図解入門業界研究 最新スポーツビジネスの動向がよーくわかる本

概 要

2020年の東京オリンピックを控え、スポーツビジネス業界が活気づいています。しかし、高度成長期の流れに乗っていればよかった前回の東京オリンピックとは異なり、現代ではビジネス感覚に基づいた戦略と戦術が不可欠です。本書は、スポーツビジネスの歴史や成功例、現状、課題、将来性などをエピソードと共に解説した業界研究書です。スポーツビジネス業界への就職・転職を考えている人、業界について知りたい人におすすめします。

著者 湯浅真弥
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4889-5
発売日 2017/1/24
判型 A5
ページ数 234
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 スポーツ界が抱える課題

1-1 ビジネスと捉えていない経営者

1-2 議論を呼ぶルール改正

1-3 不況で撤退する実業団チーム

1-4 マイナースポーツの苦悩

1-5 体質改善が急務の競技団体

1-6 激減する地上波のスポーツ中継

1-7 選手の海外挑戦による人気低下

1-8 育成に重くのしかかる個人負担

1-9 五輪の莫大な開催費用と跡地利用

1-10 忍び寄るドーピング問題

1-11 国際機関の汚職事件

コラム ビジネスマンとしても一流だったアーノルド・パーマー

第2章 スポーツ関連の仕事の種類と内容

2-1 日本のプロスポーツ

2-2 監督やコーチへの道

2-3 審判になるには

2-4 チームの縁の下の力持ち

2-5 運営会社職員の一日

2-6 職人としての施設管理者

2-7 マスコミはファンとの懸け橋

2-8 スポーツとイベントの関係

2-9 スポーツ医療関連の資格と専門職

2-10 スポーツ用品会社に就職する

コラム 日本の審判はフェアか

第3章 プロスポーツ選手のサポートビジネス

3-1 プロスポーツ選手の年収

3-2 契約交渉を担う代理人

3-3 プロスポーツ選手の現役期間と引退

3-4 プロ野球スター選手の引退後

3-5 厳しさを増す第二の人生

3-6 競技団体のセカンドキャリア支援

3-7 選手の権利を守る労働組合

3-8 アメリカのプロスポーツの年金制度

3-9 スポーツ選手の肉体を管理するトレーナー

3-10 用具作りの職人は「現代の匠」

コラム 名選手や名監督は名GMにあらず?

第4章 地方再生とスポーツ

4-1 地方再生の現状

4-2 地方自治体のスポーツ行政

4-3 地域社会に貢献するスポーツ団体

4-4 プロスポーツの誘致に成功した自治体

4-5 下部リーグからのチャレンジ

4-6 プロ野球選手を輩出する独立リーグ

4-7 スポーツイベント開催の明暗

4-8 練習場を提供する地方自治体

4-9 Jヴィレッジがもたらす利益

4-10 地方に広がるプロスポーツ

コラム スーパーリーグはBリーグに続けるか

第5章 スポーツ界の

ベンチャービジネス

5-1 アメリカのスポーツベンチャー

5-2 スポーツとIT・リムレット

5-3 収集と解析・データスタジアム

5-4 「遊び場」ラウンドワン 1

5-5 「遊び場」ラウンドワン 2

5-6 結果にコミット・ライザップ

5-7 totoとブックメーカー

5-8 サッカー留学の斡旋

5-9 自宅にパーソナルトレーナー

5-10 個人でできるニュービジネス

5-11 スポーツツーリズムの可能性

コラム 障がい者の記録が世界記録となるとき

第6章 スポーツ界の人材育成

6-1 体育大学のいま

6-2 スポーツ推薦入学の現状

6-3 体育大学卒業生の進路

6-4 スポーツ学を新設する大学

6-5 日本体育大学

6-6 日本工学院専門学校

6-7 特殊なスポーツを学べる学校

6-8 裾野から支える少年スポーツ

6-9 現代の若者の弟子生活

コラム リオオリンピックを総括する

第7章 スポーツマーケティング

7-1 スポーツマーケティングとは

7-2 市場調査の重要性

7-3 スポンサーを獲得する

7-4 メディア戦略の重要性

7-5 成功モデルとなったJリーグ

7-6 Jリーグを検証する

7-7 Bリーグは成功するのか

7-8 アルビレックスの街・新潟

7-9 ロッテはなぜいつも満員か

7-10 FCバルセロナの世界戦略

7-11 アスレチックスの大逆転

コラム 角界に名跡は必要か

第8章 スポーツビジネスの未来と可能性

8-1 スポーツ文化を育む地域クラブ

8-2 エリート養成機関の誕生

8-3 スポーツに論理と客観性を

8-4 若者に人気のエックスゲームズ

8-5 国境を越えるスーパーラグビー

8-6 次世代を担う各界の改革者

8-7 AR/VRと未来のスポーツ

8-8 スポーツ経営コンサルタント

8-9 市場はどこまで拡大するか

8-10 いつでもどこでもスポーツ観戦

コラム スポーツビジネスで復活を目指す京大アメフト部

第9章 各種競技団体と関連行政機関

9-1 日本野球機構

9-2 日本サッカー協会

9-3 日本相撲協会

9-4 日本プロゴルフ協会 1

9-5 日本プロゴルフ協会 2

9-6 日本プロボクシングコミッション

9-7 日本中央競馬会

9-8 スポーツ庁

9-9 日本オリンピック委員会

コラム 「山の日」の経済効果

第10章 医療とフィットネス

10-1 生活習慣病の予防と運動

10-2 ロコモと健康寿命

10-3 子供の体力の低下

10-4 終わらないダイエット戦争

10-5 中高年とフィットネス

10-6 多様化するフィットネスクラブ

10-7 リハビリを指導する理学療法士

10-8 海外のフィットネス事情

10-9 スポーツとサプリメント

コラム 中国はスポーツ大国なのか

PR

秀和システム