはいけない

●注意2 変数を書いただけではその内容を表示しない

●注意3 半角スペースを見つけるのが難しい

●pythonコマンドでスクリプトを実行しよう

●ソースファイル中にコメントを書こう

1-6 if文による分岐

●if文の記述方法を理解しよう

1-7 繰り返し処理

●while文とfor文の記述方法を理解しよう

●while文

●for文

●range関数でC言語風のfor文ループ

●for文の中でfor文で繰り返す

1-8 複数の値を持つデータ構造

●リスト、辞書とは?

●リストとは?

・リストの作成と値の参照

・リストの更新

・空のリスト

・リストへの要素の追加と削除

●タプルとは?

●joinメソッドを使って文字列を連結する

●辞書とは?

・辞書の作成とキーからの参照

・値の上書き

●辞書を連結する

●辞書をfor文で反復する

●二重構造の辞書

1-9 breakとcontinue

●プログラムを制御するには

1-10 値の型を知ろう

●type関数を使ってみよう

●リテラルは値を記述するためのルール

●文字列のリテラル

●整数のリテラル

●実数のリテラル

1-11 とても便利なリスト内包表記

●for文を使ったリストの作り方

●リスト内包表記でトランプカードのデッキを作ってみよう

1-12 関数について

●なぜ関数が必要になるのか?

●自分で関数を作るには?

●関数を使ってみよう

1-13 ソースファイルをモジュールとして使う

●関数はこんな使い方もできる!

●モジュールを任意の名前でインポートする

●モジュール名から特定の機能だけをインポートする

1-14 例外処理について

●エラーになってプログラムを終了しないようにしたい

●再入力させるようにするには?

第2章 ブラックジャックゲームを作ってみよう

2-1 プログラムを作る前の準備をしよう

●これまでの知識プラスαでプログラミングを体験しよう!

●ゲームで使用するもの

・トランプ

●ゲームの登場人物

・プレイヤー

・ディーラー

●勝敗の判定

・手札(カード)のポイント

・ルール

・チップ

・ゲームの流れ

2-2 ブラックジャックゲームのプログラムを作ろう

●ループと条件でゲーム進行か終了か判断させよう

●トランプデッキを作ってシャッフルをしよう

・randomモジュールって何? どうやって使う?

・カードをシャッフルするプログラムを作ろう

●カードを配る処理はどう考えればいい?

2-3 手札のポイントを数えるには?

●手札のポイントを数えよう

●手札のJ、Q、Kの扱いを考えよう

●手札の「A」の扱いを考えよう

2-4 実際のゲームの手札の表示の仕方を考えよう

●手札の中身を表示してみよう

2-5 ゲームの進行を考えよう

●プレイヤーターンの処理

・スタンドの処理

・ヒットの処理

・ダブルの処理

●プレイヤーターンを関数化しよう

●ディーラーターンの処理

●ディーラーターンを関数化しよう

●ベットするときの処理を書いてみよう

●勝敗の決定

●ブラックジャックゲームの完成

第3章 Webアプリを作ってみよう

3-1 Djangoを使おう

●Djangoとは?

●Djangoを導入しよう

3-2 実際に動かしてみよう

●プロジェクトの作成

●サーバーでDjangoを起動してみよう

3-3 Djangoで文字を表示させよう

●文字をWebブラウザに表示させよう

●Djangoのプロジェクトとアプリケーション

・アプリケーションを作ろう

●文字を表示するコードを書こう

3-4 画像を表示させよう

●テンプレートとrender関数

●トランプの画像の用意

●HTML文書の作成

●テンプレートファイルを使えるようにする

●views.pyの改良

●urls.pyの修正

●ブラウザでアクセスしてみよう

3-5 テンプレートにデータを当てはめよう

●render関数にデータとテンプレートを渡す

●views.pyに新しくwelcome関数を作ろう

●urls.pyへの追加

●ブラウザでアクセスしてみよう

●テンプレートで条件分岐を使おう

●view関数を作る

●テンプレートで繰り返しを実現しよう

3-6 Djangoにデータを送る

●POSTとGET

●POSTメソッド

●view関数を作ろう

●フォームからトランプの画像を選んで表示させよう

3-7 Djangoでデータを保存する

●データを保存する

●Redisを使う

●実際に動かしてみよう

●セッション

●ログインシステムを作ってみよう

第4章 ブラックジャックゲームをWeb上で遊べるようにしよう

4-1 Djangoで実装するにあたって

●Webアプリにするために考えなければならないこと

●必要なデータは何かをまとめてみよう

●処理の流れを考えてみよう

4-2 Djangoで実装しよう

●文字のみでブラックジャックゲームを作成しよう

●ゲームページを作る

・bjgame.htmlの作成

・views.pyの作成

・urls.pyの編集と作成

4-3 ブラックジャックゲームを完成させよう

●きれいに表示するために

●動かしてみよう

4-4 作ったものをサーバーで動かしてみよう

●前準備、知識

●環境を用意しよう

●wsgi.pyの編集

●settings.pyの編集

第5章 体験しよう! カードゲームに人工知能的なプログラミング!?

5-1 人工知能的なプログラミングとは?

●人工知能を支える認識技術

●ディープラーニングとは?

5-2 ディーラーの行動を人工知能に任せる?

●ディーラーの戦略とは

5-3 人工知能を使ったディーラーと対戦してみよう

●対戦してみよう!

5-4 プログラムの概説

●今回使ったライブラリ

・Numpyとは?

・Theanoとは?

・Kerasとは?

・Pandasとは?

●ブラックジャックゲームを人工知能で

・どのように学ばせる?

5-5 今回使用した人工知能の仕組み

●Q-Learningとは?

5-6 DQNとは?

●DQNの考え方

●コラム

pipの応用的な使い方

アドレス、ポート番号の指定

正規表現

テンプレートにオブジェクトを渡す

Redisのデータを消すには?

サーバー環境

資料

資料1 Pythonのインストール

資料2 エディタの導入

●atomエディタを導入する

資料3 ターミナルについて

●サーバーへの接続

●覚えておきたいLinuxコマンド

●使い方の具体例

資料4 Gitについて

資料5 サーバーにあるファイルの変更

資料6 WindowsでのCentOSの環境と動作確認の手順

●VMware Workstation Playerのインストール

●CentOSのインストール

●VMware Workstation Playerでのサーバー環境構築

●IPアドレスの調べ方

PR

秀和システム