豊かな人生を愉しむための「軽井沢ルール」

概 要

東京から1時間。少しひんやりとした気温と透明度の高い空気に包まれた軽井沢は日本有数の観光地です。そして、軽井沢には東京とは全く違う豊かなライフスタイルを送っている人たちがいます。本書は、東京でガムシャラにビジネス戦争を戦っていた著者が、両親の会社を継ぐために故郷に帰り、そこで見つけた人生を愉しむための「軽井沢ルール」を様々なエピソードと共に紹介します。観光ガイドには載っていない軽井沢の魅力が満載です!

著者 土屋勇磨
価格 本体1300円(税別)
ISBN 978-4-7980-5123-9
発売日 2017/7/7
判型 四六
ページ数 184
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

序章 軽井沢が教えてくれた、人生で大切なこと

軽井沢を離れてみて気付いたこと

成功したくてモーレツ社員となる

東京で受けた上司の洗脳が、軽井沢で解ける

軽井沢でお金よりも大切なものを教えられる

たくさん人がいて、チャンスがあるはずの東京、されど

東京では雲の上の人が、軽井沢ではカフェやバーにいる

拠点は1つという思い込みから解放される

軽井沢に戻って気が付いたこと

第一章 なぜ軽井沢は今も人を魅了し続けるのか?

軽井沢はなぜ日本一の別荘地となったのか

宣教師達の精神が息づく別荘地

軽井沢のコミュニティが日本を作ってきた

一般世帯数8200に対して、別荘世帯数1万5600という不思議な町

軽井沢のジャム、パン、ハムは2倍の値段でも売れる

軽井沢はモノではなくライフスタイルを買うところ

古いだけではだめ、常に新しい物を取り入れていく

歴史に無関心だった私が歴史に目覚めた理由

星野佳路氏の発想、思考に共感する

軽井沢は東京24区?

西エリアには続々と別荘が増えている!

六本木ヒルズと軽井沢の驚くべき共通点

若いサラリーマンでも2拠点生活を楽しめる

「常に東京にいる必要性のない職種」の人には特におすすめの2拠点生活

第二章 軽井沢に「住まい」を持てば人生はこんなに豊かになる

アウトレットの日帰り観光ではもったいない

夏は涼しく、霧が多い、独特の自然環境は素晴らしい

軽井沢って、こんなにつまらなかったの?

軽井沢を温泉街にしてはならないワケとは

「娯楽を人(当時は芸者さんのこと)に求めず自然に求めよ」

というはるか昔の精神が自然と身に着く

軽井沢を一度出てみる効能

軽井沢でスーツを着ていると…

東京から1時間という恵まれた立地環境

「東京」と「軽井沢」という2拠点が人生の生産性を高める

応援者によって、あなたの夢の実現は加速する

不自由さを楽しむ

朝も夜も早い

虫が多いのは自然が豊かな証拠

第三章 1000人の別荘族から聞いた「人生で大切なこと」とは

別荘族の人たちとの出会いのきっかけ

現役世代の軽井沢移住が最近増えてきている

軽井沢を選ぶのはコミュニティーがあるから

別荘族の時間術

別荘族の仕事術

別荘族の人脈術

別荘族のお金事情

別荘族が知っている成功するための思考法

若い人を応援してくれる

叱られることのありがたさ

信用を積み上げることが財産になる

価値のある仕事は人を介してやってくる

鳥しか来ない通りでカフェをやる

マナーがすこぶる良い

ルールも守る

別荘族になれる人、なれない人

第四章 軽井沢に住むということ

軽井沢に拠点を持つにはいくらコストがかかるのか?

ビジネスを加速させる時間の考え方

2拠点ライフの時間管理術

豊かな人生と感じる軽井沢での過ごし方

健全なビジネスは健康から生まれる

一人ではビジネスを加速させられない

軽井沢が軽井沢であるために

第五章 軽井沢の不思議なルールがこの町を守る

バルイベントで「のぼり」を立てたら先輩に叱られた!

うるさい工事は止めてください!

軽井沢の店は23時ですべて閉店します

横並びになってはいけない

自分にしかできないことに集中する

自分の家の木を切るときでも届け出を忘れるべからず

軽井沢にも「一見さんお断り」の店がある

人口2万人の町でも、飲食業界は激戦

軽井沢を浴衣で歩くなんてもってのほかだ!

規制がこの町のブランド力を高めている

目先の利益が目的で来る人は必ず締め出される

軽井沢が好きであることがコミュニティーに入る条件

積み上げるビジネスの堅実さ

第六章 軽井沢が軽井沢であり続けるためにできること

家業を継いで社長にはなったものの

「三笠ホテルカレー」が好調

ボンボンの生活を捨てて起業家に挑戦

会社の預金口座残高が1万円!

なぜ、軽井沢総合研究所を設立したのか

軽井沢に戻って、気持ちの良いビジネスをしたくなった

「モノ」から「コト」への意識の変化

人生を大きく変えてくれた青年会議所の人たち

自己啓発書100冊に匹敵する出会いのインパクト

B級グルメではなく、S級グルメにこだわった理由

お客さまから教わった大切なこと

お客様の知識でアップデートする見学会

軽井沢初のシェアハウスは満室なり

軽井沢には、まだまだ守るべき建築物がたくさんある

PR

秀和システム