図解入門ビジネス 最新ロジスティクスの基本と実践がよーくわかる本

概 要

ロジスティクスの目的は、市場の動きを見つつ、生産から在庫調整、販売までの物の流れの全体を見渡し最適化することです。本書は、調達・生産・物流・販売の全体最適化を図るロジスティクスについて、初心者でもよくわかるように知識とノウハウを解説した入門書です。営業による在庫管理が非効率的な理由、陸運・船便・航空便の特徴と選び方、適正在庫を算出するためのABC分析など、あなたが知りたかったことがわかります!

著者 伊志井雅博
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-5206-9
発売日 2017/12/26
判型 A5
ページ数 184
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 ロジスティクスとは

1-1 物流より概念が広いロジスティクス

1-2 ロジスティクスを見れば、その会社が分かる

1-3 会社の中での位置づけ

1-4 売れ残りによる無駄や損失が生まれる原因

1-5 在庫管理と仕入れに責任を持つ

1-6 最適な輸送手段を選択する

1-7 物流を見直し、コスト削減を可能にする

1-8 ロジスティクスの業務関係図

コラム 外資系企業と日系企業の違い(1) 仕事と人の関係

第2章 物流の基本機能

2-1 輸配送

2-2 陸送、海運、空輸の特徴

2-3 保管

2-4 荷役

2-5 包装

2-6 梱包の種類

2-7 パレットと国連規格容器

2-8 コンテナの種類

2-9 物流情報システムの概要と目的

第3章 仕入れ・在庫管理

3-1 管理の目的と管理手法

3-2 適正在庫とコスト削減

3-3 発注量の計算

3-4 定期発注方式と定量発注方式

3-5 安全在庫の考え方

3-6 棚卸方法・月末在庫量

3-7 システムによる発注計算・在庫管理

3-8 不動在庫はお金を生まない

コラム 外資系企業と日系企業の違い(2) 残業

第4章 国際物流の基本

4-1 輸入に関する法律・規制

4-2 貿易条件の国際ルール・インコタームズ

4-3 インコタームズの貿易条件11項目

4-4 輸入通関のための書類

4-5 輸入申告の手順(通関業務・輸入価格)

4-6 輸入書類の管理

4-7 フォワーダーを選ぶポイント

4-8 フォワーダーと信頼関係を築く

4-9 船会社の選択と手配

4-10 輸入動向の確認ポイント

4-11 ロジスティクスができること

コラム インコタームズ2010と商習慣

コラム 外資系企業と日系企業の違い(3) 惹きつけるプレゼン

第5章 在庫改善によるコスト削減10のポイント

5-1 利益を生まない会社の特徴

5-2 物流コストの分析

5-3 コストを削減する10のポイント(1)

5-4 コストを削減する10のポイント(2)

第6章 代表的なトラブルとその対策

6-1 問題が起こった時は改善のチャンス

6-2 出荷が遅れた時の対応は?

6-3 商品ダメージが発生したら?

6-4 在庫切れになりそう!

6-5 船が遅れた!

第7章 ロジスティクスの課題と展望

7-1 現場に行き、倉庫番から情報を得る

7-2 トップセールスマンから販売傾向を聞く

7-3 社会システムとグローバルネットワーク

7-4 ロジスティクスは人の力で動かす

コラム ロジスティクスとERPシステム

コラム 外資系企業と日系企業の違い(4) プレゼンと落語

コラム 外資系企業と日系企業の違い(5) メール

PR

秀和システム