子ども・パートナーの心をひらく「聴く力」

概 要

子どもの口数が減った。学校に行きたがらない。どうしたのと尋ねても答えてくれない。夫や妻、祖父や祖母の気がふさぎがち。こんな時、家族の心を開いてコミュニケーションをとるにはどうすればいいのでしょうか? 本書は、傾聴カウンセラーとして活躍する著者が、親子関係や夫婦関係がうまくいかず悩んでいる方向けに、相手の心に寄り添って信頼関係を築く「傾聴」の技法をやさしく解説します。ただ「聴く」だけで関係は変わります!

著者 辰由加
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-4936-6
発売日 2017/6/20
判型 四六
ページ数 192
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ただ「聴く」だけで関係は変わる

1 「息子の話を聴ける母親」になりたい

2 「家族に対してカウンセリングはできない」のが定説

3 「息子のために」は、実は「自分のため」

4 中学生になった息子の反乱

5 「聴く」チャンスを逃さないために準備したこと

6 わずか5分の「傾聴」が息子との関係を変えた

第2章 相手の気持ちに寄り添う「聴き方」の基本

1 話し手の秘密を守る

2 「話したい」と思わせる環境と関係をつくる

3 相手を主人公にして「聴く」

4 ジャッジやアドバイスをしない

5 相手を無条件に肯定する

6 「同感」せずに「共感」を持って聴く

7 興味本位の質問はしない

8 答えは相手の中にある

第3章 すぐ実践できる「聴く」ための技法

1 「徹底的に聴いている」ことを相手に伝える技術

2 うなずき、あいづちを打ちながら、相手の感情を拾う

3 事柄と感情は分けて聴く

4 話を要約し、まとめて言い返す

5 「要約」の練習をする

6 相手を認める、相手を褒める

7 質問するときには相手に心の準備をさせる

第4章 「聴く」ことのできる自分をつくる

1 カウンセリング三条件の一つ「自己一致」とは

2 「今、この瞬間の自分の感情」のつかみ方

3 自分を理解し、判断の基準を広げよう

4 自分の長所・短所を見つける

5 自分の思い込みに気づこう

6 主観から客観へ視点を変える

7 不安から自分を守る「防衛機制」を知っておこう

8 「たてまえ」と「偽の本音」と「本当の本音」

9 伝えるときは人を傷つけない「Iメッセージ」を使おう

10 自分の今の感情をつかむ?モヤモヤはどこから来る?

11 「心配の愛」ではなく「信頼の愛」を

12 相手にOKを出せたら、自分にもOKを出そう

第5章 「聴く」という愛でつながろう

1 信じることから始めよう

2 「傾聴を学ぶこと」の本当の意味

3 聴くために自分を変える必要はない

4 聴く側も自分の声を聴くことができる

5 肉親の話を聴けなかった経験から得たもの

6 ただ聴いてくれる存在の大切さ

あとがき 1

「聴ける自分をつくる」とは、自分を愛し、大切にすること

あとがき 2

「抱っこしてくだしゃ~い(号泣)」

おねがいですぅ~。おかぁ~しゃぁ~ん。

PR

秀和システム