はじめてのPhotoshop CC 2017

概 要

Photoshopは、デザイナー、写真家、Web制作者、イラストレーターなどプロが使う本格的なレタッチツールです。しかし、あらゆる業界で使われるソフトだけに、機能が多く難解なソフトだといわれています。本書は、初心者向けにPhotoshop CCを使って写真を思い通りに修正する手順をわかりやすく解説しました。画像の色調を変更する、合成画像を作る、遠近感のある画像を平面に変形するなど、様々な使い方が知識ゼロでもすぐに身につきます。

著者 桐生彩希
価格 本体1780円(税別)
ISBN 978-4-7980-4988-5
発売日 2017/3/21
判型 B5変
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 Photoshop CCを使ってみよう

1 Photoshop CCって何? どんなことができるの?(Photoshop CC)

2 Photoshop CCの画面の名称を知っておこう(Photoshop CCの画面構成)

3 画像ファイルを開いてみよう(編集したい画像を開く)

4 Photoshop CCの画面を使いやすく並べかえてみよう(パネル類の再配置)

5 画像の表示を拡大/縮小してみよう(ズームツールやピクセル等倍)

6 編集した画像を保存するには(別名で保存)

7 わからないことを調べるには(オンラインヘルプ)

第2章 画像を編集する機能を覚えよう

8 イメージと違った画像を編集して自分のイメージ近づけられる(編集機能)

9 編集内容に応じてPhotoshopの画面を使いやすくする(ワークスペース)

10 ツールバーの使い方と設定方法を覚えよう(ツールバー)

11 複数の画像を同時に並べて表示してみよう(ウィンドウ表示/タブ表示)

12 画像から必要な部分だけを切り抜いてみよう(切り抜きツール)

13 画像を回転してみよう(画像の回転/レイヤーの回転)

14 傾いて写っている写真を水平にしてみよう(ものさしツール/レイヤーの角度補正)

15 操作を間違ったり結果が違うときは作業を取り消そう(取り消し/1段階戻る)

16 何段階も戻って作業をやり直すには(ヒストリー)

17 何度も繰り返す作業や複雑な手順を自動化してみよう(アクション)

18 いろいろな選択範囲を作ってみよう(選択範囲機能)

19 ドラッグするだけで簡単に選択するには(クイック選択ツール)

20 同じ色だけを簡単に選択してみよう(自動選択ツール)

21 クイックマスクを使って選択するには(クイックマスク)

22 選択範囲をさらに広げたり削ったりしてみよう(選択範囲の追加/削除/加工)

23 選択範囲の境界部分を調整するには(選択とマスク/属性機能)

24 選択範囲を保存して再利用してみよう(選択範囲を保存/「チャンネル」パネル)

25 選択範囲を一気に塗りつぶす(塗りつぶし/カラー)

26 好きな模様やパターンで画像を塗りつぶしてみよう(塗りつぶし/パターン)

27 ブラシツールの使い方を覚えよう(ブラシツール/鉛筆ツール)

28 オリジナルのブラシを作ってみよう(ブラシを定義)

29 調整したツールの設定を保存しよう(プリセット)

30 画像のピクセル数を変更したり解像度を設定するには(画像解像度)

31 描画する色を設定したり登録するには(描画色を設定/「スウォッチ」パネル)

32 作業中の画像の複製を作るには(複製/複製を保存)

33 Webやブログ用の画像として保存するには(書き出し形式)

34 グラデーションを作って描画してみよう(グラデーションツール)

35 RGB画像をCMYKに変換するには(プロファイル)

第3章 画像の色を補正したり修正しよう

36 色が悪かったり暗い画像をきれいにできる(フォトレタッチ)

37 画像を自動的に補正してみよう(自動補正機能)

38 ヒストグラムの見方とパネルの使い方を覚えよう(ヒストグラム)

39 調整レイヤーを使って補正するには(調整レイヤー)

40 調整レイヤーで部分的に補正をするには(調整レイヤー/レイヤーマスク)

41 画像の明暗やコントラストを補正するには(明るさ・コントラスト)

42 鮮やかな色彩にするには(自然な彩度/色相・彩度)

43 明るさとコントラストを整えてみよう(レベル補正)

44 黒や白をはっきりさせるには(黒点を設定/グレー点を設定/白色点を設定)

45 メリハリのある仕上がりにするには(トーンカーブ)

46 逆光などで暗い画像を明るくするには(シャドウ・ハイライト)

47 レトロな印象の色調にしてみよう(カラールックアップ)

48 蛍光灯や電球の灯りで偏った色を直すには(カラーバランス)

49 特定の色を補正するには(特定色域の選択)

50 ポストの色を赤から青に色を変えてみよう(色相・彩度/[色相]スライダー)

51 赤だけを別の色に置き換えよう(色の置き換え)

52 写り込んだ障害物を消去するには(スポット修復ブラシツール/パッチツール)

53 画像の一部分を一回で簡単に移動するには(コンテンツに応じた移動ツール)

54 モノクロやモノトーンの画像にするには(白黒)

55 画像を加工するフィルター機能を使ってみよう(フィルターギャラリー)

56 画像をシャープにするには(スマートシャープ)

57 ぶれた画像をシャープにするには(ぶれの軽減)

58 ざらついたノイズを軽減するには(ノイズを軽減)

59 遠近感やゆがみを補正するには(レンズ補正)

60 写真を絵画のような色彩に変えてみよう(HDRトーン)

第4章 画像を合成したり加工する機能を覚えよう

61 大胆に画像を加工して大胆な作品がつくれる(画像の合成とレイヤー)

62 水平や垂直の目安となるグリッドを表示してみよう(グリッド)

63 レイヤー機能の仕組みを覚えよう(レイヤー機能)

64 レイヤーを重ねたり編集してみよう(レイヤーパネルの操作方法)

65 レイヤー上の画像を移動したり変形してみよう(移動ツール)

66 レイヤー上の画像や画像全体を反転するには(変形/画像の回転)

67 レイヤーを透明にして部分的に補正しよう(レイヤーマスク)

68 合成のコツを覚えよう(「選択」+「コピー」+「ペースト」)

69 合成した画像を自然に仕上げるには(レイヤーマスク)

70 遠近感の強い画像をまっすぐに切り抜くには(遠近法の切り抜きツール)

71 建物のゆがみを緻密に正すには(遠近法ワープ)

72 複数のレイヤーをひとつにまとめるには(画像を統合)

73 「ペンツール」でパスを描画するには(ペンツール/パス)

74 パスを使って対象物を切り抜くには(ペンツール/パスを選択範囲に変換)

75 ふわふわした被写体をきれいに切り抜くには(選択/マスク)

76 ボケを自在にコントロールするには(フィールドぼかし/虹彩絞りぼかし/チルトシフト)

77 文字を入力するには(文字ツール/ポイントテキスト)

78 テキストボックスを作って文字を入力してみよう(文字ツール/段落テキスト)

79 ラインや図形に沿って文字を入力するには(文字ツール/パス/シェイプ)

80 入力した文字を編集してみよう(テキスト編集)

81 文字をゆがめて変形してみよう(ワープテキスト)

82 定規で引くように直線や矢印線、点線を描くには(ラインツール/ペンツール)

83 図形を描画するには(カスタムシェイプツール)

84 文字や図形を立体的にしよう(3D機能で文字の立体化)

85 レイヤーに特殊な効果を付けるには(レイヤースタイル)

86 思いどおりの表情に加工してみよう(ゆがみフィルタ)

87 レイヤーを規則的に並べるには(移動ツール)

第5章 画像を出力してみよう

88 画像をプリントしてみよう(印刷)

89 用紙の大きさに合わせてプリントしてみよう(プリント設定/メディアサイズに合わせて拡大・縮小)

90 思い通りのサイズや位置にプリントするには(大きさや位置決め)

91 インデックスプリントを作るには(コンタクトシートⅡ)

92 プリントの余白に色を付けるには(背景色の設定)

第6章 Bridge CCで画像の整理と管理をはじめよう

93 画像を管理してみよう(Photoshop CCとBridge CC)

94 Adobe Bridge CCの画面構成を見てみよう(Adobe Bridge CC)

95 サムネールの大きさを見やすく調整しよう(サムネールの調整方法)

96 特定のフォルダーに素早くアクセスするには(お気に入り)

97 サムネールを縦横に回転するには(サムネールの回転機能)

98 画像を拡大して表示するには(拡大表示)

99 画像を並べて比較するには(フィルムストリップ)

100 サムネール一覧の並び順を変えるには(並べ替え)

101 いらないサムネールを削除するには(サムネールの削除と除外)

102 サムネールを★印の数で分類してみよう(レーティング機能)

103 色付きのラベルでサムネールを分類しよう(ラベル)

104 編集する画像をコレクションに集めて作業しよう(コレクション)

105 画像に著作権を設定するには(メタデータ)

106 複数のサムネールをひとつにまとめるには(スタック)

107 ファイル名を一括で変換する(ファイル名をバッチで変更)

資料 DATA

1 「レベル補正」機能の特徴を覚えよう(レベル補正)

2 「トーンカーブ」機能の特徴を覚えよう(トーンカーブ)

3 色合わせを設定する(カラー設定)

4 「プロファイルなし」や「不一致」が表示されたら(プロファイル)

5 自動保存とバックグラウンド保存機能の設定(バックグラウンドで保存)

6 Photoshop CCのパフォーマンスを設定する(メモリ割り当て、取り消し回数やヒストリー数の設定)

PR

秀和システム