頑張ってるのに稼げない現役Webライターが毎月20万円以上稼げるようになるための強化書

概 要

あなたはWebライターとして月20万円の壁を突破できていますか? 資格や特定の時間・場所を必要としないWebライターは、誰にでもできる反面、稼げる人は一握りだけと思われています。でも、稼げる人と稼げない人には、ちょっとした差しかありません。本書は、現役Webライターを対象に、月20万円の壁を突破できる効率的な働き方や稼ぎ方を紹介します。多くの人が陥る5つの原因を知ることで、あなたもバリバリ稼げるようになります!

著者 吉見夏実
価格 本体1500円(税別)
ISBN 978-4-7980-5139-0
発売日 2017/8/11
判型 四六
ページ数 256
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 あなたがWebライターとして稼げていない「5つの原因」

ちゃんとやっているはずなのに、稼げないのはなぜ?

原因1 「クライアントが求める原稿」になっていない

原因2 「早く書く/原稿の質を上げるための準備」が間違っている

原因3 「受けるべき仕事、避けるべき仕事」が分かっていない

原因4 「ライターとしての評価の上げかた」が間違っている

原因5 「次につなげる活動のしかた」が間違っている

第2章 稼げる人がやっている、「クライアントが求める原稿を作る」習慣

2-1 指定の文字数に足りない。書き足しで全体をアンバランスにしないためには

2-2 スマホの画面が「文字だらけ」になっていない?

2-3 「坊ちゃん」の一節を、SEOを意識して書いてみる

2-4 お金をもらう以上は考えておきたいこと

2-5 疑問点をクライアントに質問するときの、「混乱を生まない聞き方」

2-6 不安な記事ほどさっさと出すことが大事

2-7 御用聞きではなく「クライアントの意図を汲む」

2-8 マニュアルはどこまで読むべき?

第3章 稼げる人がやっている、「早く書く/原稿の質を上げる」習慣

3-1 フィードバック通りに修正していてはダメ

3-2 WordPressでの入稿には、どこまで対応すべき?

3-3 必ず、一次ソースの情報を使うこと

3-4 執筆ペースを把握せよ

3-5 集めた情報をすべて使うのは間違い

3-6 「Webライターに文章力は必要ない」の真意

3-7 記事の8割はスマホで作れる

3-8 「振り返り」が仕事の質を上げる

3-9 長文記事で「書ききった!」と満足しているだけではダメ

3-10 文章以外の表現方法も提案する

3-11 たった1人のために書く

3-12 集中力を高めるためにやること

第4章 稼げる人がやっている、「受けるべき仕事、避けるべき仕事を見分ける」習慣

4-1 高単価高倍率VS低単価低倍率、どちらを選ぶ?

4-2 プロジェクトでの採用率を上げる、提案文の書き方

4-3 受注してから「これはグレーな内容なのでは」と思ったら

4-4 画像選定、どのあたりから料金上乗せを交渉するべきか

4-5 地雷クライアントかどうかは、ここでわかる

4-6 募集内容と依頼内容が違っていたときの、確認と交渉のポイント

4-7 「仕事内容」と「単価」どちらを優先して選ぶべきか

4-8 「依頼される前提」で打ち合わせが進んだ時の保留の仕方

4-9 大企業と個人・中小企業、オススメのクライアントは?

4-10 クライアント側にも「初心者」がいることを忘れないで

4-11 好き!と思える人と仕事をする

4-12 記事はチームで作るもの

第5章 稼げる人がやっている、「ライターとしての評価を上げる」習慣

5-1 用意するプロフィールは、最低3種類

5-2 「仕事につながる自己PR」と、「言いたいことを言ってるだけの自己PR」

5-3 実績の多いユーザーと競合しそうなときの、提案文のポイント

5-4 「副業だから、あまり詳しいプロフィールは書きたくない、でも仕事が欲しい」場合は?

5-5 自分のブログ、SNSに実績を掲載したほうがいい?

5-6 「得意分野」の作り方

5-7 好きな仕事で食っていきたいならまずは「できること」から

5-8 クラウドソーシングはいずれ卒業すべき?

5-9 クラウドソーシング以外で仕事をとる方法

5-10 一流のセールスに学べ

5-11 目標は言語化して達成する

5-12 稼げるライターは、ライター同士で情報交換している

第6章 稼げる人がやっている、「次につなげる活動をする」習慣

6-1 信頼関係を崩さない、単価交渉の仕方

6-2 ライター同士、SNSやブログで絡むときに、ついはまりがちな罠

6-3 「納期に間に合わないかも」と思ったら、まずやること

6-4 締切に間に合わないのは本来「ありえない」こと

6-5 単発プロジェクトの完了時、次につながりやすい一言

6-6 「雑談できるライター」の方が次につながりやすい

6-7 「仕事をください」は禁止!

6-8 特別なスキルがなくても、リピートされるライターになれる

6-9 クライアントに「教える」手間も報酬に変えられる

6-10 ライターもブログをやった方がいいのか?

6-11 SNSをやるとしたら、どれがいいのか?

PR

秀和システム