はじめてのExcelグラフ 伝わる資料作成入門

概 要

企画書やプレゼンなどで使われるExcelグラフは、伝わる資料作成の第一歩です。しかし、Excelグラフは、初心者にとって手順がわからなかったり、意図したとおりにならないことがある悩みの種です。本書は、Excelのグラフ機能に特化して、基本的な作成方法から、目的別のさまざまなグラフの作り方まで、はじめての人でもわかるように操作画面を示しながら手順を解説した入門書です。サンプルファイルのダウンロードサービス付き。

著者 桑名由美
価格 本体1580円(税別)
ISBN 978-4-7980-5339-4
発売日 2017/11/25
判型 B5変
ページ数 264
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 伝わる資料にするために、グラフの目的や特徴を理解しよう

1 そもそも、グラフとはどんなもので、何のために使うのか(グラフとは)

グラフは、数値を視覚的に表したもの

数値を伝えたいのなら表でもよいのでは?

2 なぜ資料にグラフを使うといいのか(グラフ化するメリット)

数値の大きさや移り変わりが瞬時にわかる

データの比較ができる

3 グラフはデータ分析にも使える(データ分析で分かること)

注力すべき製品や事業がわかる

将来の予想ができる

気付かなかった情報が見つかることもある

4 ビジネスではグラフが大活躍(どんな資料で使えるのか)

企画書に使う

プレゼンテーションに使う

ホームページやチラシにグラフを載せる

5 グラフの種類を確認する(グラフの種類と特徴)

棒グラフ

折れ線グラフ

円グラフ

ドーナツグラフ

面グラフ

散布図

レーダーチャート

バブルチャート

株価チャート

ヒストグラム

6 伝わる資料にするためのグラフを作るには(グラフ作成のコツ)

グラフの種類を的確に選ぶ

データ範囲を間違えない

目盛を正確に付ける

タイトルを付ける

説得力のあるグラフにする

グラフのデザインにも気を付ける

第2章 グラフの基本操作を覚えよう

7 グラフを作成するには(新規作成/おすすめからの作成)

グラフを作成する

おすすめグラフを作成する

8 グラフの構成を覚える(グラフの要素)

グラフの要素を覚える

9 グラフの位置とサイズを変えるには(ドラッグでの移動/サイズ変更)

グラフを移動する

グラフのサイズを変更する

10 グラフのレイアウトやデザインを変えるには(レイアウトとスタイル)

グラフのレイアウトを変更する

デザインを変更する

11 項目軸と凡例を入れ替えるには(縦軸と横軸の入れ替え)

項目軸と凡例を入れ替える

裏技 凡例の内容を変更するには

12 あとから別のグラフに変更するには(グラフの種類変更)

グラフの種類を変更する

13 セルにある文字列をグラフタイトルにするには(グラフタイトルの追加/変更)

グラフタイトルを表示する

セルの内容をグラフタイトルにする

14 凡例の位置を移動するには(凡例の編集)

凡例をグラフの下に移動する

凡例をプロットエリアに移動する

15 軸の意味がわかるように説明を入れるには(軸ラベルの追加)

縦軸ラベルを表示する

16 グラフにするデータの範囲を変更するには(データ範囲の変更)

カラーリファレンスを使ってデータ系列を追加する

「データソースの選択」ダイアログを使ってデータ範囲を変更する

17 グラフを別のシートに移動するには(グラフシート)

グラフシートに移動する

元データがあるシートに戻る

18 グラフを印刷するには(グラフのみ印刷/グラフと表を印刷)

グラフのみを印刷する

グラフと一緒に表も印刷する

第3章 グラフを編集しよう

19 グラフ内に値を表示させるには(データラベル)

元データの値を表示させる

系列名と分類名も表示する

20 元データを見なくてもそれぞれの値がわかるようにするには(データテーブル)

データテーブルを表示する

データテーブルの枠線の色を変える

21 細かい目盛りを追加して数値を読み取りやすくするには(補助目盛線)

補助目盛線を表示する

主目盛線を太線にする

22 棒グラフの棒の順序を入れ替えるには(データ系列/項目の並べ替え)

データ系列の順序を入れ替える

項目の順序を並べ替える

23 目盛の最小値や間隔を変更するには(軸の最大(最少)値の変更)

目盛の最小値を変更する

目盛間隔を変更する

24 数値の多いグラフの桁数を省略して、単位を変更するには(数値軸の単位を変更する)

単位を表示する

軸ラベルの向きを変更する

25 項目名をグループごとに区切って表示するには(横軸をグループで区切る)

元データを作成する

縦棒グラフを作成する

26 グラフ内の文字のサイズや色を変更するには(フォントサイズ/色の変更)

グラフ内の文字のサイズを変更する

グラフ内の文字の色を変更する

27 グラフの背景に模様や色を付けるには(背景色やテクスチャの設定)

グラフエリアにテクスチャを付ける

プロットエリアに色を付ける

28 グラフを再利用できるようにするには(テンプレートとして保存)

グラフを登録する

テンプレートを使ってグラフを作成する

29 横軸の項目名を複数行にするには(項目名の改行)

項目名を改行する

第4章 数値の大きさを比較しよう

30 数値を比較するグラフの選び方(この章で作成するグラフ)

数値の比較には棒グラフが最適

数値を比較できるグラフにはどんなものがあるの?

31 棒を重ねて比較しやすくするには(データ系列の間隔の変更)

系列の重なりを設定する

32 棒グラフを立体的にするには(3-D棒グラフ)

3-D棒グラフを作成する

33 棒が横に伸びるグラフで値の大小を比較するには(横棒グラフ)

データを降順に並べ替える

軸を反転させる

34 棒グラフで個々の値と一緒に総量を表すには(積み上げ横棒グラフ)

積み上げ横棒グラフに変更する

35 積み上げ棒グラフに合計値を表示させるには(データラベルの表示)

合計値を表示する

36 棒の途中で折り返すグラフを作成するには(元データにIF関数を使う)

データを入力する

37 波線で棒の途中を省略するには(省略線)

グラフ用データを作成する

軸の設定を変更する

グラフの体裁を整える

波線を挿入する

38 棒グラフでマイナスデータの棒を下方向へ伸ばすには(上下対称のグラフ)

集合縦棒グラフを作成する

横軸の項目名を下部へ移動する

39 「男子」と「女子」のような対照的なデータを左右の棒で表すには(左右対称のグラフ)

「男子」のデータ系列を第2軸にする

第2 縦軸を主軸に合わせる

「横(値)軸」の目盛を変更する

第2横軸の目盛を変更する

第5章 数値の移り変わりを表そう

40 数値の推移を表すグラフの選び方(この章で作成するグラフ)

値の推移を表すには折れ線グラフが最適

数値の移り変わりを表せるグラフはどんなものがあるの?

41 折れ線グラフで年間売上げの推移を表すには(マーカー付き折れ線グラフ)

折れ線グラフを作成する

特定のマーカーを変更する

マーカーと目盛を合わせる

42 折れ線グラフと棒グラフを合わせたグラフを作るには(複合グラフ)

複合グラフを作成する

Excel2010で複合グラフを作成する

43 高値と低値の差を矢印で強調させるには(高低線)

高低線を付ける

44 折れ線が途切れないようにするには(データが無い項目の表示)

折れ線をつなげる

45 データの推移と値の大きさを、両方把握できるようにするには(3-D面グラフ)

折れ線グラフを3-D面グラフに変更する

3-D面グラフの角度を変更する

第6章 データの構成比をグラフで表してみよう

46 割合を表すグラフの選び方(この章で作成するグラフ)

割合を表すには円グラフが最適

割合を表せるグラフはどんなものがあるの?

47 円グラフでデータの構成比を表すには(円グラフ)

円グラフを作成する

48 目立たせたいデータ要素のみを切り離すには(扇の切り離し)

データ要素を切り離して強調する

49 円グラフに立体効果を付けるには(3-D円グラフ)

3-D円グラフを作成する

50 円グラフに補助グラフを付けるには(補助円グラフ付き円グラフ)

補助円グラフ付き円グラフを作成する

メイングラフのデータ要素を補助グラフに移動する

補助縦棒付き円グラフに変更する

51 半円のグラフを作成するには(半円グラフ)

円グラフを作成する

円グラフを回転させる

円グラフの下半分にタイトルを追加する

52 構成比をドーナツ状のグラフで表すには(ドーナツグラフ)

ドーナツグラフを作成する

53 二重構造のドーナツ状のグラフを作るには(サンバースト)

サンバーストを作成する

54 棒グラフを使って構成比を表すには(100%積み上げ横棒グラフ)

グラフ用のデータを作成する

100%積み上げ横棒グラフを作成する

55 グラフ全体を100%としてデータの構成比を表すには(100%積み上げ面グラフ)

100%積み上げ面グラフを作成する

第7章 グラフをデータ分析やデータ管理に使おう

56 データの分析や管理をするためのグラフの選び方(この章で作成するグラフ)

データ分析用のグラフ

データ管理用のグラフ

57 2種類のデータの関係をグラフに表すには(散布図)

散布図を作成する

散布図の見方

58 商品の評価レベルや総合的なバランスを把握するには(レーダーチャート)

レーダーチャートを作成する

59 売上げの伸び率を把握してヒット商品を見つけるには(ファンチャート)

元データを作成する

折れ線グラフを作成する

60 季節変動がある売上データの傾向を見るには(Zチャート)

元データを作成する

グラフを作成する

Zチャートの分析の仕方

61 3種類のデータを同じグラフに表して支店の実績を分析するには(バブルチャート)

元データを作成する

バブルチャートを作成する

バブルのサイズを調整する

データラベルを追加する

62 損益分岐点をグラフで表すには(直線の散布図)

損益分岐点を求める

グラフ用データを作成する

グラフを完成させる

63 PPMを使って製品や事業を分析するには(バブルチャートでPPMを表す)

元データを作成する

PPMを作成する

64 各データ区間にどれだけの数値があるか見るには(ヒストグラム)

ヒストグラムを作成する

65 半年後の販売個数を予測するには(予測シート)

予測シート機能でグラフを作成する

66 作業日程をグラフで作るには(ガントチャート)

積み上げ横棒グラフを作成する

作業日数のデータ系列を追加する

目盛線を追加する

67 株価の動向をグラフに表すには(株価チャート)

株価データをコピーする

データを並べ替えて、株価チャートを作成する

68 1つのセルの中にグラフを表示させるには(スパークライン)

スパークラインを表示する

69 ピボットグラフを使ってさまざまな角度から分析するには(ピボットテーブルのグラフ化)

ピボットグラフを作成する

一部の支店のみの売上を表示する

特定の商品のみの売上を表示する

70 ABC分析を図にして主力商品を見つけるには(パレート図)

表データを作成する

パレート図を作成する

第8章 企画書に使えるグラフにしてみよう

71 企画書やプレゼン資料にふさわしいグラフとは(この章で作成するグラフ)

企画書や報告書に使うグラフ

プレゼンテーションで使うグラフ

72 グラフにグラデーションを設定するには(グラデーション)

棒にグラデーションを付ける

グラデーションをカスタマイズする

73 グラフに影や面取りなどの効果を付けるには(影と面取り)

棒グラフに影を付ける

棒に丸みを付ける

74 グラフに図形を入れるには(矢印や吹き出しの追加)

グラフに図形を追加する

75 グラフの好きな場所に表を貼り付けるには(表を図として貼り付ける)

表を図として貼り付ける

76 1枚のシートに複数の円グラフを作成するときは(円グラフをコピーして流用)

グラフをコピーする

データ範囲を変更する

位置を整える

グラフエリアを透明にする

77 目標や平均の値を直線で表すには(折れ線グラフを使った基準線)

目標線を追加する

78 特定の値を基準にグラフの背面を色分けするには(積み上げ面グラフを使った色分け)

グラフ用のデータを作成する

グラフを作成する

第2横軸の設定を変更する

第2縦軸の設定を変更する

79 ExcelのグラフをPowerPointやWordで利用するには(リンク貼り付け)

ExcelのデータをPowerPointに貼り付ける

グラフのみをWordにリンク貼り付けする

80 グラフのタイトルを目立たせるには(ワードアート)

ワードアートを挿入する

81 グラフの背景に写真を入れるには(背景に画像を使う)

グラフの背景に写真を入れる

82 イラストを使ったグラフを作成するには(絵グラフ)

イラストを積み上げた棒グラフを作る

データラベルを追加する

裏技 写真を使った円グラフを作るには

83 ピープルグラフで簡単に絵グラフを作成する(ピープルグラフ)

ピープルグラフを作成する

第9章 グラフで困ったときのQ&A

84 表データにない日付がグラフに表示されてしまう(テキスト軸)

横軸をテキスト軸にする

85 データを削除したらグラフの幅が狭くなってしまった(表の行/列とグラフの連動)

セルに合わせて移動やサイズ変更をしない

86 グラフに図形を描いたがグラフを移動すると図形が離れてしまう(グラフ内のオブジェクト)

グラフ上に図形を描く

87 横軸の「2012」「2013」「2014」が「1」「2」「3」になってしまう(項目名が数字の場合)

横軸ラベルを編集する

88 目盛の小数点以下の桁数を変えたい(目盛の桁数の変更)

目盛の表示形式を変更する

89 グラフを印刷したが一枚の用紙に収まらない(改ページプレビュー)

改ページを調整する

90 Wordに貼り付けたグラフの周囲に文字を配置したい(文字列の折り返し)

文字列の折り返しの設定を変更する

91 グラフが窮屈に見える(プロットエリアのサイズ変更)

プロットエリアのサイズを調整する

92 大小のサイズの円グラフを並べたい(グラフの表示倍率)

円グラフのサイズを変更する

PR

秀和システム