図解入門 最新気象学のキホンがよーくわかる本[第3版]

概 要

気象学は、私たちの日常生活に深く関わる学問ですが、物理学や数学を使うので、難解な学問というイメージを持たれています。本書は、物理や数学が苦手な人でもわかるように図版や説明にこだわり、気象学について基礎の基礎からわかるように解説した入門書です。なぜ朝の冷え込みは起こるのか、空が青く雲が白いのはなぜか、集中豪雨はどうやって発生するのかなど、気象学が簡単にわかります。新しい国際雲図帳に完全対応しました。

著者 岩槻秀明
価格 本体2300円(税別)
ISBN 978-4-7980-5367-7
発売日 2017/12/16
判型 A5
ページ数 486
CD/DVD
ダウンロード
表紙イメージ
購入 アマゾンで購入する
楽天で購入する

※リンク先によっては、販売ページが用意されていないことがあります。あらかじめご了承ください。

新しいウィンドウで開く 書籍購入のご案内

サポート

サポート情報は以下からご参照下さい。

サポート情報へのリンク

目次

第1章 太陽と地球

1-1 太陽の概要とエネルギー源

太陽のパワーはどこからくるのか

1-2 太陽系の惑星

太陽の周りを回る星たち

1-3 地球のまわりをまわる月

地球の唯一の衛星

1-4 地球の誕生とその歴史

わたしたちのすむ地球のあゆみ

第2章 大気の鉛直構造

2-1 地球大気の構造

空はどこまで続いているのか

2-2 対流圏と成層圏

天気の変化はどこで起こるのか

2-3 オゾン層とオゾンホール

オゾン層はなぜ必要なのか

2-4 中間圏・熱圏・外気圏

オゾン層の上から宇宙空間の境目まで

2-5 地球大気の起源と歴史

空気はどのようにしてできたのか

第3章 熱力学の考え方の基礎

3-1 熱力学に入る前に

基本的な用語の確認をする

3-2 ボイル・シャルルの法則と状態方程式

気体の体積・圧力・温度の関係を探る

3-3 静力学平衡と非静力学平衡

なぜ空気は空中にとどまっていられるのか

3-4 熱力学の第一法則

気体を加熱したときのエネルギー関係

3-5 乾燥断熱変化

乾燥空気を圧縮・膨脹させたときの温度変化

3-6 水の相変化

なぜ氷を温めると融けるのか

3-7 湿潤断熱変化

雲はどのようにしてできるのか

3-8 温位

高度の異なる2つの空気塊の暖かさを比較

3-9 相当温位と湿舌

大雨になる可能性について調べてみる

3-10 フェーン現象

風が山を吹き降りるときの気温変化

3-11 気温の観測

温度計の種類と観測方法

第4章 水蒸気量の表現方法

4-1 水蒸気圧

水蒸気の圧力を数値化する

4-2 混合比と比湿

水蒸気と空気の質量の比率

4-3 相対湿度

一番身近な水蒸気の表現方法

4-4 露点温度と湿数

なぜ結露ができるのか

4-5 可降水量

大気中の水蒸気がすべて雨になったら?

第5章 雷雲の発生しやすさを調べる

5-1 積乱雲と積雲対流

夏の入道雲はどうやってできるのか

5-2 「大気の安定度」の基本的考え方

大気が不安定とはどんな状態を指すのか

5-3 乾燥大気の安定度

大気の安定度を判定する(その1)

5-4 湿潤大気の安定度

大気の安定度を判定する(その2)

5-5 対流不安定

相当温位でみる大気の安定度

5-6 エマグラム

大気の安定度を調べるための天気図

5-7 エマグラムにみる積雲対流

雲の発生高度を知る

5-8 雷雨の可能性を知る指標

積乱雲の発生を予測するために

5-9 逆転層

高度とともに気温の高くなる層

第6章 降水過程

6-1 エアロゾル

空気中に浮かぶ微粒子のいろいろ

6-2 水滴の生成と凝結核

雲ができるのに凝結核が必要な理由

6-3 暖かい雲の降水過程

熱帯地方における雨

6-4 冷たい雲の降水過程

日本付近での雲のできかた

6-5 雲の分類

空に浮かぶ雲にもそれぞれ名前がある

6-6 霧の種類と成因

霧はどうやって発生するのか

6-7 大気現象のいろいろ

大気中で発生するさまざまな現象の種類を知る

6-8 天気のいろいろ

天気にはどのような種類があるのか

第7章 大気における放射

7-1 大気光学の基礎知識

光の基本性質を確認する

7-2 太陽放射の波長域

太陽エネルギーの正体はなにか

7-3 自転軸の傾きと太陽放射

なぜ夏は暑く冬は寒いのか

7-4 黒体放射と諸法則

「放射」に関する基礎知識

7-5 地球放射と太陽放射

なぜ朝の冷え込みは起こるのか

7-6 アルベド

なぜ雪はなかなか融けないのか

7-7 散乱

なぜ空は青く雲は白いのか

7-8 大気光象

虹やハロなどの光の現象

7-9 温室効果ガス

なぜCO2は悪者にされるのか

7-10 日射の観測

太陽から降り注ぐ光の量を調べる

7-11 放射エネルギーの収支バランス

太陽放射と地球放射のバランスについて

第8章 大気力学

8-1 大気力学の基礎知識

大気の動きを考えるのに必要な概念

8-2 等圧線と地上天気図

地上天気図に引かれた線はなにか

8-3 等高度線と高層天気図

高層天気図の線は等圧線ではない

8-4 高気圧と低気圧

高気圧や低気圧とはなにか

8-5 気圧傾度と気圧傾度力

風はどうやって発生するのか

8-6 地球の自転とコリオリ力

地球の自転が風に与える影響

8-7 地衡風

上空における風の吹き方

8-8 傾度風

台風や発達した低気圧での風の吹き方

8-9 摩擦力の影響

地上付近の風の流れ

8-10 温度風

地衡風の高度による変化

8-11 発散と収束

風が散らばる場所、風が集まる場所

8-12 渦度

風の回転成分

8-13 温度移流

暖かい風と冷たい風

第9章 大規模な大気運動

9-1 大気運動のスケール概念

気象現象の規模を把握する

9-2 地球規模の南北方向の風の流れ

赤道付近が暑くなりすぎない理由

9-3 地球規模の東西方向の風の流れ

天気が西から東に変わるのはなぜか

9-4 日本付近の季節風

なぜ冬には北風が吹くのか

9-5 プラネタリー波と傾圧不安定波

天気の周期変化が起きる原因

9-6 温帯低気圧

日本付近での雨の主因

9-7 日本付近の気団と性質

夏の空気と冬の空気

9-8 前線の種類と仕組み

「前線」とはなにか

第10章 中小規模の大気運動

10-1 冬季の日本海側の雪

日本海側の雪はどのようにして降るのか

10-2 雷雨

夏の夕立や激しい雷雨

10-3 集中豪雨

集中豪雨をもたらす雲とはなにか

10-4 寒気を伴った低気圧

寒冷渦とポーラーロー

10-5 台風

台風のしくみと特徴

10-6 CISK

台風の発達メカニズム

10-7 海陸風

海岸地帯での風の流れ

10-8 局地風のいろいろ

地形によるさまざまな風

第11章 日本の気候

11-1 気候という考えかた

天気・天候・気候は何がちがうのか

11-2 気候分類の考えかた

気候の種類とその傾向を知る

11-3 異常気象の定義

異常かどうかに判断基準はあるのか

11-4 天文と気候変動の関係

太陽活動は気候に影響を与えるのか

11-5 火山と気候変動の関係

火山が噴火すると寒くなる?

11-6 海洋と気候変動の関係

切っても切れない、大気と海の関係

11-7 都市気候とヒートアイランド

都市化は気候にどんな影響を与えるのか

11-8 地球温暖化

都市化は気候にどんな影響を与えるのか

資料

・重要な用語とポイントのまとめ

・よく使う単位とその変換について

・気象学における重要な数式

・覚えておくと便利な定数や数値

PR

秀和システム