地域創生を成功させた20の方法

概 要

日本の人口は、2060年頃に8600万人まで落ち込むと予想されています。国は、地方創生政策をかかげ、地方自治体に人口減少を改善するように目標を設定しました。本書は、地方創生にとりくむ自治体のアドバイザーとして活躍する著者が、実際に地域創生を成功させた5つの市・町にインタビューし、その成功の秘訣を分析した地域創生の参考書です。これを読めば活気があり、魅力があり、将来性がある地方・地域をつくる秘密がわかります!

著者 牧瀬稔
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-5207-6
発売日 2017/12/2
判型 四六
ページ数 400
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 地域創生の現状と展望

第1章 地方創生、地域創生って何なのか?

地方創生の意図

地域経済の活性化は難しい?

地方創生の評価

地方創生の地方自治体への影響

地方創生を成功させるためには

国の地方創生を進める時の注意点

第2章 激化する自治体間競争

人口減少自治体の未来予想図

拡大都市か縮小都市か

日本の将来人口推計

総花化する地方版総合戦略

激戦化する企業誘致

第3章 シティプロモーションによる地域創生の実践

戸田市の「競争と共感」のセールス活動

「競争」(Cities Competition)を基本としたシティセールス

「共感」(Civic Pride)を基本としたシティセールス

成功軌道に乗る戸田市の地域創生

シビックプライドの注意点

第4章 地域創生の様々な取り組み

「奪う対象層」を決定する

N市は「奪う対象層」を決めた

春日部市のシティコミュニケーション

シティコミュニケーションの具体的取り組み

東大和市日本一の子育てしやすいまちづくり

「絞る」ことの重要性

第5章 地域創生を進める際の注意点

ポスト地方創生は自治体間M&A?

成功事例は過程に重きをおく

プロジェクトチームの利点

プロジェクトチームの構成員数

自治体「マーケティング」の注意点

これからの自治体マーケティングの考え方

第2部 地域創生を成功させる20の視点

視点1 定住人口を増やすための基本的視点

視点2 自然増に対応する基本的視点?既婚者か独身者か?

視点3 自然増に対応する基本的視点?高齢者か高齢者以外か?

視点4 社会増に対応する基本的視点?既存住民か潜在住民か?

視点5 社会増に対応するヒント ?住宅購入と人生の転機のタイミングを狙う?

視点6 シティプロモーションという考え

視点7 「認知」対策の必要性

視点8 メイン・ターゲティング戦略という発想

【事例1】伊達市のウェルシーランド構想

【事例2】浜田市のシングルペアレント受け入れ事業

視点9 先行者利益と後発者利益という考え

視点10 レッド・オーシャン戦略とブルー・オーシャン戦略

視点11 観光振興の視点

自然増と社会増を補う視点

日帰りか宿泊か

観光振興はお金を落とす仕組みを考える

視点12 雇用増加の視点

「雇用増」をセグメント化する

「やる気のある事業者」を対象とする

「いまはない事業者」は「企業誘致」と「起業促進」のみ

視点13 様々な住民の概念

定住人口

交流人口

協働人口

人口還流

情報交流人口

結果的住民と意欲的住民

視点14 目標設定の大切さ

「政策目標」を明確にする

「目的」と「目標」の違い

地方自治体の最終的な目的は……

自治体の「政策目標」を覗いてみると……

視点15 6W4Hという考え方

基本は5W1H

実は「+1W」も重要

さらに「+3H」も重要

視点16 コア・コンピタンスという考え方

コア・コンピタンスとは何か

コア・コンピタンスの事例

コア・コンピタンスの探し方

視点17 先進事例を参考とする際の視点

ベンチマーキング

ベスト・プラクティス

反面教師

ガーシェンクロンの仮説

良い事例と悪い事例の活用の注意点

視点18 先進事例は成功事例ではない

先進事例は成功事例ではない

複数の共通項は移転可能性が高い

コンピテンシー

視点19 住民満足度と住民納得度

住民満足度とは何か

住民満足度を高めるポイント

住民納得度とは何か

視点20 シナリオ法

シナリオ法とは何か

シナリオ法の歴史

シナリオ・プランニング

対策と政策の違い

第3部 地域創生がうまくいっている5つの市・町にインタビュー!

◇著者インタビュー(1)

ここ10年間、各種調査でも良い結果を蓄積 自治体政策にイノベーションを創出する戸田市!

神保国男・戸田市長インタビュー

企画部門の企画に特化! 戸田市政策秘書室と戸田市政策研究所という〝自治体シンクタンク〟

梶山浩・政策秘書室長へのインタビュー

◇著者インタビュー(2)

「日本一子育てしやすいまち」を目指し、キラリと光る成果をだす東大和市!

尾崎保夫・東大和市長インタビュー

◇著者インタビュー(3)

「変わりつつある」西条市 どのように変わるのか? どのように変わろうとしているのか?

玉井敏久・西条市長インタビュー

◇著者インタビュー(4)

市役所内に設置される「かすかべ未来研究所」 自治体シンクタンクの取り組みに迫る!

かすかべ未来研究所インタビュー

かすかべ未来研究所の調査研究から誕生した実際の政策とは? シティセールスの成果は?

春日部市シティセールス広報課へのインタビュー

◇著者インタビュー(5)

規模の小さな自治体の地域創生とは? 少しずつ「丸森町」という名前を聞くようになった秘密は?

丸森町 保科郷雄町長・佐藤仁一郎副町長インタビュー

第4部 彩りあざやかな地域創生の実現に向けて

第1章 観光振興を正しく進める基本的な視点

1 「インバウンド」ブームに注意

2 地域経済の振興は宿泊がベスト

3 観光振興は一人当たりの消費額の拡大を目指す

4 「観光入込客数」に注意する

第2章 自治体の政策力を担保する「自治体シンクタンク」の存在

1 自治体シンクタンクとは何か

2 自治体シンクタンクの設置動向

3 5類型される非営利型シンクタンク

4 自治体シンクタンクの特徴

5 自治体シンクタンクの意義

6 議会シンクタンクがあってもいい

第3章 彩りあざやかな地域創生の実現に向けて

1 DCとDAを重要視する

2 政策づくりの「あみだくじ理論」

3 目標は具体的に設定する

4 政策にストーリーを持つ

5 政策づくりは住民目線

PR

秀和システム