三流残業をやめて 幸せになる技術

概 要

残業時間だけがダラダラ長く、仕事は進まない。誰よりもハードに働いているのに結果が出ない。そんな方は三流残業の罠にはまっているかもしれません。本書は、月残業140時間だったチームの残業時間を10時間に減らしながら、業績を大幅アップさせた著者が、ムダな残業をカットするための具体的なノウハウをストーリー仕立てでわかりやすく解説します。思考整理のためのフセン術、メールにかける時間の改善法など今すぐ使える技が満載です!

著者 上田恭子
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4954-0
発売日 2017/3/4
判型 四六
ページ数 240
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 仕事の進め方・時間の使い方を変えてみる

頭の中を整理するには、フセンを使う

自分で自分を下げる発言をしない

今の状況を改善するヒントは、感情の中にある

成長を加速させるには、時間の質を上げる

残業には、一流と三流があることを知っておこう

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第2章 時間をさらに意識してみる

仕事の前に1日のイメージをしておくと、時間を有効に使える

はじめての仕事は、不測の事態に備えて空白の時間を作っておく

はじめての仕事は、完成イメージと行程を明確にしておく

仕事を受ける時は、相手に合った対策をしておく

勝手に妄想して、相手を悪者にしない

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第3章 メールにかける時間と質を改善する

仕事に集中するため、メールは読む時間帯を決める

メールは件名でソートをかけた後、最新のメールだけを読む

長文のメールを避けるには、必要以上の感情や意見を入れない

メールを何度も読むムダを省くため、開封したらすぐに処理する

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第4章 良い人間関係が最大の時間効率化

価値があるのは、一流残業

一度考えたことは、二度考えない

失敗は経験値が増えただけ。自分を責めて自信を失わないこと

コミュニケーションの悪化が原因で、時間を失うこともある

物事を進める時は、ネガティブな感情にひたらない

良好な関係は、時間を生み出す

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第5章 今の仕事や職場、本当に合っている?

今の職場が合わないなら、体力があるうちに転職活動してもいい

仕事より大切なもの、それは自分の身体と命

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第6章 自分の評価を上げる技術

人事評価は目標設定時に80%決定している

目標設定に重要な3つのポイントとアクション

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第7章 自分の思考を広げる

人生に起こることは、すべて意味がある

本来の自分に合った夢が持つ力は、想像を超えるパワーとなる

自分の在り方、生き方を決める

お金の使い方には、その人の思考が表れる

自然の中でしかもらえないエネルギーもある

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第8章 戦ってもいい時がある

客観的事実が明白で大義があれば、戦ってもよい

学んだことのまとめ(綾乃のノート)

第9章 これから大切にしていくこと

私からのメッセージ

PR

秀和システム