図解入門ビジネス 最新コーポレートファイナンスの基本と実践がよーくわかる本

概 要

ファイナンスは良くわからないと敬遠してきた方も、いまやファイナンスがわからなければ仕事にならない時代が来ています。本書は、マーケティングや投資、事業評価、M&Aなどに関わるビジネスパーソンを対象に、コーポレートファイナンスの全体像をわかりやすく解説した入門書です。ファイナンス的な物の考え方や、数字を扱う基本ノウハウなど、KKD(勘と根性と度胸)ではない、企業価値を高めていく合理的意思決定が身につきます。

著者 松田千恵子
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-5014-0
発売日 2017/3/15
判型 A5
ページ数 248
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 コーポレートファイナンスとは何か

1-1 ファイナンスは何を指すのか

1-2 ファイナンスの分野

1-3 アカウンティングと何が違うか

1-4 誰がファイナンスを担うのか

1-5 ファイナンスは何を目指すのか

1-6 株式会社とは何か

1-7 所有と経営の分離

1-8 受託者責任

第2章 ファイナンスの考え方を理解する

2-1 リスクとリターンの関係

2-2 キャッシュフローとは何か

2-3 企業におけるキャッシュフローサイクル

2-4 現在価値の考え方

2-5 資本の機会費用

2-6 企業価値の向上を目指す

2-7 企業価値・事業価値・株主価値

第3章 事業を評価する

3-1 資本市場と企業経営との関係

3-2 経営者が全うすべき説明責任

3-3 情報開示の種類

3-4 投資家の知りたいことは何か

3-5 財務分析に詳しくなろう

3-6 株価に関する分析

3-7 フリーキャッシュフローとは何か

3-8 ファイナンシャルプロジェクションの作り方

第4章 最適資本構成を考える

4-1 事業で使う資金を調達する

4-2 負債と資本はどこが違うのか

4-3 株主と債権者の対応の違い

4-4 最適資本構成とは何か

4-5 負債のレバレッジ効果

4-6 経営難のコスト

4-7 ペッキング・オーダー理論

4-8 事業リスクと最適資本構成

4-9 加重平均資本コスト

4-10 有利子負債コストと株主資本コスト

4-11 株主資本コストの計算要素

第5章 株主資本の世界を概観する

5-1 株式の意味を確認する

5-2 株主価値はどのように決まるか

5-3 ディスカウンテッド・キャッシュフロー法とは何か

5-4 継続価値の計算

5-5 キャッシュフローを計算する

5-6 株主資本を調達する

5-7 株主はどのような権利を持っているか

5-8 種類株式とは何か

5-9 新株予約権

5-10 株主への還元を考える

5-11 株主還元策とその評価

第6章 有利子負債の世界を概観する

6-1 債権者は何を見ているか

6-2 銀行借入の種類

6-3 証書貸付とは何か

6-4 契約証書の内容

6-5 社債を発行するということ

6-6 信用格付けとは何か

6-7 債券に関する基礎知識

6-8 債券利回りの計算

6-9 金利や期間と債券価格の変化

6-10 金利の期間構造

6-11 債券の期間をどう考えるか

6-12 アセットファイナンスと証券化

第7章 投資の意思決定をどう行うか

7-1 投資の意思決定要素とプロセス

7-2 時間的価値を考慮しない投資判断手法

7-3 NPV法による投資判断

7-4 キャッシュフローの留意点

7-5 機会費用と埋没費用

7-6 NPV法における割引率

7-7 IRR(内部収益率)とは何か

7-8 IRRの問題点

7-9 資本制約のある場合

7-10 等価年間費用(EAC)の考え方

7-11 感度分析

7-12 分岐点分析

7-13 ディシジョン・ツリー分析

第8章 必須となってきたM&A・アライアンス戦略

8-1 M&Aの目的

8-2 合併(Merger)

8-3 買収(Acquisition)

8-4 提携(Alliance)

8-5 LBOとMBO

8-6 MBOにおける利益相反

8-7 M&Aの基本的なプロセス

8-8 事前の戦略策定プロセス

8-9 「会社の値段」はどう決まるか

8-10 交渉とデュー・ディリジェンス

8-11 買収後統合プロセス

第9章 グループマネジメントとファイナンス

9-1 グループ内投資家としての本社

9-2 株主と多角化

9-3 事業ポートフォリオマネジメントの実際

9-4 グループ経営管理における問題

9-5 結果評価とプロセス評価

9-6 企業価値を測る指標

9-7 事業別資本コスト

9-8 β値の推定

第10章 コーポレートファイナンスとコーポレートガバナンス

10-1 企業統治は「規律」付け

10-2 コーポレートガバナンス・コード(CGC)

10-3 コーポレートガバナンス・コードの内容

10-4 経営者に対する「監督」機能

10-5 敵対的買収と買収防衛策

10-6 内部統制が重要である理由

10-7 監査役監査と内部監査

10-8 CSRの本質とは何か

PR

秀和システム