定時に帰って 最高の結果を出す 1分間 仕事術

概 要

これまでは長時間労働で業績を積み上げた人が評価されてきました。しかし、これからは定時に帰りつつ最高の結果を出す人が評価される時代です。本書は、残業をなくして自由な時間を手に入れたいサラリーマンのために、短時間で最高の結果を出すアスリート意識の持ち方と、毎朝1分で作る「やることリスト」、4時間ごとに仕事の内容をかえる「1日4分割法」などのテクニックを紹介します。あなたの業務効率が1分間で劇的に改善します!

著者 石井貴士
価格 本体1400円(税別)
ISBN 978-4-7980-5117-8
発売日 2017/5/2
判型 四六
ページ数 248
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序章 サラリーマンではなく、アスリートとして仕事をすれば、意識は変わる

1 仕事をするアスリートになれば、充実感も得られて仕事も早く終わる

2 やらされているのではなく、進んでやるのがアスリートだ

3 燃え尽きないように、自分をコントロールするのがアスリートだ

4 アスリートが大切にしていることを応用するとパフォーマンスが上がる

第1章 アスリート意識の仕事術の極意「一日4分割法」を実践する

1 一日を4分割すれば、必ず8時間以内に仕事が終わる

2 ルーティーンは、ゾーンを作り出すためにある

3 集中しなければいけない仕事と、集中しなくてもできる仕事がある

4 オープンタイムは、今日中にすべき仕事と明日でもいい仕事の2つに分ける

5 フリータイムは、何をしてもいい時間だ

6 自分に当てはまらないのではなく、当てはめる

第2章 仕事を非効率にしてしまう5つの悪習慣

1 悪習慣1 仕事以外のことを、仕事中にする

2 悪習慣2 お昼ご飯を食べる

3 悪習慣3 会議をする

4 悪習慣4 タバコを吸う

5 悪習慣5 歓送迎会に参加する

第3章 朝ルーティーンを作れば、毎日のパフォーマンスが最大になる

1 起きてから始業時間までが、朝ルーティーンの時間だ

2 朝ルーティーンは入れ替え戦だ

3 起きる時間の必勝法は、「日の出とともに」だ

4 起きた瞬間に、何をするのかもルーティーンで決めておく

5 石井貴士の朝ルーティーンは、こうだ!

6 毎日しなければいけないことは、朝ルーティーンに入れてしまう

7 朝20分、瞑想の時間を入れる

8 毎朝、本を読む習慣をつける

9 毎朝、やることリストを書き出す

10 結果目標ではなく、行動目標を書く

第4章 4時間のゾーンタイムで、仕事のパフォーマンスは最大になる

1 午前中の4時間に、ゾーンタイムを作る

2 人間が集中していられる時間から逆算して、ゾーンタイムの内訳を作る

3 45分、ハーフタイム、45分のサンドイッチ方式で集中する

4 誰からも邪魔されなければ、仕事ははかどる

5 メールにも返信しないと、心に決める

6 「お昼ご飯は、食べない」と決める

7 ゾーンタイムには、堅焼きせんべいを食べる習慣をつける

8 ゾーンアイテムを決めることで、ゾーンタイムに入る

9 PCメガネは、ゾーンアイテムとして最適だ

第5章 オープンタイムで、仕事を一気に片づける

1 ゾーンタイムのあと~退社までの時間を、オープンタイムに使う

2 集中力を必要としない仕事は、すべてオープンタイムに行う

3 オープンタイムのやることリストは、一ヶ月分書いてあるのが普通だ

4 「対人の仕事」は、オープンタイムに行う

5 フリータイムは、自由に使っていい時間だ

第6章 朝に「やることリスト」を書ければ、最高の日々が送れる

1 やることリストを書き出すことから、一日は始まる

2 リストに書いたことはやるが、書いていないことはやらない

3 自分を客観視できれば、上司が求めていることもわかるようになる

4 やることリストは2分割できなくなるまで、細分化する

5 勉強は、分割し続ければ、誰でも満点が取れる

6 漠然とした目標ではなく、数値化した目標を立てる

7 できない仕事などない。分割したときのステップが多いものがあるだけだ

8 毎日の目標をいかに細分化できるかが、成功の秘訣だ

第7章 上司との関係がうまくいく仕事術

1 部下の仕事は、「着工報告」「途中経過報告」「完了報告」の3つだけだ

2 着工報告をしてから、仕事に取り掛かる

3 何をやっているのかを示せば、怒られなくなる

4 経過報告を毎日すれば、結果が悪くても怒られなくなる

5 上司を安心させることが、部下の仕事だ

第8章 部下との関係がうまくいく仕事術

1 管理職の仕事は、部下の生産性を最大限に上げることだ

2 部下への頼みごとは、13時(14時)~15時(16時)の2時間にだけ行う

3 どう頼むかよりも、いつ頼むかで、好かれる上司になれるかが決まる

4 部下がすでに落ち込んでいるときは、叱らない

5 体を動かすのではなく、頭を動かすのが上司の仕事だ

6 経営者は、時給の低い仕事は人に任せる

7 自分にしかできない仕事もあれば、人に任せたほうがいい仕事もある

8 忙しい経営者に、未来はない

第9章 1分間仕事術、最強の「やることリストテンプレート」の使い方

1 やることリストの作り方のポイント(部下編)

2 やることリストの作り方のポイント(管理職・経営者編)

3 仕事の見える化とは、仕事を4段階に分けることだ

4 石井の業務リスト、公開します(週間リスト編)

PR

秀和システム