成功するチームの作り方 オーケストラに学ぶプロジェクトマネジメント

概 要

世の中には失敗を重ねるITプロジェクトマネージャと、成功を重ねるITプロジェクトマネージャがいます。いったい、その差はどこにあるのでしょうか? 本書は、様々な楽器を束ねてひとつの音楽にまとめるオーケストラのコンダクター(指揮者)に学び、ITプロジェクトを成功させ続けるチームの作り方を解説します。部分最適化と全体最適化の活用、道具立て、予測と予兆、勇気と決断など、プロジェクトマネジメントの基本が身につきます。

著者 増田智明
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-5002-7
発売日 2017/4/21
判型 四六
ページ数 240
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 コンダクターとプロジェクトマネジメント

1 チームにおけるコンダクター(指揮者)の役目

2 プロフェッショナルな奏者≒プロフェッショナルなエンジニア

3 ハーモニー(調和)とは何か

4 チームが成し遂げる作品(製品)は何か

第2章 プロジェクト計画、プランニングの伝達

1 計画駆動とアジャイル開発とオーケストレーションと

2 形作る作品をイメージで共有する

3 どうやって形作っていくのか

4 三面図(WBS、PERT、ガントチャート)

5 CCPMと焦らない心

第3章 プロジェクトの構成員

1 新人が持っていない能力は何か

2 中途採用が持っている能力は何か

3 プロフェッショナルなエンジニア/プログラマとは

4 コンダクターとプロジェクトメンバーの関係

5 客演という外注

第4章 メンバーの技量

1 メンバーの能力を相互に知る

2 メンバーの能力を相互に尊重する

3 見極めに利用できるもの(ブログ、GitHub、資格)

4 「一緒に仕事ができる」条件を並べる

第5章 継続的な努力

1 チームに参加する時点が最低の実力

2 プロジェクトが終わった時点で最高点に達する

3 「Google 20%ルール」の本来の意味

4 「40時間勤務」の本来の意味

5 ツールを残して次回に備える

第6章 先人の知恵を活用する

1 新しいことを安易に取り入れない理由

2 暗黙知と形式知

3 UMLとパターンランゲージ

4 ISO9001と品質工学

5 温故知新の上にある新しい技術

第7章 現実を計測する

1 難破船のように漂わないために羅針盤を使う

2 現実に適応するためにハンドルを使う

3 希望が挫けないために航海日誌を書く

4 進捗率の自動計測とTDD

5 EVの本来の使い方

6 下降する進捗グラフ(バーンダウンチャート)

第8章 変化は好きですか?

1 世の中は思い通りにはいかない

2 世の中は変化ばかりではない

3 効果的な変化とは≒レバレッジ

4 計画駆動と要件定義

5 アジャイル開発とTOC

[コラム]すべてに目を光らせるために

第9章 仕事とバランス

1 チームでは何が有利か

2 チームでは何が不利か

3 「刺身システム」と「のりしろ」

4 マリッジリスクに対応する「ゆとり」

5 「ゆとり」の時間を何に活用するのか

第10章 ドロップアウトの条件

1 チームが悲鳴を上げる時

2 「排除すべき人」を排除する

3 ゼロ生産者とマイナス生産者に対応する

4 決断する「閾値」を決めておく

[コラム]戦略と戦術の違い

第11章 インセンティブと報酬

1 鞭のない「飴」

2 プロを雇うための費用を算出する

3 インセンティブを提案する

4 成果にのみ「報酬」を与える

[コラム]努力をムダにしない

第12章 差異と反復

1 ジル・ドゥルーズの『差異と反復』

2 本能で違いを読み取れ---差異

3 繰り返しで拡張しろ---反復

4 リスク管理とフェールセーフ

5 失敗学と危険な匂い

PR

秀和システム