世界でいちばん簡単な ネットワークのe本[最新第4版] ネットワークとTCP/IPの考え方がわかる

概 要

インターネット技術はISDN、ADSL、FTTHと進化してきました。しかし、根幹となるネットワーク技術は何も変わらず、インターネット黎明期から「TCP/IP」という通信技術はそのまま変わらず使い続けられています。本書は、目まぐるしく変化するIT技術のなかにあって、なお古くならない唯一の技術「ネットワーク」の仕組みや考え方を解説した入門書です。TIP/IPやプロトコルの考え方が基礎からわかります。豊富な例題や練習問題付き。

著者 金城俊哉
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4894-9
発売日 2017/1/20
判型 A5
ページ数 236
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

準備編

第1章 通信ケーブルを流れる電気信号

Section 01 コンピューターのデータ

コンピューターは2進数で動いている

ビットとバイトがコンピューターの基本単位

Section 02 コンピューターのデータはこんな形

データが保管されている場所

ハードディスクからメモリへ

Section 03 電気の信号って何だろう

コンピューター内部で使われる信号

コンピューターネットワーク用の信号

電気信号はどこで作られるのか

Section 04 信号をやり取りするための約束事

プロトコルは通信を行うための約束事

信号が表す意味も決めておく

Section 05 物理層のプロトコル

家庭や企業で使用されるイーサネット

イーサネットにおける物理層のプロトコル

イーサネットの体系

練習問題

まとめ

基本編

第2章 データをかたまりにして運ぶ仕組み

Section 01 パケット

回線交換方式とパケット交換方式

通信データをまとめたパケット

パケット通信がコンピューターに向いている理由

Section 02 データリンク層のプロトコル

データリンク層の役割

LANでおなじみイーサネット

MAC(マック)フレーム

MACフレームを届ける前の合図

MACフレームができるまで

Section 03 LAN接続の実際

複数のコンピューターをつなぐには

Section 04 データ同士の衝突

どうしてデータ同士が衝突するのか

データの衝突を回避するCSMA/CDという仕組み

賢いLANスイッチ

練習問題

まとめ

データ編①

第3章 通信データを遠くのコンピューターに届けるための仕組み

Section 01 通信したい相手を探す

相手のMACアドレスを調べるためのもう一つのアドレス

MACアドレスを調べるためのプロトコル、ARP(アープ)

ARPでアドレス解決

LANスイッチのアドレステーブル

Section 02 ネットワーク層のIP

イーサネットの限界

IPはインターネット用に開発されたプロトコル

Section 03 IPパケットが歩む道のり

IPパケットの行き先を決めるルーティングテーブル

どこのLANなのかを示すネットワークアドレス

コンピューターのルーティングテーブルを見てみよう

パケットの中継に欠かせないルーター

Section 04 IPアドレスとIPの働き

IPアドレスを管理するICANN

プライベートIPアドレスを使ってLANを構築する

IPヘッダーの構造

IPはデータの分割も行う

IPヘッダーにはタイマーが埋め込まれている

練習問題

まとめ

データ編②

第4章 通信データをアプリケーションソフトに届けるための仕組み

Section 01 トランスポート層のプロトコル

トランスポート層の役割

質実剛健、TCP

寡黙な頑張り屋、UDP

TCPとUDPの決定的な違い

ポート番号でアプリケーションソフトを判断

ポート番号などの情報を記録しておくためのソケット

Section 02 TCPの働き

TCPでコネクション

データの分割

データが届いたかどうかのチェック

データ量の調節

受信するデータ量の調節

ふくそう制御でネットワークの混雑を回避

受信側はフロー制御、送信側はふくそう制御で

データ量をコントロール

Section 03 TCPヘッダーとUDPヘッダー

TCPはヘッダーで会話をする

UDPはシンプルに動く

練習問題

まとめ

通信アプリ編

第5章 通信用アプリケーションソフト

Section 01 アプリケーション層のプロトコル

アプリケーション層の役割

Section 02 Web用のアプリケーションソフト

ホームページとWebページ

WebブラウザーとWebサーバー

Webを支えるHTTP

レスポンスメッセージ

Webページが表示されるまで

Webページにはプログラムも埋め込まれている

Webページに埋め込まれたプログラム

Webサーバーで実行されるプログラム

Section 03 メール用のアプリケーション

メールを送受信するための2つのプロトコル

メールが送信された状況を記録するメールヘッダー

日本語は別のデータに変換される

ASCII文字以外の情報も送れるようにしたMIME

SMTPでメールデータをサーバーへ

メールサーバー同士でメールを転送

メールソフトで自分あてのメールを受信

練習問題

まとめ

インターネット編

第6章 インターネットの仕組み

Section 01 TCP/IP インターネットモデル

インターネットを実現するTCP/IP

TCP/IPインターネットモデルはRFC文書の集大成

ネットワークの仕組みを勉強するならOSI基本参照モデル

Section 02 コンピューターを識別するドメイン名

ドメイン名はコンピューターの別名

DNSはドメイン名のタウンページ

Section 03 インターネット上におけるデータの分割

MSSを通知してもデータが分割されることがある

Section 04 インターネットの構造

ネットワークの接続点、IX

練習問題

まとめ

仕上げ編

第7章 ブロードバンドとWindowsネットワーク

Section 01 ADSL

超高速のアナログ伝送を実現するADSL

12Mビット/秒のADSLに使われている高速化技術

20Mビット/秒のADSLに使われている高速化技術

ADSLモデムの役割

Section 02 ADSLでインターネットにアクセス

ADSLではPPPを使ってユーザー認証

ADSLモデムとコンピューターの接続

NAPTで複数のコンピューターをインターネットに同時接続

ADSLでインターネットに接続されるまでの道のり

ADSLの通信速度はリンク速度のテストで決定

Section 03 FTTH

光の点滅でデータを送るFTTH

FTTHの全体像

Section 04 Windowsネットワークのプロトコル

Windowsネットワークのプロトコル

NetBIOS名とワークグループ名

コンピューターの一覧が表示される仕組み

NetBIOS名とIPアドレスの関係

Section 05 最新のWindowsネットワーク

ここが変わった最新のWindowsネットワーク

練習問題

まとめ

発展技術編

第8章 VPN、無線LAN、IP電話

Section 01 VPN

誰でも利用できるインターネットを専用線のように使う「VPN」

Section 02 無線LAN

親機は「アクセスポイント」で子機は「無線LANアダプター」

無線LANの「電磁波」

無線LANで機器同士を接続する仕組み

無線LANの規格について知っておこう

Section 03 IP電話

IP電話はインターネットを利用して通話を行う

IP電話は広い意味で「インターネット通話全体」を指す

練習問題

まとめ

資料編

練習問題の解答

用語索引

コラム

コンピューターのデータ単位

頭隠してもお尻が出てる?

ブロードキャスト

RWIN値で回線速度のスピードアップ

「NSLOOKUP」による名前解決

PR

秀和システム