1級建築士 学科試験 要点チェック 2017年版

概 要

1級建築士の学科試験は、合格率10%台の難関試験です。過去の出題を暗記するだけでは合格できず、かといって学習範囲をむやみに広げても、学習効率は上がりません。合格への近道は過去問を繰り返し解いて地力をあげることです。本書は、過去6年分の1級建築士学科試験を徹底分析して、基本から応用まで要点をまとめた試験対策問題集の2017年版です。重要語句は赤字になっているので、赤シートで穴埋め問題としても使えます。

著者 山野大星、上田耕作、佐藤光則、真田一穂、小林猛、根本毅
価格 本体2800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4898-7
発売日 2017/1/20
判型 A5
ページ数 288
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

・1級建築士試験のしくみ

・1級建築士試験に合格するには

・受験案内

・学科試験出題傾向

・建築系資格試験概要

・計画

建築士

建築史

計画一般

住宅・集合住宅

商業建築

公共建築

高齢者施設

都市計画

積算

マネジメント

・環境・設備

換気

室内気候、熱、結露

日照、日射、採光

照明

色彩

音の性質、透過損失、音響計画

省エネ法とその他の手法

空調設備

給排水衛生設備

電気設備

防災設備

・法規

用語の定義

面積・高さ等の算定方法

制度規定(確認申請)

制度規定(建築手続)

制度規定(建築手続、構造適判)

一般構造

耐火・防火

避難施設等

内装制限

建築設備

構造強度

道路

用途地域

容積率・建ぺい率

高さ制限

耐火・準耐火

建築協定等

雑則等融合問題

バリアフリー

耐震改修促進法

品確法

建築士法

都市計画法

消防法

関係法令融合

・構造

不静定次数

静定ばり

静定ラーメン

トラス

断面の諸性質

応力度とひずみ度

部材の変形

不静定構造物

座屈

振動

全塑性モーメント

崩壊荷重

荷重・外力

耐震設計・構造計画

地盤と基礎構造

鉄骨構造

鉄筋コンクリート構造

木質構造

その他の構造

建築材料

・施工

施工計画

現場管理

材料管理

品質管理

申請届出

地盤調査

仮設工事

土工事・山留め工事

地業工事

杭地業工事

鉄筋工事

型枠工事

コンクリート工事

鉄骨工事

プレキャスト鉄筋コンクリート工事

防水工事

木工事

左官工事・タイル工事(石工事)

ガラス工事

内外装工事

設備工事

用語

各種工事

改修工事

請負契約

・建築士(建築設計)適性診断

PR

秀和システム