図解でわかる! マーケティング

概 要

商品を作り、流通に流せば売れた時代は終了しました。現代は、ビジネスの構造が劇的に変化し、マーケティングの知識がないと商品は売れません。ところが、「つかみどころのない仕事」がマーケティングである、という誤解が世に蔓延しています。本書は、経営者や営業リーダー向けに、初心者でもすぐにできるマーケティングのノウハウを解説した入門書です。誰でもできる「7つの手順」で売れる仕組みを作れば、あなたの業績も急上昇!

著者 藤原毅芳
価格 本体1200円(税別)
ISBN 978-4-7980-5270-0
発売日 2017/9/7
判型 四六
ページ数 208
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 歴史の浅いマーケティング

1-1 マーケティングの歴史はまだ浅い

1-2 CMO(Chief Marketing Officer)が求められている

1-3 マーケティングとセールス、PRを混同しない

1-4 マーケティングの視点とは?

1-5 CRMがようやく実現しようとしている

1-6 将来はMA(マーケティングオートメーション)が実現する

1-7 マーケティング・プロセスの全体像について

第2章 (1)現状のビジネスを整理する

2-1 現状を整理するための構造図を作る

2-2 既存顧客への確認

2-3 顧客リスト一覧表の作成

2-4 ABC分析

2-5 パレート図

2-6 顧客流失率をはじきだす

2-7 仕入先評価表の作成法

2-8 競合先リスト一覧表の作成法

2-9 エリア市場規模(マーケットサイズ)

2-10 顧客別依存度

2-11 業界別依存度

2-12 エリアシェア率(地域占有率)

2-13 社内ヒアリングを実施する

2-14 時代適合性を確認

2-15 顧客適合性を確認

第3章 (2)マーケティングの課題抽出

3-1 競合商品分析

3-2 SWOT分析

3-3 ファイブフォース分析

3-4 ボトルネック分析

3-5 課題をすべて吐き出す(ブレインダンプ法)

3-6 マーケティングの課題抽出のための3つの視点

3-7 そもそも市場がずれているのでは?

3-8 そもそも顧客層が移動してしまっているのでは?

3-9 そもそも商品サービスが古いのでは?

3-10 営業部が新規開拓できていない

3-11 開発が情報収集をしていない

3-12 課題を項目に分類する

第4章 (3)リサーチ&市場分析

4-1 市場マクロ分析・ミクロ分析

4-2 顧客分析(1)行動観察による顧客心理分析

4-3 顧客分析(2)RFM分析

4-4 顧客分析(3)価格帯反応分析

4-5 顧客分析(4)ニーズ分析からシーズ分析へ

4-6 顧客分析(5)購買欲求度分析

4-7 顧客分析(6)購買必要度分析

4-8 顧客分析(7)購買緊急度分析

4-9 ターゲットを新たに設定する

4-10 隣接市場のリサーチ

4-11 ポジショニングを設定する

4-12 ポジショニング図(1)商品ポジショニング

4-13 ポジショニング図(2)会社ブランドポジショニング

4-14 ポジションをいちはやく取りに行く

第5章 (4)商品開発

5-1 商品開発はイノベーションの入り口

5-2 商品開発は2通り

5-3 ニーズの半歩先を推測できるかがカギ

5-4 マーケットインかプロダクトアウトか?

5-5 マーケットを絞り、特定顧客に集中する

5-6 汎用品と特定用途商品の違い

5-7 商品コンセプトの設定

5-8 商品ライフサイクルと広告費の関係

5-9 参入時期からわかるリスクとコストの関係

5-10 最先端商品開発を狙うか後追い商品開発を狙うか?

5-11 後追い商品は特定用途に絞る

5-12 既存商品にコンセプトを追加する

5-13 この人しか使わない商品を開発する

5-14 娯楽品にあえて正常な機能を追加しておく

5-15 時間を細分化していく

5-16 フルサービスをやめてオプション化に

5-17 定額制の広がり

5-18 顧客層が変化したので商品開発も進路変更

5-19 商品開発は思いつきではなくロジカルに進める

第6章 (5)ブランド構築&マーケティング戦略

6-1 マーケティング戦略とは?

6-2 (1)ブランド施策とは?

6-3 コモディティ化とブランド化に分かれていく

6-4 名ブランドの歴史を振り返る

6-5 ブランド構築のプロセス:ブランドの歴史

6-6 高くしたら売れた

6-7 (2)集客販売施策とは?

6-8 イノベーター理論

6-9 キャズムとは?

6-10 (3)知名度施策とは?

第7章 (6)発信力(オウンドメディア)

7-1 会社の規模にかかわらず自社で情報発信ができる時代

7-2 情報コンテンツの量産がカギ

7-3 コンテンツ量産法

7-4 発信できる場所(媒体)をすべて押さえておく

7-5 ワンソース・マルチユース

7-6 Webと紙媒体は両方使いこなす

7-7 単純接触効果(ザイアンス効果)と6回接触の法則

7-8 人には知り合いが200人いる

第8章 (7)実践計画への落とし込み

8-1 マーケティング担当は誰が適任か?

8-2 マーケティング部と他部署との連携力がカギ

8-3 新しいツールは使ってみることから

8-4 実践計画は3カ年計画から作成する

8-5 「実践」は何があってもやり抜く

PR

秀和システム