作りながら学ぶReact入門

概 要

2013年にFacebook社によって公開されたJavaScriptライブラリーがReact(React.js)です。仮想DOMによる高速表示、コンポーネント指向による高いメンテナンス性といった特長からFacebookだけでなく、Instagram、Airbnbなどの大規模Webサービスでも採用されています。本書は、簡単なじゃんけんアプリを作りながら学べるReactの入門書です。開発環境構築も詳述しましたので、JavaScript(ES6)への移行を目指す人にも最適です!

著者 吉田裕美
価格 本体2000円(税別)
ISBN 978-4-7980-5075-1
発売日 2017/9/16
判型 B5変
ページ数 220
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

Chapter 1 はじめに

1.1 本書について

1-1-1 本書サポートページ

1-1-2 前提知識

1.2 Reactとは

1-2-1 従来のJSライブラリーとの違い

1-2-2 コンポーネント指向

1-2-3 SPA(Single Page Application)

Chapter 2 モダンJS開発環境の構築

2.1 ターミナル、コマンドプロンプト

2.2 テキストエディター

2.3 Google Chrome

2.4 Node.jsのインストール

2-4-1 Macでのインストール

2-4-2 Windowsでのインストール

2.5 npmコマンドのインストール

2.6 インストール用プロジェクトの作成

2.7 npmパッケージのインストール

2.8 インストール結果の確認用Reactコードの作成

2-8-1 ディレクトリーの作成

2-8-2 設定ファイルの作成

2.9 インストール結果の確認

2-9-1 エラーが発生した場合

Chapter 3 モダンJS開発環境の解説

3.1 Node.js

3.2 npm

3-2-1 npmとは

3-2-2 npmコマンド

3-2-3 npm install コマンド

3-2-4 npm list コマンド

3-2-5 npm run, npm startコマンド

3.3 Babel

3-3-1 コマンドライン

3.4 ESLint

3-4-1 エラーメッセージの読み方

3-4-2 設定ファイル

3-4-3 コマンドライン

3.5 css-loader, style-loader

3-6-1 設定ファイル

3-6-2 webpack-dev-server

3.6 webpack

3-7-1 node_modules

3-7-2 public

3.7 Gitでのプロジェクト管理

3.8 IDE

Chapter 4 ES6

4.1 ES6とは

4-1-1 Babel

4.2 ES6での主な変更点

4-2-1 クラス定義

4-2-2 関数定義

4-2-3 デフォルト引数

4-2-4 レストパラメーター

4-2-5 変数定義

4-2-6 式、定数

4-2-7 テンプレート文字列

4-2-8 モジュール

4-2-9 CommonJSとES6の関係

4.3 いろいろな補足

4-3-1 JavaScriptのオブジェクト指向

4-3-2 無名関数

4-3-3 条件演算子(3項演算子)

4-3-4 イテレーター

4-3-5 文末のセミコロン

Chapter 5 JSX

5.1 JSXとは

5-1-1 簡単なJSXの例

5.2 JSXの基本

5-2-1 新しいプロジェクトを作成

5-2-2 JSXを書いてみる

5-2-3 JSXに式(値)を埋め込む

5-2-4 コンポーネントの分割

5-2-5 条件演算子を使いJSXをコンパクトにする

5-2-6 繰り返し

5-2-7 子要素を扱うコンポーネント

5.3 補足

5-3-1 属性と値

5-3-2 HTMLとの属性名、属性の扱いが異なるもの

5-3-3 プロトタイプ

Chapter 6 コンポーネント

6.1 新しいプロジェクトを作成

6.2 最初のコード

6.3 コンポーネントの作り方

6.4 PropsとState

6.5 ライフサイクル・メソッド

6.6 イベントの扱い

6.7 フォーム

6-7-1 Controlled Components

6-7-2 Uncontrolled Components

6-7-3 Controlled Components と Uncontrolled Components の比較

6-7-4 その他のフォーム要素

6.8 詳細なライフサイクル・メソッド

6-8-1 はじめてコンポーネントが表示される場合

6-8-2 2回目以降にコンポーネントが表示される場合

6-8-3 Stateが更新された場合

6-8-4 コンポーネントが表示されなくなった場合

6-8-5 まとめ

Chapter 7 コンポーネントの応用

7.1 既存のReactコンポーネントの利用

7-1-1 Material-UI

7-1-2 じゃんけんにMaterial-UIを組み込む

7.2 ルーティング

7-2-1 React Router

7-2-2 じゃんけんにReact Routerを組み込む

7.3 サーバーとの通信

7-3-1 OpenWeatherMap

7-3-2 プログラム

7-3-3 Fetch API

Chapter 8 テスティング

8.1 ソフトウェアテスト入門

8-1-1 人間によるテスト vs 自動テスト

8-1-2 テストのレベル

8.2 ユニットテスト(Unit test)

8-2-1 Mocha

8-2-2 テストコードの書き方

8-2-3 Jyankenクラスのテストコード

8.3 E2Eテスト(End to End test)

8-3-1 Nightmare

8-3-2 テストコードの書き方

8-3-3 テストコード

Chapter 9 さらに学ぶなら

9.1 Redux

9.2 Flowtype

9.3 React Native

9.4 Electron

9.5 Reactの情報源

PR

秀和システム