看護の現場ですぐに役立つ 検査値のキホン

概 要

血液検査、尿検査など臨床検査値は、治療の方針や薬の処方等を検討する上での重要な指針です。昨今では、院外処方箋に血液検査の値が表示されるなど、重要度を増しています。本書は、忙しい看護師さん向けに実践ですぐに役立つ検査値の基礎知識を、イメージしやすいイラスト付きでわかりやすく解説した入門書です。ベテラン看護師による補足説明が随所にあるので、看護師になりたての方からベテランの方まで幅広く参考にしてください。

著者 中尾隆明、岡大嗣
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-4977-9
発売日 2017/3/23
判型 B5
ページ数 138
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

chapter1 検査値とは

検査値ってなに?

検査値と薬の関わり

血液検査ってなに?

column 共用基準範囲

chapter2 血液系・凝固系検査

白血球数

赤血球

ヘモグロビン、ヘマトクリット、赤血球恒数

血小板

column 血小板数と肝臓の繊維化

プロトロンビン時間-国際標準比

chapter3 タンパク質・酵素系検査

総タンパク

アルブミン

アルブミン・グロブリン比

C反応性タンパク

アルカリフォスファターゼ

乳酸脱水素酵素

クレアチンキナーゼ

アミラーゼ

column 病名を理解するポイント①

chapter4 腎機能・肝機能・胆道系検査

血液尿素窒素

column 様々な腎機能の指標

血清クレアチニン

アスパラギン酸アミノトランスフェラーゼ

アラニンアミノトランスフェラーゼ

γ-グルタミルトランスペプチダーゼ

総ビリルビン、間接ビリルビン、直接ビリルビン

尿酸

chapter5 脂質系・糖質系検査

総コレステロール

中性脂肪

HDLコレステロール

LDLコレステロール

グルコース/血糖値

グリコヘモグロビンA1c

column 病名を理解するポイント②

chapter6 ミネラル系検査

ナトリウム

カリウム

カルシウム

無機リン

マグネシウム

column ヘム鉄と非ヘム鉄

chapter7 尿検査

尿検査ってなに?

尿量

尿比重

尿pH

尿タンパク

尿糖

尿潜血

column ビタミンCは尿検査に影響を与える

尿中ケトン体

参考文献

索引

PR

秀和システム