ZBrushCore超入門講座

概 要

ZBrushCoreは、初心者でも絵を描くように、粘土をこねるように簡単に3DCGを作れるソフトです。本書は、3DCGの知識がゼロの方でも、ZBrushCoreの制作手順を、ひとつひとつ楽しみながら学ぶことで、気がつくと使いこなせるようになる、とても楽しくわかりやすい入門書です。著者は「ZBrushCore超入門講座」を運営する超ベテラン。未経験者がぶつかる悩みにとことん対応しました。また、巻末に3Dプリントへの挑戦方法も掲載しています。

著者 HOPBOX 福井信明
価格 本体3700円(税別)
ISBN 978-4-7980-5037-9
発売日 2017/4/12
判型 B5変
ページ数 528
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Part 1 基礎知識/ブラシの練習・特訓

本書の使い方

タブレットの設定

予備知識・操作ガイド

ZBrushCoreの予備知識

ZBrushCoreの操作画面について

様々な種類のブラシ

1.基本操作を覚えよう

ZBrushCoreでのペンタブレットの使い方

本書を読む上での用語解説

実践 1 まずラクガキしてみよう

実践 2 視点の移動、拡大縮小、回転

ブラシの設定 サイズや強さを変更する

実践 3 ブラシサイズ変更しながら顔を作ってみよう

「ツール【お道具箱】」

実践 4 「ツール」はお道具箱

実践 5 作ったモデルを保存しよう

ペンを押し付ける力「筆圧」を利用しよう

実践 6 ブラシづかいを特訓しよう!

2.基本のブラシで形作りを練習しよう

実践 1 球体から顔を作ってみよう

実践 2 球体を元に顔の輪郭を作る

3.3Dの正体を知り、作り込む

3Dの正体 デジタル立体とは面の集まりだ

実践 1 「面の貼り直し」をしてバストアップを作り上げる

薄い部分や細い部分を造形するときに注意!

実践 2 首を伸ばしていき、体のベースを作る

実践 3 服を「描いて」着せていこう

Part 2いろいろなブラシを使う

1.いろいろなブラシを使う/細かく作り込むには

実践 1 球体から、大まかな形を作り上げていく

実践 2 ブラシさばきで顔や腕などを作っていこう

実践 3 面を増やして、細かい作業をしていこう

マスキング解説1 塗った部分が保護される!

実践 4 マスキング機能を使って形に手を加えていく

2.3Dモデルに立体を追加する

実践 1 立体を追加する機能で猫の目を作り直す

実践 2 IMM Primitivesで装飾品を作る

3.マスキング機能で楽に造形!

マスキング解説2 様々なマスク

実践 1 マスキング機能を活用してキャラクターを作る

Part 3 組み立てて作る/面を知る

1.組み立て基礎編① 球体を組み合わせる。「ギズモ3D」

「移動」での「ギズモ3D」の使い方

実践 1 球体からウサギのベースを組み上げる

正確に移動や拡大縮小を行うために「ギズモ3D」を平行に直す

実践 2 残りのパーツを追加していく/バランスの調整

各球体の選択 大きさや位置の変更

2.組み立て基礎編② ベースを元にブラシ作業

実践 1 球体からウサギのベースを組み上げる 応用編

実践 2 体を作り込んでいく。服や腕を作ろう

実践 3 球体以外のIMM Primitives「立方体」「円柱」

3.3Dモデル操作ツール「ギズモ3D」の活用/面のグループ

様々な機能と連携する「ギズモ3D」を使いこなそう

実践 1 「ギズモ3D」&「マスキング機能」でベースを作る

実践 2 IMM Primitivesで選んだ立体の形で削る

実践 3 面のグループについて

4.組み立て応用編 面を使いこなす「ディバイド」&「ダイナメッシュ」

形をキレイに滑らかに、面を細かくする機能「ディバイド」

実践 1 ディバイド&ダイナメッシュ応用 マグカップ制作

実践 2 対称軸の変更 マグカップに造形を加える

実践 3 マグカップに顔を作る

Part 4 色を塗る&撮影しよう

1.完成した3Dモデルに色を塗ってみよう

実践 1 塗り絵感覚で色を塗っていこう

実践 2 質感を変更できる「マテリアルの設定」

2.完成した3DモデルをCG撮影してみよう

実践 1 撮影スタジオでの準備のように

実践 2 各設定を変えていく

Part 5 キャラクター創造編1 骨組みを組み立てる

1.キャラクターの骨組みを作ろう

キャラクターの骨組みを簡単に作れる:「ZSphere」

実践 1 ZSphereでキャラクターの骨格を作っていこう

回転を試してみる

「ZSphere」の位置で「面」の形状が大きく変わることも

複数の「ZSphere」を拡大縮小・移動させるには

実践 2 細部を作り込み、プロポーションを整える

骨組みの仕上げ:好みの体型を目指しても良い

「ZSphere」ごとに面のグループになっている

2.骨組みに肉づけをしていこう

実践 1 顔の肉付けをする

実践 2 手足の肉付け・全身のプロポーションの整える

3.サブツール基礎編 複数の3Dモデルを配置!

シーン上に複数の3D モデルを配置:サブツール基礎編

実践 1 「 サブツール」を利用して小道具を作ってみよう

実践 2 「 サブツール」機能でシルクハットを作る

実践 3 「 サブツール」の応用:くり抜き

Part 6 キャラクター創造編2 服を着せる。髪の毛を作る

1.「サブツール」応用編① 服を描くように着せよう

実践 1 マスクから服を作り出していく

「サブツール」の「リスト表示」の操作

実践 2 装飾品や靴を作る

2.「サブツール」応用編② 髪の毛や、眼球を作る

実践 1 髪の毛を作る準備をしよう

実践 2 髪の毛を「描いていこう」

実践 3 眼球を入れ直す

3.服や靴などの彩色、造形の仕上げ

実践 1 服、靴などに彩色していく

実践 2 服のシワや、部品を追加していく

実践 3 顔などの完成度を上げる

Part 7 キャラクター創造編3 ポーズをつける/サブキャラクターの追加

1.キャラクターにポーズをつけよう

3Dモデルを変形させることでポーズをとらせる

実践 1 腕を曲げることから練習・研究してみよう

「ギズモ3D」の置き所を考える

実践 2 ポーズの本番!腕、足・脚や顔にポーズをつける

2.サブツール&ツール応用編 ポーズをつけながらサブキャラを作る

実践 1 球体を元にサブキャラクターを作る

実践 2 サブキャラクターの顔を作っていく

3.複数の3Dモデルを配置する

実践 1 舞台にいろんな3Dモデルを置いていこう

実践 2 3Dモデルたちを並べていく

Part Z エピローグ

挑戦 1 3D プリントにチャレンジしよう

活用 2 よく使うショートカット&キー操作一覧

参加 3 公式コミュニティに参加してみよう!

あとがき 4 これからもよろしくZBrushCore

ブラシの使い方の目次

ブラシ解説:Smooth

ブラシ解説:Move で形を整えて完成

ブラシ解説:hPolish を使ってみる

ブラシ解説:DamStandard を使ってみる

ブラシ解説:Inflate を使ってみる

ブラシ解説:ClayBuildup を使ってみる

ブラシ解説:Pinch を使ってみる

ブラシ解説:IMM Primitives を使ってみる

ブラシ解説:Paint

PR

秀和システム