日本初! 地方を救う譲渡型賃貸投資ガイド

概 要

いま地方の不動産投資は少子化や人口流出で空き家が増え、リスクが上がっています。一方、都市部ではローンを組めないために家を持つことができない人が数多くいます。本書は、安定して利益をあげたい投資家と銀行でローンを組めない入居者それぞれに大きなメリットのある「譲渡型賃貸住宅」という、まったく新しい投資スタイルの仕組みを紹介します。ローンを組めない人には、家を持つ扉が閉ざされている。この国のそんな常識を壊します!

著者 森裕嗣
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-5043-0
発売日 2017/6/17
判型 四六
ページ数 160
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 社会貢献を果たす新しい不動産投資「譲渡型賃貸」

地方の土地保有はリスクが上昇中!

出口を確保しないと課税し続けられるリスクが

「2022年問題」で都市部の地価も下落の懸念

不動産投資家を悩ませる空室率の上昇

拡大するサブリースで空室問題はさらに深刻に

投資リスク、人口流出歯止めの解決策となる新たな投資

今、地方が抱える人口減少問題とは

全国に約250万世帯が眠る新築住宅需要

デフレ下で上昇し続ける一棟当たり平均単価の謎

莫大な建築需要が地方を活性化させる

若者のUターン就職を後押し

地方企業を活性化させるために

第2章 譲渡型賃貸への投資をはじめよう

どんな物件を、誰に提供するのか?

信用情報に履歴アリでローン不通過も

奨学金を滞納した若者も同様に……

地価下落もローン審査通過率を低下させる

ローン審査フリーの譲渡型賃貸の手続きフロー

譲渡型賃貸住宅の契約形態

より安定的にNOI利回り6・5%を達成

「定額化」も投資家への安心材料

出口の決まっている投資物件

地方でも都市部でも利回りは一律

従来の戸建賃貸との収支比較

地域ごとの賃料の目安は?

他の投資商品と比べると?

第3章 入居者や加盟店もハッピーになれる住宅

現代のライフスタイルに合った住宅の選択

「将来どうなるかわからず踏み出せない」人にもマッチする

フリーランスでもマイホームの時代

住宅ローン審査が心配で諦めていた人たちも

加盟する建設会社にもメリットが

リスクは誰も負わなくていいのか?

第4章 地方を元気にする! 譲渡型賃貸の活用法

自治体の空き家バンク活用成功例

空き家バンクがあるだけでは不十分?

譲渡型賃貸住宅は地方自治体の活用例も

地方創生には「雇用」も重要

自治体、企業双方にメリットをもたらす譲渡型賃貸

多様なライフスタイルに合わせた街づくりにも

地域と人に明るい未来をもたらす投資

PR

秀和システム