Webコピーライティングの新常識 ザ・マイクロコピー

概 要

Webサイトのたった2文字を書き換えただけで売り上げが1.5倍に伸びた! あなたはそう聞いて、何をしたのか想像できるでしょうか。実は、アマゾン、フェイスブック、グーグルなど急成長する企業が実践する特別なコピーライティング術があるのです。本書は、スマホ時代のWebに適した「マイクロコピー」でビジネスの売り上げを伸ばすためのノウハウを解説します。文章を書くのが苦手な方でも、この方法ならユーザーの心を鷲掴みです!

著者 山本琢磨
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-4924-3
発売日 2017/8/25
判型 A5
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 マイクロコピーの魅力

1 そもそもマイクロコピーとはなにか

2 マイクロコピーがもたらす効果

3 マイクロコピーが効果を出しやすい理由

第2章 マイクロコピー改善の準備

1 ウェブ解析ツールを導入する

2 毎日レポートを眺めて数字に慣れる

3 達成すべき明確なゴールを設定する

4 A/Bテストを活用する

5 Googleアナリティクス以外の高機能ツールを検討する

6 マイクロコピーが機能するための前提条件をチェックする

7 優れた事例をたくさん見る

第3章 思わずクリックしたくなる強力なコンバージョンボタンのマイクロコピー

1 コンバージョンボタンのマイクロコピーの重要性を意識する

2 ボタンラベルではベネフィットを伝える

3 ボタン周りにクリックトリガーを添える

4 ユーザビリティを高めるためにもマイクロコピーを使う

5 簡潔なコピーにする

6 アクション指向の言葉を使う

7 タイミングワードを使う

8 お試しできることや試用期間を伝える

9 数字で伝える

10 社会的証明の原理を使う

11 節約できることを伝える

12 推薦の声を伝える

13 保証、アフターサービス、リスクフリーを伝える

14 小さな支援(寄付)を求める

15 アイコンのユーザービリティ向上にマイクロコピーを使う

16 リンクで約束したことは必ず守る

第4章 会員獲得を容易にするサインアップフォームのためのマイクロコピー

1 サインアップせずにサービスを利用できる方法を用意する

2 本当に必要な個人情報だけ預かる

3 まず自分から情報を積極的にオープンにする

4 「なぜこの情報がサインアップに必要なのか」を伝える

5 SNSに自動投稿しないことを伝える

6 テンプレートを過信しない

7 サインアップによるメリットを伝える

8 ヘッドラインやブレット(箇条書き)にもマイクロコピーを使う

9 ユーザーの行動を正しい方向へガイドする

10 登録内容を変更できることを伝える

第5章 読者をラクに増やすメルマガ購読フォームのマイクロコピー

1 メールマガジン購読フォームの設置場所を増やす

2 魅力的なヘッドラインを用意する

3 リードコピーでメルマガの個性を際立たせる

4 購読フォームエリアで推薦文やスパム対策、配信頻度を伝える

5 サイトの個性に合わせてユニークなポップアップを使う

6 メールマガジンのフッターには解除リンクを挿入する

7 購読完了ページにもマイクロコピーを添える

8 確実にメール、オファーが届くまでガイドする

9 Do-Not-Reply(返信しないで)は使わない

第6章 サポート精神あふれるお問い合わせページのマイクロコピー

1 カスタマーサポート精神をBasecamp.comに学ぶ

2 メッセージの返信までの目安時間を伝える

3 サイト内のヘルプリンクを貼る

4 形式張らずに自由記入で聞く

5 細部の箇所のコピーにもとことんこだわる

6 記入項目が多い場合はコミットメント・チェックボックスを使う

第7章 スムーズに記入を促すプレースホルダーのマイクロコピー

1 消えては困る情報はラベルに表示する

2 ユーザーをガイドし、楽しませる

3 サイト内検索の利用を促す

4 ユーザーの使い方に合わせて、適切なマイクロコピーを入れる

5 記入しやすいフォームラベルにする

第8章 相手の心を汲み取るエラーメッセージのマイクロコピー

1 会話的な言葉遣いをする

2 専門用語を使わない

3 あいまいさを回避する

4 ユーザーを責めない

5 建設的なアドバイスをする

6 ヒントを与える

第9章 口コミが広がりバズる404ページのマイクロコピー

1 カスタム404ページを用意する

2 404を自分の言葉に書き換える

3 共感・同調型のメッセージで伝える

4 具体的な解決策を示し、コンバージョンの機会損失を防ぐ

5 独自の企業文化を伝える

6 遊び心いっぱいに

7 商品ページへ誘導する

第10章 ユーザー体験をもたらすマイクロコピー集

1 動画のマイクロコピー

2 ブランディングのためのマイクロコピー

3 ユーザーの行動をねぎらうマイクロコピー

4 使い方をガイドするマイクロコピー

5 フォーム記入の必要性を高めるマイクロコピー

第11章 オリジナルのマイクロコピーの作り方

1 ワークシートを使って考える

2 お客さんの不安、懸念、疑問にスポットを当てる

3 顧客に寄り添って考える

4 ユーザーテストでヒントを見つける

5 コンテキストを意識する

6 全体が1つとなるような、なめらかなフローを設計する

7 マテリアルデザインを参考にする

PR

秀和システム