小さくても大きく稼げる 「繁盛サロン」のつくり方

概 要

サロンビジネスは、女性を美しくする大変やりがいのある仕事です。自宅でも始められ、高単価・高利益で、やり方次第で月100万円以上も売上げられるのも魅力です。本書は、大手エステサロンのブランディングマネージャーとして活躍していた著者が編み出した、絶対に失敗しないサロン経営のノウハウを丁寧にわかりやすく解説します。お客様に愛されるサロンの「空間」のつくり方と、トークが弾む「花鳥風月」メソッドをお伝えします!

著者 熊手えり
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-5230-4
発売日 2017/12/22
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 サロンを開業する前に考えたいこと、知っておきたいこと

・サロン選びは〝理想の恋人選び〟に似ている

・あなたが「サロンを始めたい理由」をもう一度、考えてみましょう

・サロンを開業したい方からよく受ける質問トップ7

Q1 サロン開業を夢見て、今、スクールに通っています。もうすぐ卒業して資格がもらえるのですが、本当に開業できるでしょうか?

Q2 サロンをやりたいのですが、店舗を借りるとお金がかかるので、リスクを減らす意味でも、自宅で始めたいと思います。

Q3 集客が心配です。お客様に来ていただくために、最初は価格も低めにしようと思っています。

Q4 最初は友だちに声をかけて、お客様として来てもらうことから始めようと思っています。

Q5 スクールでロミロミのスキルを習得しました。自分も楽しいので、開業するならロミロミで勝負したいと思っています。

Q6 念願のサロンを開業しました。でも、それだけでは足りないと思い、脱毛マシンを購入。すると、フォトフェイシャルの機能がついていたので、小顔の施術もできるようになりました。次は心理カウンセラーと、アロマの資格も取る予定です。豊富なコースがウリなのですが、でも、お客様が増えません……。

Q7 自分でサロンを開業するには、どれくらい自己資金を用意すればいいですか?

・自分のつくりたいサロンを具体的にイメージする

・開業前にモニターの施術などでセラピストとしての腕を磨き、心構えをつくる

第2章 あなたらしいサロンを成功させるために

・繁盛サロンの戦略

(1)あなたの強みを見直してお客様のニーズとの接点を考える

(2)マーケティングを自分のサロンの経営に生かす

(3)どんなお客様に来ていただきたいか「ペルソナ」を具体的に設定する

(4)お客様の「未来像」を考えて、その道筋を「サービス」として提案する

(5)お客様の深い心理を読みとき、サービスを提案する

(6)再来店率を上げるには、お客様の「未来像」をビジュアル化して提案

(7)ターゲットのお客様がいそうな地域で開業する

(8)物件は1階が理想。お客様の快適さを最優先に

(9)サロン名は3?4文字で音の印象が良いものに

(10)「ここに行ってみたい」と思わせるWebサイトの活用法

(11)「技術力」以上に「空間力」と「接客力」を磨く

第3章 接客力・会話力がサロンの運命を決める

・繁盛店の接客スキル

(1)お客様に「また会いたい」と思っていただける人になる

(2)売上を伸ばすにはコミュニケーション上手になること

(3)話しベタでも大丈夫! 誰とでも打ち解けられる「花鳥風月」メソッド

花タイプ:みんなから愛される人気者

鳥タイプ:みんなをまとめるリーダー

風タイプ:職人気質の自由人

月タイプ:まじめで法則重視の学者気質

自分のタイプを知る診断テスト

(4)「花鳥風月」のコミュニケーション関係を知る

(5)お客様の「花鳥風月」のタイプはこうして察する

お客様のタイプを知る10の質問例

(6)「花鳥風月」のタイプ別 接客と会話、クロージング

(7)「花鳥風月」のタイプ別 化粧品をおすすめする会話例

(8)お客様との会話はシナリオを考えて頭の中にストックしておく

第4章 お客様がまた来たくなるサロンの「空間づくり」の基本

・サロンの空間は、お客様の満足度を引き上げる「装置」

・空間づくりのポイント

(1)「ペルソナ」を設定し、それに合わせた空間をつくる

(2)誰もがくつろげるサロンの基本形

(3)自宅をサロンにするならプライベートスペースはしっかり分ける

(4)空間のアクセントとして照明を使い分ける

(5)輸入壁紙やパーテーションを使いこなす

(6)経営を支える物販品は美しくディスプレイする

(7)リネンやソープなどの消耗品も素材の良さを重視してセレクト

(8)まずは掃除を徹底して行うこと

(9)エステティシャン・セラピストも空間の一部。身だしなみには気をつける

(10)富裕層が訪れる場所で自分の五感を磨く

第5章 人気サロンがお客様に愛される理由

・繁盛サロンFILE

(1)「食を提供する整体院」という新しい形 湘南うみかぜ整体院&DELI

(2)商店街とのつながりを大事にしてオープン パーソナルケアサロン「セラスリーズ」

(3)接客と空間をランクアップさせて、価格競争から脱却 AYAエステティックサロン(スタジオラティア 横浜店)

第6章 サロン経営者としてどうありたいかを決める

・100冊以上の本を読んで学んだ実用的なマーケティングの知識

・7年後の自分の未来を具体的に書き出す

PR

秀和システム