個人型確定拠出年金iDeCo プロの運用教えてあげる!

概 要

iDeCo(イデコ)って聞いたことがありますか? iDeCoは個人型確定拠出年金のことで、所得税・住民税が安くなる、運用益に税金がかからない、元本保証商品もあるなど、様々なメリットがあります。本書は、資産運用のプロがiDeCoのメリットや、得する選び方をやさしく、わかりやすく解説した資産運用の入門書です。金融機関のセールストークに惑わされない「本当のお金の知識」を身につけて、老後の資金をお得に貯めましょう!

著者 安東隆司
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-5031-7
発売日 2017/11/14
判型 A5
ページ数 216
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 iDeCoの「5つのメリット」教えてあげる!

1-1 iDeCoのメリット(1) 掛金が全額所得から控除され、所得税、住民税が安くなる

1-2 iDeCoのメリット(2) 運用益に税金がかからない!

1-3 iDeCoのメリット(3) 受け取る時にも控除が受けられる!

1-4 iDeCoのメリット(4) 元本保証商品もある!

1-5 iDeCoのメリット(5) 800万円貯まる? スタートは若いほどお得!

1-6 会社員の所得の出し方、収入と所得の違い教えます

1-7 控除はすごい! 個人事業主等の所得の出し方も教えます

1-8 退職金の税制メリットを理解する

第2章 今さら聞けない「年金制度」教えてあげる!

2-1 今さら聞けない年金制度(1) 国民年金って何?

2-2 今さら聞けない年金制度(2) 公的年金は一生受け取れるの?

2-3 今さら聞けない年金制度(3) 2階建て年金って何?

2-4 今さら聞けない年金制度(4) なぜ3階建て年金を目指すの?

第3章 iDeCoの「商品選びのポイント」教えてあげる!

3-1 金融機関を選ぶときにはここを見て!

3-2 投資信託選択のポイント(1) 運用コストで比較する

3-3 知っていると10年で96万円得する運用商品選び

3-4 投資信託選択のポイント(2) 中身と規模の大きさ

3-5 インデックス運用って何?

3-6 アクティブ運用はリターン悪い?

3-7 知っておこう! iDeCo運用にかかるコスト

3-8 年金で受け取る場合のスケジュールの一例

第4章 あなたが「iDeCoに掛けられる金額」教えてあげる!

4-1 月々5,000円から、あなたの掛金上限まで毎月積み立て

4-2 iDeCoにいくら掛けられる? 節税メリット額は?

4-3 iDeCoにいくら掛けられる? 自営業者等の場合

4-4 iDeCoにいくら掛けられる? 専業主婦の場合

4-5 パート主婦の収入の壁 ~「103万円」「106万円」「130万円」~

4-6 「150万円の壁」「201万円」…配偶者特別控除が広がった

4-7 会社員(1) 会社には独自の年金制度がない場合

4-8 会社員(2) 会社で企業型DCのみに加入している場合

4-9 会社員(3)(4)(5) DB制度がある会社のサラリーマンの場合

4-10 公務員等(公務員、私学共済加入の先生等)の場合

4-11 個人事業主必見! iDeCo以外の年額84万円の所得控除とは?

4-12 iDeCoと国民年金基金、自営業にはどっちがお得?

第5章 ズバリ!「カテゴリー別低コスト投信」教えてあげる!

5-1 金融機関選びの前に用語解説と注意点のおさらい

5-2 iDeCoやNISAの様々な非伝統的投資カテゴリー

5-3 元本確保でよいですか? 米国では運用成果で資産が2倍以上に増加

5-4 米国では日本の預貯金感覚で有価証券投資をしている

5-5 米国並みリターンを目指すにはコスト意識が重要

5-6 なぜインデックス型に投資すべきなのか

5-7 iDeCoやNISAで選択すべきカテゴリー

5-8 iDeCoで選択すべき投信 外国株式カテゴリー(1)先進国

5-9 iDeCoで選択すべき投信 外国株式カテゴリー(2)新興国

5-10 iDeCoで選択すべき投信 REIT(外国・日本)カテゴリー

5-11 iDeCoで選択すべき投信 外国債券カテゴリー

5-12 iDeCoで選択すべき投信 外国株含日本株・外貨為替ヘッジ有り

5-13 iDeCoで選択すべき投信 日本株カテゴリー

5-14 iDeCoの低コスト投信 日本債券カテゴリー

5-15 その他のカテゴリーの特徴

第6章 iDeCoの「金融機関選び」から「口座開設」まで教えてあげる!

6-1 長くおつき合いする「パートナー探し」の準備

6-2 iDeCoのプランも、お出かけプラン同様に下調べを

6-3 商品や金融機関を調べる「サイト」の注意点

6-4 iDeCo公式サイトのどこに金融機関が載っているの?

6-5 iDeCo公式サイトでコスト調査をするには

6-6 iDeCoの比較サイトはどこを使ったらよい?

6-7 ズバリ! おカネ学的 金融機関ベスト10

6-8 iDeCoで困ったらどこに相談したらよいの?

6-9 iDeCoの口座開設手続きの連絡先は?

6-10 すぐに口座開設できる?

6-11 iDeCoの初期設定作業、掛金の配分を指定する

6-12 資産配分先の変更もiDeCoならメリット大!(スイッチング)

6-13 実際にスイッチングやってみました!

第7章 「資産運用のコツ」教えてあげる!

7-1 分散投資って何を分散するの?

7-2 リスクが高ければリターンも高いとは限らない

7-3 ポートフォリオって何? 参考事例教えてあげる!

7-4 リバランスって何?

7-5 iDeCo、NISA、つみたてNISA、一般口座、どれを使う?

7-6 海外ETFや外国株に投資したい、iDeCo、つみたてNISA、NISAでは?

第8章 セールスマンは絶対に言わない「運用の真実と顧客目線」

8-1 「預金」なのに元本割れ? 外貨預金は両替コストに注意

8-2 10%のトルコ・リラ債券なら負けない?

8-3 外貨保険の手数料、そんなに取られていたの?

8-4 なぜプロは投資信託を選ばないのか

8-5 なぜETFは店頭で勧められることが少ないのか

8-6 国内ETF市場は短期的・投機的志向があるって本当ですか?

8-7 国内ETFと海外ETFの違い、なぜ海外ETFを選択すべきなのか

8-8 提案資料のチャートからの判断材料

8-9 ヘッジファンド神話から覚めた投資家が知っていること

8-10 世界的な流れは「販売者側」から「寄り添うアドバイザー」へ

PR

秀和システム