AI・ロボット・生命・宇宙… 科学技術のフロントランナーがいま挑戦していること

概 要

日本の科学界を代表する識者、研究者が、AI(人工知能)・ロボット・生命・宇宙など、最先端の科学技術について意見を交わします。寄稿者は、浅間一、齋藤成也、立花隆、長尾真、松原仁、村上陽一郎、吉見俊哉ら総勢37名。2016年に開かれたシンポジウム『フロンティアを目指す、サイエンスとアート』を、わかりやすく再編集した読み物です。自然災害の予測、福島第一原発の廃炉、宇宙開発など、「科学」が日本の未来をどう変えるのか、「知のフロンティア」をお楽しみください。

著者 川口淳一郎(監)
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-5257-1
発売日 2017/10/7
判型 四六
ページ数 288
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

はじめに

スペシャリスト37名が語る、サイエンスとアートのフロンティア

第1章

つくる側、使う側からのアーカイブ論

日本のデジタルアーカイブの現在

天日 隆彦(モデレーター)・立花 隆・長尾 真・吉見 俊哉

第2章

人工知能が変える社会

AIが車を運転し、小説を書く

吉田 典之(モデレーター)・松原 仁・谷口 恒

第3章

ロボットは人間に代われるか?

介護と廃炉の現場から見えたもの

齋藤 泉(モデレーター)・淺間 一・入江 徹

第4章

AIによって人類はどのように変化するのか

情報技術と生命操作技術の発展

神里 達博(モデレーター)・北野 宏明・伊勢田 哲治

第5章

文系廃止論騒動

日本は理系偏重か? それとも文系支配なのか?

滝 順一(モデレーター)・村上 陽一郎・元村 有希子

第6章

知識を蓄える教育から、創造を育む教育へ

情報産業化時代にふさわしい人材を育てる

鈴木 款(モデレーター)・下村 博文・安宅 和人

第7章

宇宙は資源の宝庫である

宇宙大航海時代の幕開け

川口 淳一郎(モデレーター)・青木 節子・宮本 英昭

第8章

生命の起源を探すフロンティア

我々はどこからやってきて、どこへ行くのか?

寺門 和夫(モデレーター)・木村 大治・高井 研

第9章

地球外に生物は存在するのか?

人類は孤独なのか、あるいは、ありふれた存在なのか

観山 正見(モデレーター)・斎藤 成也

第10章

「美」と「科学技術」は、どのように響き合うのか

日本人の「美しさ」の探究

井川 陽次郎(モデレーター)・松居 エリ(エマ 理永)・木本 圭子・久保 友香

第11章

数学は社会の問題を、どこまで解決できるか

世界で期待される数学の機能

辻村 達哉(モデレーター)・合原 一幸・伊藤 聡

第12章

科学と、政治・行政とのかかわり

これからの科学者に求められる役割

大牟田 透(モデレーター)・安岡 善文・小山田 和仁

登壇者のプロフィール

PR

秀和システム