図解入門ビジネス WMS導入と運用のための99の極意 [第2版]

概 要

WMS(Warehouse Management System)とは、物流センターでの業務を効率的にマネジメントし、コスト削減やサービス向上を実現するシステムです。本書は、WMS導入と運用の基礎知識と、見える化推進計画のノウハウをわかりやすくまとめた入門書です。第2版では、最新の状況を踏まえて、WMS再チェックのための業務改善の視点を追加。通販物流の拡大に対応するオムニチャネル化、最新の業務改善ツールも豊富に紹介します。

著者 實藤政子、秋川健次郎
価格 本体1800円(税別)
ISBN 978-4-7980-5222-9
発売日 2017/9/16
判型 A5
ページ数 232
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1部 基礎知識編

POINT1 マネジメントツールとしてのWMS

POINT2 商物分離の原則

POINT3 「見える化」のすすめ

POINT4 現物在庫を管理するWMS

POINT5 作業効率化を追求するWMS

POINT6 「在庫の見える化」で適正発注

POINT7 物流サービス、品質向上への対応

POINT8 通過型センターと在庫型センター

POINT9 WMSの根幹機能となるロケーション在庫管理

POINT10 ロケーションの付番方法

POINT11 固定ロケーションとフリーロケーション

POINT12 ゾーン、エリアを活用した作業や商品への意味付け

POINT13 リザーブエリアとピッキングエリア

POINT14 荷姿

コラム 働き方改革を実現するために

第2部 導入前準備編

POINT15 WMS構築は全社的プロジェクトで

POINT16 プロジェクト管理手法の活用

POINT17 プロジェクトの進め方

POINT18 WMS導入目的

POINT19 ロジスティクスKPIを活用しよう

POINT20 運用変更で解決するか、システム化で解決するか

POINT21 システム化の範囲の絞り込み 52

POINT22 得意先条件の調査

POINT23 システムの拡張性の見きわめ

POINT24 Auto-IDの活用

POINT25 マテハン機器の活用

POINT26 出荷作業の特性に応じた最適なツールの選定

コラム 「作業の標準化」の真相

POINT27 要件定義書の作成

POINT28 概算費用算出と費用対効果試算

POINT29 RFPの作成

POINT30 パッケージシステムか、独自のシステム構築か、クラウドか

POINT31 物流のアウトソーシングとWMS構築主体の関係

コラム 商品特定方法の変化について

第3部 業務改善編

POINT32 改善プロジェクトの目的と目標の設定

POINT33 現状分析に外せない「現地調査」

POINT34 定性と定量の両面から現状実態を把握

POINT35 定性分析で業務の構成要素やその関係性を明らかにする

POINT36 インタビューに基づき「その場」で業務フローを作成する

POINT37 オーダ分析① 出荷荷姿による作業方式と庫内レイアウトの検討

POINT38 オーダ分析② オーダ当たりの行数によるピッキング方式の検討

POINT39 商品ABC分析① 保管方式とロケーション割り付けの検討

POINT40 商品ABC分析② 業種に固有のロケーション割り付け

POINT41 定量分析① ワークサンプリング分析による改善対象の特定

POINT42 定量分析② ワークサンプリング分析の活用

POINT43 物流ABCで改善効果の基礎データを作成

POINT44 体系化により問題点と課題(取り組みテーマ)を明らかにする

POINT45 標準化に対応した運用フローの作成

POINT46 ボトルネックとクリティカルパス

POINT47 基幹システム連携と運用フロー

POINT48 標準化のための運用マニュアル作成

POINT49 手待ち時間と歩行時間の削減

POINT50 出庫、出荷作業動線の改善

POINT51 在庫管理責任の明確化

POINT52 適正在庫の考え方

POINT53 保管形態、梱包資材の見直し

POINT54 リードタイム短縮化への対応

コラム 現場を「見える化」するということ

第4部 システム連携編

POINT55 SCM構築におけるWMSの位置づけ

POINT56 TMSの目的と機能

POINT57 取引先および外部システムとのデータ連携

POINT58 商品マスタ、商品コード管理の注意点

POINT59 共通マスタとWMSとの関係

POINT60 WMS独自のマスタ管理

POINT61 WMS独自のパラメーター

POINT62 理論在庫と現物在庫

コラム WMS構築の極意

POINT63 入荷予定と実績データ

POINT64 発注残、入荷残管理

POINT65 出荷予定と実績データ

POINT66 受注残、出荷残管理

コラム 目的から手段(打ち手)を考えるということ

第5部 WMSの機能活用編

POINT67 WMSの基本機能

POINT68 入荷予定データの活用

POINT69 入荷検品

POINT70 入荷実績データ作成と入庫指示書

POINT71 入庫格納と入庫登録作業

POINT72 フリーロケーションによる在庫管理

POINT73 ステータス管理と振替機能

POINT74 棚移動、ロケーション移動

POINT75 棚卸

POINT76 在庫調整

POINT77 在庫照会

POINT78 定期補充と緊急補充

POINT79 出荷作業のバッチ組み

POINT80 ロケーション在庫引当

POINT81 出荷および出庫指示データの作成

POINT82 シングル、トータル、マルチの3つのピッキング方式

POINT83 流通加工

POINT84 荷合わせ検品と積み込み検品

POINT85 出荷停止とその解除

POINT86 センター在庫の横持ち管理

POINT87 ノー検品と伝票レスへの対応

POINT88 緊急出荷、直送指示への対応

POINT89 TC仕分けシステム

POINT90 出荷先からの返品入荷

POINT91 仕入先への返品出荷

POINT92 締め処理と受け払い報告

コラム 荷捌き場のスペースは十分に

第6部 導入効果の検証と見直し編

POINT93 PDCAの継続

POINT94 実績データの分析

POINT95 定期的なロケーション、ゾーンの見直し

POINT96 QCDの検証

POINT97 レイバーマネージメント

POINT98 現場力強化で継続改善

POINT99 人材育成と教育の充実

PR

秀和システム