図解入門 最新 IoTがよーくわかる本

概 要

IoT(Internet of Things)は、あらゆるモノがインターネットを通して繋がる仕組みをいいます。人間がインターネットを介してモノを操作するだけでなく、モノとモノが人を介さずデータを共有することで新たなサービスを生み出します。本書は、第4次産業革命の核となるIoTの基礎知識や最新情報を、図表をつかって初心者向けにわかりやすく解説した入門書です。Amazon、GoogleなどIoTの主要プレイヤーの最新動向もわかります!

著者 神崎洋治
価格 本体1600円(税別)
ISBN 978-4-7980-5269-4
発売日 2017/9/20
判型 A5
ページ数 272
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 IoTの利用事例

1-1 IoTを活用して職場環境を改善

1-2 ブルドーザーの位置や状況を把握するIoT技術

1-3 家の照明をスマートフォンで操作

1-4 インダストリー4.0とマスカスタマイゼーション

1-5 インターネット百葉箱とIoT定点観測

1-6 JR山手線で導入が進む「CBM」とは

1-7 IoTとは何か?

第2章 スマートホーム

2-1 スマートロック

2-2 リノベーションに見るスマートホーム

2-3 スマートフォンからエアコンを操作

2-4 ボッシュのIoTとスマートホーム構想

2-5 音声アシスタントとスマートスピーカー

2-6 シャープが掲げる「モノの人工知能化」(AIoT)

コラム 赤外線リモコンをスマホで操作

2-7 Yahoo!の「myThings」

第3章 通信とIoT

3-1 IoT時代の5G通信

3-2 電波の周波数と特性

3-3 LPWAの特徴 124 コラム KDDIがソラコムを約200億円で買収

第4章 第4次産業革命とインダストリー4.0

4-1 インダストリー4.0

4-2 インダストリアル・インターネット

4-3 膨大なコストをかけずにIoT化した工場事例

4-4 クラウドとエッジコンピューティング

4-5 スマート農業

第5章 IoT市場と主要プレイヤー

5-1 IoT市場の動向

5-2 スマートメーター(東京ガス/東京電力)

5-3 Amazon

5-4 IBM / NTTドコモ

5-5 ボッシュ

5-6 NVIDIA

5-7 シーメンス

5-8 三菱電機

5-9 オムロン

5-10 沖電気

5-11 GE

5-12 ファナック

5-13 クボタ

PR

秀和システム