図解入門ビジネス 最新金融の基本とカラクリがよーくわかる本[第3版]

概 要

2007年のサブプライム問題、2008年のリーマンショック、2009年のギリシャショック、2012年からはじまったアベノミクス、2016年のマイナス金利。金融を取り巻く環境はこの10年間で大きく様変わりし、現在もなお激しく変化しています。本書は、初心者向けに金融の基礎知識や最新情報を、図表やイラストをつかってわかりやすく解説した入門書です。株式やFXの投資にあたって、最低限知っておくべき知識やリスクがわかります!

著者 久保田博幸
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-4917-5
発売日 2017/3/4
判型 A5
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 お金の基礎知識

1-1 お金の仕組み

1-2 貨幣と紙幣

1-3 お金の歴史

1-4 日本の通貨の歴史

1-5 日本銀行の生い立ち

1-6 お金の信用の歴史

1-7 管理通貨制度

1-8 お金の製造、発行、流通

1-9 電子マネーと仮想通貨

1-10 フィンテック

1-11 世界の通貨単位

第2章 日本銀行の役割

2-1 日本銀行の目的

2-2 日銀の3つの役割

2-3 日銀総裁とは

2-4 金融システムの安定と最後の貸し手

2-5 準備預金制度と日銀当座預金

2-6 日銀のオペ

2-7 日銀のオペの変遷

2-8 以前の日銀の金融政策の手段

2-9 非伝統的な金融政策

2-10 異次元緩和の登場

2-11 マイナス金利政策からイールドカーブ・コントロールへ

2-12 日銀の金融政策の問題点

第3章 金融機関の役割

3-1 銀行の種類

3-2 その他の民間金融機関

3-3 政府系金融機関(政策金融機関)

3-4 間接金融と直接金融

3-5 銀行の役割

3-6 貸出

3-7 信用創造機能

3-8 決済機能

3-9 マイナス金利政策による金融機関への悪影響

第4章 政府の役割

4-1 金融と政府の役割

4-2 金融商品取引法

4-3 金融庁の役割

4-4 財務省の役割

4-5 金融と国債の関わり

4-6 ソブリンリスク

4-7 国債の残高増加と財政再建

4-8 政府と日銀

4-9 金融に関わる国際会議

第5章 市場とは何か

5-1 見えざる手

5-2 証券取引所の役割

5-3 取引所における価格の形成

5-4 株式市場の役割

5-5 為替市場の役割

5-6 債券市場の役割

5-7 金融デリバティブ市場

5-8 金融市場のこれまでの動き

5-9 世界の金融市場

5-10 高頻度取引と取引所

第6章 外国為替の仕組み

6-1 外国為替の取引とは何か

6-2 外国為替の取引市場

6-3 為替レートの形成

6-4 為替市場の変動要因

6-5 外国為替相場の仕組み

6-6 外国為替市場の参加者

6-7 外国為替取引のリスクとコスト

6-8 為替介入の必要性

6-9 外国為替取引の歴史

第7章 株の仕組み

7-1 株のイメージ変化

7-2 株の取引とは

7-3 株価の変動要因

7-4 株取引のリスク

7-5 株の取引方法とコスト

7-6 証券取引所の役割変化

7-7 証券会社の役割

7-8 株取引の参加者

7-9 株主資本主義の流れ-M&AとTOB

7-10 日本における株の歴史

第8章 債券の仕組み

8-1 債券とは何か

8-2 債券の取引とは

8-3 債券価格と利回り

8-4 債券の種類

8-5 債券価格の変動要因

8-6 債券の取引コスト

8-7 債券取引のリスク

8-8 債券における市場参加者

8-9 国債の役割とその安全性

8-10 国債発行の歴史

第9章 短期金融市場の役割

9-1 短期金融市場とは何か

9-2 短期金融市場の歴史

9-3 コール市場

9-4 手形市場

9-5 国庫短期証券(TDB)市場

9-6 債券現先市場と債券貸借市場

9-7 CD・CP市場

9-8 短期金融市場の参加者

9-9 日々の資金需給

第10章 金融デリバティブの基礎知識

10-1 金融デリバティブとは何か

10-2 日本における金融デリバティブ取引

10-3 金融先物取引

10-4 金融オプション取引

10-5 スワップ取引

10-6 金融デリバティブ取引の参加者

10-7 金融デリバティブ取引の特徴

10-8 仕組み債と金融デリバティブ

コラム 債券先物取引の経験から

第11章 海外市場への投資

11-1 海外への投資

11-2 海外市場の見方

11-3 ヘッジファンドの投資手法

PR

秀和システム