ユダヤから学んだモノの売り方

概 要

高校中退、所持金1500円だった著者が、年商50億を稼ぐ経営者に成長した秘密は、ユダヤ系商社で学んだ「ユダヤ流マーケティング」のノウハウでした! 本書は、商売に長けたユダヤ人の発想を学んだ著者による、学歴・業界経験一切不要のユダヤ流マーケティングの入門書です。マーケティングの初心者でもわかるように柔らかい語り口で、モノを売るための極意を紹介します。日本人が不得意とするマーケティング力が身につきます!

著者 立川光昭
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4933-5
発売日 2017/4/8
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに 所持金1500円だった私が、億単位で稼ぐようになった理由

プロローグ 高校中退の私がユダヤ系商社に入社するまで

第1章 ユダヤ系商社で学んだマーケティングの本質

ユダヤ人から徹底的に叩き込まれたビジネスの真髄

基本は「お客さん」を見つけてからはじめるだけ

日本人は「足し算」、ユダヤ人は「かけ算」でモノを売る

世界一ドライで、理にかなったやり方

とにかく責任追及のユダヤ式会議術

ユダヤ式「徹底的に考える」仕事術

ビジネスのアイデアはいつ生まれる?

ユダヤ流に感じた疑問点

日本人の感性を生かしたマーケティングは可能か?

第2章 売るモノを選ばない「ユダヤ流マーケティング」の真髄

なぜ不便な場所にあるバイクショップに、大勢のお客さんが集まるようになったのか?

好立地だからといってうまくいくわけではない

主力商品で差別化できないのなら、どうする?

大きな失敗をし、仕事の本質に気づかされる

マーケティングの力を未経験の業界で試す

アイデアだけでどこまで注目を集められるか?

身を守るためにも「立ち位置」を決めることは重要

小さな美容クリニックはいかにして予約殺到になったのか?

強豪でないスポーツチームの運営はどうやればうまくいくか?

マーケティングで学習塾の活性化は可能か?

一度自分自身の「売り」を考えてみる

第3章 初年度で売上げ50億円達成! 電力会社も成功させる「マーケティングの力」

なぜ電力会社の料金はどこも変わらないのか?

なぜほとんどの消費者は電力会社を変えないのか?

あなたは誰からなら電気を買うでしょうか?

サッカーチームは電力を売ることができるか?

業界の素人にしかできないこと

第4章 たいていの業界は“買う人”を見つけていない

とびぬけて美味しいラーメン店はなぜ続かないのか?

その場所では、何を売れば儲かるのか?

どうすれば顧客目線は持てるのか?

その値段は「高い」か「安い」か?

CMはどこで打てば、ターゲットに響くか?

売りたいモノを売らずに実績をつくる方法

マーケティングには「長期的視野」も必要

第5章 モノを売るのに学歴なんていらない

頭がいい人でもモノは売れない!?

お金がなくてもできること

マーケティングは、結局何からはじめるべきか?

自分には「できない」で終わらせない

遠慮なく自分のやりたいことを語ろう

あとがき これからの日本を変えるのはマーケティングである

PR

秀和システム