チームの力で社員は伸びる!

概 要

アクションラーニングは、欧米のビジネススクールで主流になっている問題解決/人材育成プログラムです。チームで現実の業務の問題を検討し、解決策を立案し、実行することで社員と企業の成長をうながします。本書は、本当に強い企業が使っている人材育成プログラム、アクションラーニング3.0について豊富な事例をもとにわかりやすく解説します。企業と社員はアクションラーニングを推進していくことで持続的に成長することができます。

著者 澤井雅明
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-5042-3
発売日 2017/3/21
判型 四六
ページ数 272
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序章 なぜアクションラーニングは問題解決に効果的なのか

1 アクションラーニングの定義

2 現在のアクションラーニング

3 アクションラーニングによる問題解決

1章 アクションラーニングとは

1 アクションラーニング3.0とは

2 アクションラーニングに必要な条件

コラム 現場のメンバーが問題解決に取り組む/ダスキン

コラム 現場のメンバー同士で教え合う/オリエンタルランド

2章 アクションラーニングのフレームワーク

1 フレームワークの構築について

2 コトラーの『マーケティング3.0』

3 コッターの『リーダーシップ論』

4 ピンクの『モチベーション3.0』

5 アクションラーニングのフレームワーク

コラム 社員の働きがい向上に取り組む/アメリカン・エクスプレス

コラム ゲーム感覚を会社のトレーニングに取り入れる/ドン・キホーテ

3章 問題解決のプロセス

1 アクションラーニングによる問題解決プロセス

2 問題を確認し、選択する

3 問題を分析、共有し、ファシリテーターを決める

4 チームをつくり、検討の土壌を育てる

コラム 現地で問題解決を体験する/三菱レイヨン

4章 ビジョン策定と問題解決策立案

1 ビジョンを策定する

2 事業ビジョンと人材マネジメント

3 誰が顧客か

4 顧客重視とは何か

5 問題解決策をいくつもつくる

6 問題解決策に優先順位をつけ、実行計画を立てる

7 問題解決策を実行する

8 実行状況を評価する

コラム 会社のビジョンを伝え、人材育成を図る/パソナ

5章 人材の育成

1 人材育成の多様な要素と問題

2 育成環境の変化

3 リーダーシップ開発プログラムの基本原則

4 フォロワーシップ開発

5 次期リーダーの育成

コラム 働きがいを向上させる取り組み/コールド・ストーン・クリーマリー・ジャパン

コラム 次期CEOを育てる取り組み/ソフトバンクアカデミア

コラム 人材育成に適したプロジェクト/NEC、ブラザー工業

6章 アクションラーニングによるイノベーション

1 社員の創造性を引き出す

2 イノベーションとは不連続の変化である

3 オープンイノベーションが会社にもたらすもの

コラム オープンイノベーションを推進/大阪ガス

7章 現状のアクションラーニングの問題

1 理想のアクションラーニングとは

2 立案と実施の溝

3 実行することができない問題解決策

4 知識を付与するだけのトレーニング

5 急激なビジネス環境の変化にまつわる問題

6 問題克服のためのアクションラーニング

コラム 会社の枠を超えた協働/ハッカソン

8章 アクションラーニングは永遠に回り続ける

1 分権型による永続する体制での推進

2 20%ルールの取り組み

3 アクションラーニングでつくられたチームはトライブ

4 持続的成長のマネジメントモデル

5 アクションラーニングは学習し続ける組織

コラム 現業とトレーニングの継続的な取り組み/丹青社

PR

秀和システム