勝てる! 極ワザ心理術

概 要

心理術は、人の心を理解して操る技術です。心理術を学ぶと、ビジネスや日常生活において非常に役立ちますが、たいていの人が「人の心を操るとは何事だ」と嫌悪感を抱いて学びません。しかし、それではいざという時に交渉や話術で大事な人を守ることはできません。本書は、会話で相手を誘導する方法、人を動かすテクニック、自己コントロールなど、様々な場面で驚異的な効果を発揮する心理術についてわかりやすく解説します。悪用厳禁!

著者 奥脇真人
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-5036-2
発売日 2017/6/9
判型 四六
ページ数 192
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第一章

人の心を操るには覚悟がいる

勝利を選択をするという癖を身に着ける

失敗から学び、失敗を活かす

成果と評価は違うものだと認識する

理想の人格「ペルソナ」を構築する

素晴らしい自己啓発書を読んでも うまくいかないのはなぜなのか?

第二章

他者に勝利する極ワザ心理術

質問は主導権を握るための最強のツールになる

相手が抱くのは二種類の疑問だけ

言質で相手を追い詰めて思い通りに操っていく

「たとえ話」は万能ナイフのように使い勝手がいい

心の隙が生まれる危険な瞬間 ~テンション・リダクション~

誰にでも使える二種類のセット話法

理由説明は先にするのが効果的 ~ビコーズ話法~

議論の反撃の切り札 ~ユートゥー話法~

言葉のマシンガン ~羅列話法~

無意識のうちに相手を誘導する

恐怖の感情が人を動かすことを利用する

ニセの記憶を植え付けて操る ~フォールス・メモリー・シンドローム~

噂話の強大な威力を利用する ~マイ・フレンド・ジョン・テクニック~

シンプルだけど強力なしっぺ返し戦略

アバウトであいまいな説明が実は鋭い効果を生む ~デフォルメ・テクニック~

小さなオマケで相手の心を操る ~ザッツ・ノット・オール・テクニック~

第三章

人を動かす影響力の極ワザ心理術

世界共通のお返しの習慣 が相手を動かす ~返報性の原理~

言ったことはやるしかない ~一貫性の原理~

みんながやっているから信じるという反応 ~社会的証明の原理~

好き嫌いを利用する ~好意の原理~

権威や権力は人を惑わす ~権威の原理~

わかっていても限定に弱い ~希少性の原理~

第四章

自分をコントロールする極ワザ心理術

自己の意志力を向上させる習慣 ~マインドフルネス~

思い込み効果は科学では常識

ストレスをエネルギーに変える方法が凄い!

折れた心を立ち直らせる力を付ける ~レジリエンス~

第五章

他人に取り入る極ワザ心理術

人たらしの印象操作 ~ハロー効果、ロス効果、ゲイン効果~

命令や指図はかえって逆効果 ~心理的リアクタンス~

期待感を伝えてやる気を出させる技術 ~ピグマリオン効果~

読心術のネタバレ ~バーナム効果~

相手のしぐさから相手の心の中を読み取る

おわりに

PR

秀和システム